2018年 05月 23日

 金沢八景

風光明媚な入り江が続く金沢の風景は、鎌倉時代から認識されていて、
歌川広重を始めとする多くの浮世絵師が浮世絵風景画として描いた。
尚、歌川広重の作品として八点ある。 別のHP
明治末年からの飛行場建設や1960年代以降の都市開発を受けて、湾岸が
広範囲に順次埋め立てられたため、昔の面影を偲ぶことはできない。


 ☆金沢八景駅前の高所から横浜八景島シ-パラダイスを望む
b0161171_09455909.jpg
b0161171_09461320.jpg


[PR]

by mahoroba-shahai | 2018-05-23 09:47 | 神奈川


<<  我が家にも睡蓮       逗子海岸 太陽の季節 >>