2010年 10月 30日

   グランパピエ 創刊3号

総合文芸誌 『 グランパピエ 』 3号 に、縁ありて、まほろばの写真俳句が4点載ることになりました。
まほろばの写真に、なにかしらの”まほろば流の風”を、俳句に、なにかしらの”ほっこり”を
感じていただいて、掲載のお話がありました。

妻に話したところ、妻は当初”怪しげな話では?”と言っていました。しかし、HPなどを検索して
また、2号を送っていただき、真摯に企画されている雑誌だと思えるようになり、当初の迷いなど
は消えていきました。

俳句を皆さんに教えていただきながら、素人俳句を3年ほど続けて、このご縁をいただきました。
ありがたいことです。これからも、まほろば大和の写真をゆったりと撮り続け、素人俳句を添えて
いきたいと思います。

『 Grand Papier 』 は、流れをうつす一枚の紙。   459



b0161171_9195918.jpg




この栢森や八釣に立てば、まほろばの明日香と思えるところ・・・・・・・
人影もなく物静かな明日香に癒されます。

 
       秋気澄むここまで来ればわが明日香
       ☆俳句の文字色を 中黄 色 にしてみました


       ☆栢森にて       < 遠山に日の当りたる枯野かな   高浜虚子 >
b0161171_20594779.jpg


More +1
[PR]

# by mahoroba-shahai | 2010-10-30 12:08 | つぶやき | Comments(8)
2010年 10月 26日

   黄色い杜鵑草

        いつしかの山は豊か
        人こばむ谷に
        雫のごとく
        そっと咲く
        それは黄色い涙
     458



       幽谷の悲涙のごとし杜鵑草
       ☆俳句の文字色を 中黄 色 にしてみました

       蟹の泡あなたは秋の麒麟草
       ☆よしさんから、新しい視点をいただきました
  
 

       ☆黄花の突抜杜鵑草 ( キバナノツキヌキホトトギス )     宮崎県の山地の渓流沿いの崖地などに咲き、葉を茎が突き抜けている
b0161171_18285696.jpg


       ☆紀伊上臈杜鵑草 ( きいじょうろうほととぎす )    上臈 = 貴婦人とか高僧とかいう意味    紀伊半島の渓流沿いの崖地などに
b0161171_2349189.jpg

b0161171_18291849.jpg
 

More +3
[PR]

# by mahoroba-shahai | 2010-10-26 19:38 | 橿原 | Comments(7)
2010年 10月 19日

   バックロードホーン ( Y-08 製作記 11 )

ザ・キット屋の SA/F80AMG 専用バックロードホーンKIT ( Y-08 ) の箱を組み立てて、素人の重ね塗りにも挑戦して、
塗装の細かいところはかなりおまけして、やっとやっと完成しました。   457


< スピーカーの種類について >
スピーカーユニットをエンクロージャー(箱)に取り付けたものにはおおよそ種類があるのでしょうか?

 ①市販品のほとんどの箱は ”密閉型” か ”バスレフ型 ( 位相反転型 )” 
 ②まほろばが今製作している箱は ”バックロードホーン型”
 
  ★密閉型
    ・スピーカーユニット前面から発生する音だけを聴く方式
    ・ヤマハの1000M ( 初売りが1974年、23年間で20万台以上売れたという国産の名機 )
    ・社会人になったころ給料の二ヶ月分を握りしめ大阪日本橋へ・・・・・・、でも今は友人宅に


  ★バスレス型
    ・スピーカーユニット後面から発生する音の低音域を箱の共鳴によって増幅する方式
    ・タンノイのスターリング Stirling HW (1986~1992年) 25cm(10インチ)同軸2ウェイ ・・・・ まほろば宅の現行SP
     タンノイのサウンドは、箱を楽器的要素として絶妙に取り入れ、小音量時にも温かみを伴った上品さがあり、
     突きつけてくるサウンドにしていない


  ☆バックロードホーン型
    ・高能率フルレンジ・スピーカーユニット(軽量な振動板に強い駆動力)を、折りたたんだ迷路のようなホーンを内蔵した箱
     組み合わせ、低音域を増幅する方式
    ・出力が小さい300Bや2A3の真空管アンプの時代でも十分に駆動することができたので、このタイプはもて囃された
    ・箱の構造が複雑になるため製造コストが高くなり、スピーカーメーカーは製造しないので、多くの自作マニアが・・・・・・
    ・長岡鉄男氏のバックロードホーンスピーカーは数多く発表され、かつ魅惑的なので、多くのマニアが製作に挑戦しましたし
     これからも製作されると・・・・・・・   

カテゴリの真空管アンプ ( 右側にあります ) をクリックすれば、最新の真空管アンプのブログが出てきます。



       飽きもせぬ愚直の箱や秋の色
       秋深し奇に誘うマニア径
       ☆俳句の文字色を 黄金 色 にしてみました
       ☆奇に ( あやに )

       重厚なスピーカーにはハイドンで
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました
 

b0161171_1362379.jpg
 

       ☆折りたたんだ迷路のようなホーンを内蔵した箱 ( バックロードホーン型 )
b0161171_17524166.jpg

 

More +1
[PR]

# by mahoroba-shahai | 2010-10-19 01:43 | 真空管アンプ | Comments(11)