2010年 01月 22日

   高家の蝋梅 (3)

明日香の八釣 ( やつり ) の上に高家 ( たいえ ) という里があります。
ここ高家にも八釣と同様に、蝋梅の花がたくさん咲くところがあります。
ここからは明日香の里が一望でき、さらに、甘樫丘(あまかしのおか)
畝傍山、二上山が拝めます。
高家の畑では、今年も冬大根の収穫に忙しい日々が続いているようです。
昨年はご夫婦一緒に作業されていましたが、奥さんが腰痛とのことで、お会いする
ことができませんでした。   346


       冬大根妻いなけりゃ気も重し
       ☆俳句の文字色を 黄金 色 にしてみました
       ☆妻 ( かかあ
       ☆冬大根 ( ふゆだいこ )

       大根引き畝間に朝陽来るまでは
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました


b0161171_21224737.jpg

 
b0161171_2123523.jpg


       ☆ご夫婦一緒に! (2009年1月10日 撮影)
b0161171_1730084.jpg


More +4
[PR]

# by mahoroba-shahai | 2010-01-22 17:36 | 明日香 | Comments(12)
2010年 01月 21日

   南淵請安の墓

明日香の稲渕には有名な棚田が広がりますが、稲渕の村の高台に塚があります。
その名は神明塚といい、この塚は南淵請安 ( みなぶち の しょうあん ) の墓 です。
南淵請安は百済人系の僧で、推古天皇 ( 厩戸皇子・蘇我馬子の全盛期 ) のとき、608年遣隋使として
小野妹子らに従い留学したひとりです。32年ぶりに帰国してからは、周孔の教え・唐の文化などを私塾で
教え、中大兄皇子や中臣鎌足もこの私塾で学んだという。   345

       ☆中臣氏の一族で初期の頃には中臣 鎌子(なかとみ の かまこ)と名乗っていたが、
         その後 中臣 鎌足(なかとみ の かまたり)に改名
       ☆稲渕という地名は、古代では南淵


       時に遇い時節めぐりて冬の景
       ☆俳句の文字色を 黄金 色 にしてみました

       猟銃の音に続ける犬の声
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました
  

       ☆写真をクリックすると大きくなります 
b0161171_22242882.jpg



       ☆画像の中段右、丘の上に墓があります
b0161171_2229826.jpg



       ☆写真をクリックすると大きくなります (2007年4月6日 撮影)
b0161171_22403477.jpg

[PR]

# by mahoroba-shahai | 2010-01-21 06:00 | 明日香 | Comments(8)
2010年 01月 20日

   八釣の蝋梅 (2)

明日香の八釣は蝋梅の里で、この時期、多くのアマチュアカメラマンがこぞって
訪れる里であります。
晴れた午後などは、カメラを携えた方がのんびりと・・・・・・   344


       蝋梅のまばゆく香るかくれ里
       ☆俳句の文字色を 黄金 色 にしてみました

 
       大寒やひと日無言でいたきもの
       ☆よし さんから新しい視点をいただきました


       黄いっぱい枠一杯の蝋梅よ
       ☆千秀 さんから新しい視点をいただきました

 
       ☆写真をクリックすると大きくなります  
b0161171_161882.jpg
 
 
b0161171_162329.jpg

 
       ☆Flektogon 35mm F2.8
b0161171_17344686.jpg


More +2
[PR]

# by mahoroba-shahai | 2010-01-20 06:51 | 明日香 | Comments(8)