タグ:DMC-GX7 ( 2 ) タグの人気記事


2014年 03月 24日

 MINOLTA AF 50mm F2.8 Macro(New)  鈴蘭水仙

今日は快晴、まさに春の陽気でした。
我が家には、春を呼ぶ鈴蘭水仙(すずらんずいせん)がたくさん咲いています。

カメラ構成は GX7 + MA-M4/3マウント + MINOLTA AF 50mm F2.8 Macro (New) です。
このマクロレンズシリ-ズでは二番目に古く、このレンズは製造期間が一番長かったと記憶しています。
   MINOLTA AF 50mm F2.8 Macro
  ◎MINOLTA AF 50mm F2.8 Macro(New) 
   MINOLTA AF 50mm F2.8 Macro(D)
   Sony AF 50mm F2.8 Macro
この組み合わせも、バランスも良く手になじみます。

このミノルタレンズは防湿庫で10年以上もお蔵入り状態でしたが、GX7のお陰で復活することが
できました。


b0161171_7392071.jpg

b0161171_7393270.jpg

b0161171_7395419.jpg

 DMC-GX7 + MA+M4/3マウント + MINOLTA AF 50mm F2.8 Macro  



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

b0161171_729932.jpg

 DMC-G1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8  


[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-03-24 16:00 | カメラ機材 | Comments(4)
2014年 03月 20日

   Tessar 50mm F2.8 (ゼブラ模様) 鉄人28号

2006年の頃、コニカミノルタのαSweet DIGITAL にごく薄いマウントを介してM42レンズが装着できることを知り、
M42レンズをいくつか収集したことがあった。
その頃の αSD + マウント + Tessar による写真(11)は、 ブログ(天道虫の視点 ・Tessar ) にアップしてある。

ガラスの屈折率などコンピュータで解析できる現行レンズは、昔のレンズに比べたら、素晴らしい性能を有している。
AF中心でカメラ・写真を楽しむなら、あえてオールドレンズに手を出す必要もないと思う。

戦後間もないころでも、職人気質の匠技で、現在でも通用するレンズが数多く製造された。
それが、旧東独製のCarl Zeiss で,まほろばはその容姿も含めて魅了されてしまう。
最近、PanasonicのGX7を入手したが、旧東独製のCarl Zeiss とは、G1よりよく似合うと思った。

<Tessar 50mm F2.8>
  レンズ 3群4枚
  絞り羽根 6枚
  最短距離 35cm
  フィルター径 49mm
  die Deutsche Demokratische Republik    ドイツ民主共和国 1949‐90    (略)DDR
  Jena(イェーナ)  都市名
  Tessar 名称由来はレンズ構成が3群4枚なので、ギリシャ語で「4」を意味する‘テサーラ’から


b0161171_21154729.jpg

b0161171_21155922.jpg

 DMC-G1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8  


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

F2.8    ”ボケ輪” がある!  

b0161171_2252259.jpg

F4.0
b0161171_618867.jpg

F5.6
b0161171_6184155.jpg

F11
b0161171_619229.jpg

F22
b0161171_6191849.jpg

 DMC-GX7 + M42-M4/3マウント + Carl Zeiss Jena DDR Tessar 50mm F2.8 (ゼブラ模様) 

  

[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-03-20 15:14 | カメラ機材 | Comments(2)