「ほっ」と。キャンペーン

タグ:夏 ( 144 ) タグの人気記事


2016年 09月 06日

 夢のよう!

ブル-ベリ-ジャムが、友人宅では、このように活かされるのか! 
と、つい思ってしまう。
我が家の食卓では、絶対にあり得ないし、夢のような光景だ! (^_^)


b0161171_10353169.jpg


幾らかの写真へ
[PR]

by mahoroba-shahai | 2016-09-06 05:01 | 料理 | Comments(4)
2015年 06月 28日

 夕焼け雲

7時過ぎ、皆で晩ご飯をいただいていたとき、急に窓の色合いが変わった。
先ほど小雨が降っていたので、明日香の写真を撮りに行かなくて良かったと
話していた。
慌てて外に出て、西空を眺めると雲が紅く染まっていて、虹まで出ていた
徐々に東の方に紅く染まってきたので、急いでカメラを家に取りに入り、
南東の方(明日香の方)をパチリと撮影した。
10分間ほどのドラマだったが、自宅からでなく、明日香で撮影したかった。

写真の左上、怒り満ちた顔に見えたが、何に?怒っているのだろう・・・・・・・


   五月闇はらみて赤し宵の雲
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:五月闇(夏) 
       ☆ある方から 俳句 いただきました ありがとうございます


b0161171_01490742.jpg
  
DMC-GX7 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 + C-PL  2015-06-27 19:05


[PR]

by mahoroba-shahai | 2015-06-28 05:01 | 橿原 | Comments(15)
2015年 06月 10日

 明日香・奥山 一期一会

水鏡による明日香の夕景を撮るのに、最適な場所を教えていただいた。
15時ごろ厚い雲が垂れ込み、撮影には適さないが、やはり現地に立ち、
直に学ばなくてはいけない。

撮影していたら、MBSの ” ちちんぷいぷい ” 木曜日のコーナー
『昔の人は偉かった』 百人一首の旅、、楠雄二朗 ( くっすん ) と
河田直也アナが収録されているところ
に、なんと!偶然にも出会った。
6月18日(木) 放送予定

厚かましくも、カメラに収めてもいいですか?と申し出ると、快く承諾
してもらった。
 


   ふたりして溢るる植田飛鳥路
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:植田(夏) 724
       ☆飛鳥路(あすかみち)



 ☆明日香村小山から橿原昆虫館へ向かう歩道にて
     <写真1> 緊張していたので、アップしてよいかということを聞き忘れてしまった!


   梅雨晴間和みし業の二歩三歩
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:梅雨晴間(夏) 725



 ☆畝傍山は見えるものの、二上山は雲に隠れて・・・・ 
  ( 日暮れどき、西の空は赤く染まった!  水鏡による夕景はさぞかし素晴らしかっただろう!  明日は必ず・・・・ )
b0161171_17424238.jpg
 
DMC-GX7 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 + C-PL  2015-06-09

==============================================================================

 ☆翌日の10日、同じ撮影ポイントで・・・・・
b0161171_12243458.jpg
2015-06-10  09:07



b0161171_20360861.jpg

2015-06-10  18:45



b0161171_21401476.jpg

2015-06-10  19:05



b0161171_20552978.jpg

2015-06-10  19:11


幾らかの写真へ
[PR]

by mahoroba-shahai | 2015-06-10 05:01 | 明日香 | Comments(14)
2015年 05月 09日

 宇陀 水鏡ねらいの撮り鉄

田植えを終えたところで、若者が独りカメラを北西に向けていた。
”何を撮っているんですか?”と聞いたら、” 水鏡ねらいの撮り鉄です ” と
答えてくれた。
水鏡 ” の説明をしてもらい、快く撮影条件も教えてもらった。
風があったので、なかなか水鏡になってくれなかったが、その間、
世間話もすることができた。
この若者は来春から社会人、ありがとう。


   夏立つや風に語らふ水鏡
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:夏立つ(夏) 723


b0161171_21453058.jpg
DMC-GX7 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 + C-PL



幾らかの写真へ
[PR]

by mahoroba-shahai | 2015-05-09 11:14 | 宇陀 | Comments(8)
2014年 08月 31日

 日本万国博覧会の入場券

断捨離をしていたら、懐かしい青春の想い出が出てきた。
大阪万博の開催期間は、1970年3月15日~1970年9月13日だから、40年以上も前のものだ!
戦後、高度経済成長を成し遂げ、公害はあったものの、経済では陰りなど一つも無かった。

3月上旬に、知り合いの方に頼まれて、万博の建設現場にアルバイトに出かけたことがあった。
早朝にむかえに来てもらって、車で万博まで行き、だれでもできる配管設置だった。
兎に角、人の手が欲しかったのだろう!
これだけも貰ってもいいの?という程度の小遣い銭をもらった。

その夏、二人で出かけたことは今でもよく覚えている。
大きなパビリオンは長蛇の列なので、すぐに入館できる小さな小さなパビリオンだけを巡った。
昼食は、ミートソーススパゲッチーを・・・・・・・・・


b0161171_11153602.jpg



       夢青き手に汗握る青田風
       ☆俳句の文字色 金糸雀色 (かなりあいろ) 
       ☆季語:青田風(夏)  536     2012-08-01 撮影

b0161171_16214756.jpg

 DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6  

 



[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-08-31 11:44 | つぶやき | Comments(4)
2014年 08月 25日

 西日さす

昨日の午後は、激しい雷雨が続いた。
今までの夏らしい青空を望みつつ、夏が過ぎ去っていくのだろうか?!
また前線が近づいて来ているが、日本の天候はどうしたのだろう。

今年は布袋葵1株が越冬してくれたので、水鉢の中で布袋葵を栽培している。
増えた布袋葵に囲まれて蛙が一匹・・・・・・
<布袋葵は8月から10月に咲くが、季語としては夏>


       つれなくも降るだけふりて西日さす
       ☆俳句の文字色 古代紫 
       ☆季語:西日(夏)  601

       月恋ふる蝦蟇の日傘や布袋葵
       ☆snowdropさんからいただきました
 
 
b0161171_2043466.jpg

 DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6  

 
 



[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-08-25 20:51 | 橿原 | Comments(7)
2014年 08月 06日

 三輪の青田と大鳥居

今日も昨日に続き、青空が広がっていて、今日も青空を写真に収めることができた。
台風11号の影響が出る前の静けさだろうか?

今日は、三輪大社の大鳥居が間近に見える場所に行ってみた。


       見渡せど青田に農夫いるばかり
       ☆俳句の文字色 桜色(さくらいろ) 
       ☆季語:青田(夏)  592


b0161171_1193432.jpg

b0161171_11223371.jpg

b0161171_14561411.jpg

 DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6  


--------------------------------------------------------------------------------------------------------

b0161171_1183587.jpg

 DMC-GX7 + M42-M4/3マウント + Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS  


[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-08-06 11:15 | 桜井 | Comments(4)
2014年 08月 05日

 明日香(八釣)の青空

朝起きてみたら、久々の青空が・・・・・・・・
Xrainで調べたら、九州・四国は大雨、関東は酷暑、関西が夏晴れとあった。

手際よく家事を済ませながら、青空が似合う撮影場所を思い巡らした。
天候不順の中、昼近くなれば、必ず雲が広がってくることだろうと思った
ので、兎に角、明日香・八釣の定点観察地へ車を走らせた。

青空に飢えていたのか、写真に収めて、八釣に決めて正解だったと思った。


       故郷は目覚めのあとのかき氷
       ☆俳句の文字色 桜色(さくらいろ) 
       ☆季語:かき氷(夏)  591


       蒼天に碧山重ね夏裾濃(すそご)
       ☆snowdropさんから俳句いただきました(2014-08-07) 


b0161171_13371245.jpg

b0161171_13375870.jpg

b0161171_13382761.jpg

 DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6  


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

b0161171_13445744.jpg

 DMC-GX7 + M42-M4/3マウント + Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS  


[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-08-05 14:06 | 明日香 | Comments(9)
2014年 08月 04日

 明日香・稲渕の棚田

明日香の稲渕、今の季節なら村人以外の人も少なく、比較的のびのびと撮影ができる。
棚田の畦も常に除草されていて、棚田が綺麗に見える。
もし、我が家の庭のように、勢いに任せて伸び放題だったら、折角の景観も台無しだ!

昼から来客があるということで、午前中の90分間、汗をかきかき、また、休憩をとりつつ、
草刈りを試みた。
連日の暑さに負けて、行動を自粛していたので、草はたっぷりと伸びてしまった。
熱中症にもならず、兎も角、地肌が見えた庭に・・・・・・・・・


       ひたひたと草刈るごとに山となり
       ☆俳句の文字色 桜色(さくらいろ) 
       ☆季語:草刈る(夏)  590


b0161171_17565643.jpg

b0161171_1757982.jpg

 α900 + 20mm F1.8 EX DG  


[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-08-04 17:57 | つぶやき | Comments(4)
2014年 07月 29日

 里山の夏

橿原にも里山らしいところがあり、ここに立つと、野山を駆けまわっていた
小学生のころを思い出す。
この里山や畦の雑草は、端正に刈り取られていて、数日経ったのだろう!
落ち着きのある里山に仕上がっている。
橿原市に隣接する明日香に行けば、今でも、このような里山は数多く存在する。


       一筋の里山の畦草刈機
       ☆俳句の文字色 桜色(さくらいろ) 
       ☆季語:草刈機(夏)  588


       クマゼミのシャワー弾ける田芋打(ぶ)ち
       ☆snowdropさんからいただきました。(2014-08-04) 


b0161171_7205178.jpg

b0161171_722376.jpg

b0161171_723536.jpg

b0161171_724273.jpg

b0161171_7244541.jpg

b0161171_725123.jpg

 DMC-GX7 + M42-M4/3マウント + Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS  


---------------------------------------------------------------------------------------------------


b0161171_727616.jpg

 α900 + 20mm F1.8 EX DG  


[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-07-29 07:27 | 橿原 | Comments(8)