人気ブログランキング |

<   2014年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 17日

   Flektogon 35mm F2.4 (後期型) レンズ性能

今回は1970年代に製造された Carl Zeiss DDR MC Flektogon 35mm F2.4 を防湿庫から取り出して
撮影してみた。 このレンズは、Flektogon 35mm の後期型に類するもので、MCとは MultiCoating のこと。

 1)M42-mount、 製造は1970年代
 2)絞り値F2.4-F22
 3)フィルタ径49mm
 4)最短撮影距離20cm
 5)撮影距離が最短の20cmまで、F2.4が可能で、まさにマクロレンズだ! 
 6)レンズ構成 6群6枚 ( 設計は後期型で新しくなった! )

       夏立ちて五神かた手に山の神
       ☆俳句の文字色を 薄桜 (うすざくら) に
       ☆季語:夏立つ(夏)  577

   F5.6  銘柄名の「五神」は、古来より酒は神様に供し、冠婚葬祭を神様と共にしたと伝えられる「神」の文字と、
        当地五條市の「五」の文字を語呂良く「五神」と銘し創業時より販売・・・・・とある。
        ドラえもんの笑顔は、まるで妻の笑顔を見てるかのようだ!  五神ふくみて六神に・・・・・  
        まほろばは、無縁の世界で甘酒を・・・・・・・
b0161171_18243459.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   F2.4   Flektogon 35mm レンズの中でも後期型は、開放から良き描写で、
          中古市場では比較的高いが、納得の価格だ!

b0161171_18253174.jpg

   F5.6
b0161171_18254255.jpg

   F11
b0161171_895887.jpg

 DMC-GX7 + M42-M4/3マウント +Carl Zeiss DDR MC Flektogon 35mm F2.4 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

   DDR   die Deutsche Demokratische Republik (ドイツ民主共和国)
   Jena   ドイツ民主共和国 の地名

b0161171_18262740.jpg

b0161171_18264391.jpg

 DMC-G1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8  



by mahoroba-shahai | 2014-05-17 18:26 | カメラ機材 | Comments(8)
2014年 05月 16日

   Flektogon 35mm F2.8 (中期型・ゼブラ模様) レンズ性能

東西ツァイス間で、商標権の熾烈な争いが起こる前のレンズのようで、Carl Zeiss Jena DDR とある。
外装がゼブラ模様で、Flektogon 35mm F2.8の中でも一番人気のレンズだ!

従って、Flektogon 35mm F2.8 (中期型・凸凹)と性能は同じである。

 1)M42-mount、 製造は1960年代
 2)絞り値F2.8-F22
 3)フィルタ径49mm
 4)最短撮影距離18cm
 5)撮影距離が35cmまではF2.8が可能だが、18cmに近づくにつれてF値が4まで大きくなる。


   F2.8
b0161171_17115925.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

チェックシート(A4)をアクリル板に貼り、壁に45°になるように立て掛け、画面一杯になるように
カメラを移動させ、カメラの光軸は床に平行で、シートの中心を狙っている。
絞り開放、F2.8、F5.6、F11の4種類を撮り、ノートリミング。
当然、被写体とカメラとの撮影距離は、レンズの撮影最短距離よりは長い。

   F2.8   開放から、経年劣化を感じさせない!
b0161171_17125099.jpg

   F5.6
b0161171_1713065.jpg

   F11
b0161171_17131058.jpg

 DMC-GX7 + M42-M4/3マウント +Carl Zeiss Jena DDR Flektogon 35mm F2.8 (ゼブラ模様) 

 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

  die Deutsche Demokratische Republik    ドイツ民主共和国 1949‐90    (略)DDR
  Jena(イェーナ)  都市名

b0161171_17133722.jpg

b0161171_17135099.jpg

 DMC-G1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8  



by mahoroba-shahai | 2014-05-16 17:15 | カメラ機材 | Comments(6)
2014年 05月 15日

   まほろばの食パン

孫守で多忙になり、食パンを焼く余裕がなくなった。
それほどに孫守が負担になっていたようだ。
その内に、小麦粉やバターの賞味期限が過ぎてしまい、廃棄処分となった。
益々、食パンを焼くのが遠のいてしまって、1年ほど過ぎてしまった。

新たに小麦粉やバターを買い揃え、食パンを焼くことにした。
COOKPADにも投稿したレシピを使った。
出来映えは、いつもの焼き上がりといつもの食感だった。 バンザイ! バンザイ!

また、撮影は、DMC-GX7 + M42-M4/3マウント +Carl Zeiss Jena DDR Flektogon 35mm F2.8 (ゼブラ模様)


b0161171_1652475.jpg

 DMC-GX7 + M42-M4/3マウント +Carl Zeiss Jena DDR Flektogon 35mm F2.8 (ゼブラ模様) 

 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

b0161171_1661562.jpg

 DMC-G1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8  



by mahoroba-shahai | 2014-05-15 16:06 | パン | Comments(4)
2014年 05月 13日

   まほろばの苺ジャム

露地物の苺をたくさんいただいたので、甘さ控えめのジャムにしてみました。
また、夏場は、友人のブルーベリー園に出かけて、たくさん収穫させていただき、ジャムを毎年作っています。

ジャムは作りたてより、一晩寝かした方が、味が落ち着いて美味しさが倍増します。

今回、おりひめママさんの ” 初めてさんへ いちごジャム ” <COOKPAD>を見習ってジャムを作りました。

また、COOKPADには、まほろばも投稿していますよ!
   1)とろける豚の角煮は圧力鍋で! Ver2
   2)ホームベーカリーHB しっとり食パンを!
   3)圧力鍋で甘さ控えめふっくら黒豆 Ver2   など

今回のジャム作りレシピ
   1) いちごのへたを取って、水で洗い、ざるに上げる。
   2)鍋にイチゴを入れて、お砂糖をまぶし、1時間くらいそのままに・・・・・
   3)水分が出てくるので、中火の弱でコトコト煮る。
   4)あくが出てくるので、できるだけ取る。
   5)とろみがついてきたら、レモンを絞り、ワインを適量加える。
   6)煮沸消毒した瓶に入れて蓋をして、自然に冷ます。その後、冷蔵庫で保管する。


b0161171_17392262.jpg

 DMC-G1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8  



by mahoroba-shahai | 2014-05-13 13:58 | 料理 | Comments(6)
2014年 05月 12日

   Flektogon 35mm F2.8 (中期型・凸凹) レンズ性能

今回のレンズには、Jena Flektogon 35mm F2.8 としか書かれていない。
東独製なら Carl Zeiss という文字もあるはずだが、このレンズにはその文字がない!

 1)M42-mount、 製造は1960年代
 2)絞り値F2.8-F22
 3)フィルタ径49mm
 4)最短撮影距離18cm
 5)撮影距離が35cmまではF2.8が可能だが、18cmに近づくにつれてF値が4まで大きくなる。
 6)フォーカスリングのところが、凸凹になっている

第二次大戦後、ドイツは東西に分断され、カール・ツアイスも東側の「カール・ツァイス・イエナ」、
西側の「カール・ツァイス・オプトン」が出来て、悲劇がはじまった。
東西ツァイス間で、商標権の熾烈な争いが起こり、一時期、東独製であっても、Carl Zeiss Jena
名乗れず、単に aus JenaJena と表記されているレンズができてしまった。

   F2.8
b0161171_8462521.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

チェックシート(A4)をアクリル板に貼り、壁に45°になるように立て掛け、画面一杯になるように
カメラを移動させ、カメラの光軸は床に平行で、シートの中心を狙っている。
絞り開放、F2.8、F5.6、F11の4種類を撮り、ノートリミング。
当然、被写体とカメラとの撮影距離は、レンズの撮影最短距離よりは長い。

   F2.8   ピント合わせの時、ほんの少し違和感を感じたが、描写には全く影響なかった
b0161171_847583.jpg

   F5.6
b0161171_8485853.jpg

   F11
b0161171_8491512.jpg

 DMC-GX7 + M42-M4/3マウント + Jena Flektogon 35mm F2.8 (中期型 凸凹) 

 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

   Jena だけの表記だ!
   フジテレビの”目ん玉マーク”のようなマークは、VolksEigene Betriebe (人民公社)時代の Carl Zeiss レンズだけに付く

b0161171_8495916.jpg

b0161171_8501545.jpg

 DMC-G1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8  



by mahoroba-shahai | 2014-05-12 08:50 | カメラ機材 | Comments(6)
2014年 05月 11日

   Flektogon 35mm F2.8 (前期型・シルバー) レンズ性能

Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm F2.8 (シルバー)は、Flektogonの前期型に類する。
製造されてから ほぼ60年は立つだろうか? それにしても綺麗なレンズだ!

"Jena" はdie Deutsche Demokratische Republik (ドイツ民主共和国) の地名

 1)M42-mount、製造は1950年代
 2)絞り値F2.8-F16
 3)フィルタ径49mm
 4)最短撮影距離36cm
 5)鏡胴はアルミ合金でシルバー

60年も前に、レンズとして完成したものを感じる。
当時の日本では、憬れの技術だったのだろう!


   F2.8
b0161171_21545346.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

チェックシート(A4)をアクリル板に貼り、壁に45°になるように立て掛け、画面一杯になるように
カメラを移動させ、カメラの光軸は床に平行で、シートの中心を狙っている。
絞り開放、F2.8、F5.6、F11の4種類を撮り、ノートリミング。
当然、被写体とカメラとの撮影距離は、レンズの撮影最短距離よりは長い。

   F2.8   60年以上経つが、全く経年劣化が感じられない!
b0161171_14181983.jpg

   F5.6
b0161171_1418314.jpg

   F11
b0161171_14184441.jpg

 DMC-GX7 + M42-M4/3マウント +Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm F2.8 (シルバー) 

 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

b0161171_14193972.jpg

   フジテレビの”目ん玉マーク”のようなマークは、VolksEigene Betriebe (人民公社)時代の Carl Zeiss レンズだけに付く
b0161171_14311329.jpg

 DMC-G1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8  



by mahoroba-shahai | 2014-05-11 14:20 | カメラ機材 | Comments(2)
2014年 05月 10日

   LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 レンズ性能

パナソニックのG1には、LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8を装着して花などを撮影している。
また、風景写真では、DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6を装着
している。

今回、G1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 の組み合わせで、AFの精度? また、
どのような被写界深度になっているか?
を試してみた。


先ずは、マクロ的な撮影のとき   F2.8
b0161171_1052043.jpg

   AFを使って撮影したが、狙い通りのポイントに気持ちよく結像した!
b0161171_10522092.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
チェックシート(A4)をアクリル板に貼り、壁に45°になるように立て掛け、画面一杯になるように
カメラを移動させ、カメラの光軸は床に平行で、シートの中心を狙っている。
絞り開放、F2.8、F5.6、F11の4種類を撮り、ノートリミング。
当然、被写体とカメラとの撮影距離は、レンズの撮影最短距離よりは長い。

   F2.8   今年初めに入手した新品のレンズだが、やはり現行レンズとしての性能がある!
b0161171_10532123.jpg

   F5.6
b0161171_10533235.jpg

   F11
b0161171_10534794.jpg

 DMC-G1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8  



by mahoroba-shahai | 2014-05-10 10:54 | カメラ機材 | Comments(4)
2014年 05月 09日

   Nikkor-S Auto 50mm F1.4 Vs Distagon T* 35mm F2 ZS レンズ性能比較

今回は、Nikkor-S Auto 50mm F1.4 と Distagon T* 35mm F2 ZS のレンズ性能比較をしてみた。

 1) Nikkor-S Auto 50mm F1.4 は、1960年代に製造されたオールドレンズ
 2) Distagon T* 35mm F2 ZS は、製造中止になったものの、CosinaからZE(キヤノン用)、ZF2(ニコン用)は、
   現在も販売継続中、このZSレンズは現行レンズに相当!   ZS・・・・M42マウント


チェックシート(A4)をアクリル板に貼り、壁に45°になるように立て掛け、画面一杯になるように
カメラを移動させ、カメラの光軸は床に平行で、シートの中心を狙っている。
絞り開放、F2.8、F5.6、F11の4種類を撮り、ノートリミング。
当然、被写体とカメラとの撮影距離は、レンズの撮影最短距離よりは長い。


1) Nikkor-S Auto 50mm F1.4

   F1.4   経年劣化も少なく、まともなオールドレンズだ!
b0161171_1041261.jpg

   F2.8
b0161171_1042529.jpg

   F5.6
b0161171_1043553.jpg

   F11
b0161171_1045188.jpg

 DMC-GX7 + N/G-M4/3マウント + Nikkor-S Auto 50mm F1.4  

 
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2) Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS

   F2   やはり現行レンズだ!

b0161171_10676.jpg

   F2.8
b0161171_1063843.jpg

   F5.6
b0161171_1065488.jpg

   F11   解像度としてはピークになる!   F22まで絞ると、解像度はほんの少し落ちる
b0161171_107536.jpg

 DMC-GX7 + M42-M4/3マウント + Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS  



by mahoroba-shahai | 2014-05-09 10:07 | カメラ機材 | Comments(2)
2014年 05月 08日

   FD 50mm F1.4 SSC Vs MC ROKKOR-PG 58mm F1.2 レンズ性能比較

Canon の FD 50mm F1.4 SSC のレンズ性能を確かめるために興味深いチェックシートを
使ってみた。
このチェクシートは、”あにょのブログ”にPDFファイルとして貼り付けてあり、あにょさんに感謝!
あにょさんは、ネット上で見かけたものをイラストレーターで作ったとのこと、素晴らしい!!

チェックシート(A4)をアクリル板に貼り、壁に45°になるように立て掛け、画面一杯になるように
カメラを移動させ、カメラの光軸は床に平行で、シートの中心を狙っている。
絞り開放、F2.8、F5.6、F11の4種類を撮り、ノートリミング。
当然、被写体とカメラとの撮影距離は、レンズの撮影最短距離よりは長い。

特に、FD 50mm F1.4 SSC 絞り F1.4 での写りを、どう?解釈したら良いの・・・・・・・・・・・
   1) 安価なマウントアダプターが原因?
   2) FD 50mm F1.4 SSC ( 1970年代に製造 ) の経年劣化が原因?


Canon の FD 50mm F1.4 SSC
   F1.4   ボケ方が怪しげだ! ボケのバランスがやはり崩れている!
b0161171_1945518.jpg

   F2.8   まだ、ボケ方が怪しい!
b0161171_19461853.jpg

   F5.6
b0161171_19462966.jpg

   F11
b0161171_19464156.jpg

 DMC-GX7 + FD-M4/3マウント + FD 50mm F1.4 SSC  


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Minolta の MC ROKKOR-PG 58mm F1.2

   F1.2   1960年代に製造された ”鷹の目ロッコール” 期待通りの写りだ!

b0161171_19525571.jpg

   F2.8
b0161171_19531192.jpg

   F5.6
b0161171_19532586.jpg

   F11
b0161171_19533825.jpg

 DMC-GX7 + MD-M4/3マウント + MC ROKKOR-PG 58mm F1.2  



by mahoroba-shahai | 2014-05-08 19:46 | カメラ機材 | Comments(6)
2014年 05月 07日

   FD 50mm F1.4 SSC レンズ性能は? (1)

Canon のオールドレンズにはどのような性能があるか、この目で確かめてみたくなり、ヤフオクで
プチ買いをしてしまった。当然、マウントアダプターが必要になるのだが、入手上限価格はレンズの
半額以下と決めている。中国産のマウントアダプターにも、安くて質の良いものもある。

FD 50mm F1.4 SSC は、1973年3月にⅠ型が販売、3ヶ月後の6月になぜか?II型が
販売された。この三ヶ月間に何があったのか?いくら調べてもわからない。
ただ、「SSC」とは「Super Spectrum Coating」の事で、当時の最新設計のコーティングを
施してあるそうだ。

カメラ構成は、GX7 + FD-M4/3アダプター + FD 50mm F1.4 SSC

はじめに、開放のF1.4、順次絞り値を大きくしていったが、開放値での写りは、まるでミノルタの
AF 100mm F2.8 Soft Focusでの写真のようだ! <爆笑>
どこにもピントが合わない。1枚目の写真がそれである。

ネットで調べてみると、
1)開放では甘く、絞るとずっとシャープに・・・・・・
2)開放で文字みたいな線状のものを撮るとどうなるのかな?と思ってレンズを撮ってみた。
  ・・・シャープさのかけらもありませんな(汗  これも味って事で・・・(^^;
のような記述があった。

しかし、FD 50mm F1.4 SSC の絞り開放(F1.4)での写真も掲示され、Minoltaの
MC Rokkor 50mm F1.4 より優れた結果がある。

絞れば、どのようなレンズでも解像度が良くなるのは当たり前!
レンズの経年変化による劣化なのかと思い、同じレンズを追い買いをしたが、同じ結果だ!
MinoltaやNikonでは、標準レンズ(オールドレンズ)において、ここまで劣化はしていなかった。
いや、経年劣化でなくて、このレンズの特徴なのか??

今回の一件から、まほろばは、取りあえずCanonのオールドレンズからは一定の距離をおき、
Canonのオールドレンズは、まさに悪夢のような出来事だった!
他のオールドレンズとも、まほろばなりに詳しく比較してみたくなった。


   F1.4   まるで、Minolta の AF 100mm F2.8 Soft Focus のようだ!(爆笑)   SOFT -3
b0161171_1125947.jpg

   F2.8   まだ写りが甘い! これがCanonレンズの特徴なのか?!
b0161171_11273322.jpg

   F5.6   この値まで絞って、ピントが合わなかったら、もう!レンズではない
b0161171_1128562.jpg

 DMC-GX7 + FD-M4/3マウント + FD 50mm F1.4 SSC  


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
カビもなく、使い込んでいない綺麗なレンズなのだが・・・・・・   

FD 50mm F1.4 SSCは、いくら綺麗でも入手するのはやめた方がよい。

若しくは、信頼のおける中古販売店で、性能(劣化)を確認してから購入すべきだ!

b0161171_11393574.jpg

 DMC-G1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8  


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
   F2   Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS では、絞り開放から素晴らしい写りだ!
        順次、絞っていくと解像度は益々良くなる!

b0161171_1293714.jpg

   F2.8
b0161171_6425183.jpg

   F5.6
b0161171_12203447.jpg

 DMC-GX7 + M42-M4/3マウント + Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS



☆ポチッと押していただければ、ありがたいです。
 また、表現や内容訂正がありましたら、コメントください。
 よろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ
にほんブログ村





by mahoroba-shahai | 2014-05-07 11:27 | カメラ機材 | Comments(2)