<   2014年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2014年 11月 30日

 明日香・飛鳥寺

昨日と違い、今日は快晴! しかし、夕方になれば天候は崩れるという。
やや薄着になり、自転車で明日香へ出かけたところ、ペダルも軽く気分爽快になった。
裏道や畦道を走れば、自宅から明日香までは、信号機が一カ所だけ!
村中の狭い道も通りに抜け、車と無縁の畦道を走りながら、いつもとは違うところから、
パチリと・・・・・・


   こぐちやりこ小春の風のひとり占め
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:小春(冬) 670 


b0161171_13075029.jpg


幾らかの写真へ
[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-11-30 13:19 | 明日香 | Comments(6)
2014年 11月 29日

 明日香・橘寺

朝まで雨が降っていたのか? 路面はかなり濡れていて、天気予報を見たら、
辛うじて雨は降らず、昼過ぎに晴れるという予報だった。
朝の世話や買い物を手際よくすませたら、90分間ほどの自由時間が出来た。
カメラバックを車に積み込み、兎に角、ハンドルを握って、明日香へ・・・・・
明日香へ行く途中に、藤原宮跡に寄ってみたが、秋桜は完全に散っていた。

何枚か撮っていたら、天気予報に反して、急に雨が降り始めたので、急いで
車に戻った。
まほろばは濡れ、カメラまでもが濡れてしまった。


   飛鳥路の時雨れるほどに濃かりけり
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:時雨(冬) 669 


   橘寺
b0161171_16561375.jpg


幾らかの写真へ
[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-11-29 17:27 | 明日香 | Comments(2)
2014年 11月 27日

 今井・寺内町

近鉄橿原線の八木西口駅から南へ、緩やかな坂道を上がると飛鳥川にかかる
蘇武橋と大きな榎が迎えてくれる。
そこを渡ると、江戸時代がらの情緒を残す今井町が現れ、路地を入っていくと
歴史的な重みを益々感じることができる。

日常生活の営みを維持しながら、歴史的景観を取り戻す試みが、年々積極的に行われてきた。
地域住民の方々には、数々の苦労があったことだろうし、また、これからも・・・・・

 1) 今井町・八木町の案内図(橿原市制作)・・・・解説・地図もわかりやすい。P8 の PDF
 2) 今井町の町屋 (まほろば) 2010-07-05
 3) 今井町 (まほろば) 2010-06-03


   冬の空路地いくほどに寺内町
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:冬の空(冬) 668 


   上田家 (重要文化財)
b0161171_15063291.jpg


幾らかの写真へ
[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-11-27 06:00 | 橿原 | Comments(6)
2014年 11月 24日

 山田寺阯

山田寺阯をアップするのは、これで2度目にで、1度目は、2010-1-17
小雪の舞う日に訪れている。
この山田寺は、東西118m、南北185mの大きな寺だったという。
また、興福寺にある ” 山田寺の仏頭(国宝)” が、この山田寺だと、4年前に
はじめて知った。


   民悲泣一党気ままの暮れ選挙
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:暮れ(冬) 667 


b0161171_10170722.jpg


幾らかの写真へ
[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-11-24 06:00 | 桜井 | Comments(6)
2014年 11月 22日

 談山神社 (3)

談山神社の一角に竹藪があり、その先に赤く燃える紅葉があった。
立ち止まって撮影する人は誰もいない。
ここで、しばらく撮影することにして、何枚も撮ったが、
手持ちだと紅葉のところにピントがなかなか合わない。
このときばかりは、三脚の必要性を感じてしまった。

早朝から快晴で、観光客も少なく、気ままに撮影することができた。
2時間ほどの滞在だったが、帰宅する時間が迫ってきたので・・・・


   冬紅葉裏手の角のふかき藪
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:冬紅葉(冬) 666 


b0161171_14185336.jpg


幾らかの写真へ
[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-11-22 06:15 | 桜井 | Comments(7)
2014年 11月 21日

 談山神社 (2)

談山神社も二度目となると、駐車場の場所もわかっているし
朝9時前ということで、観光客も少ない。
ゆったりと秋の雰囲気を味わいながら、2年前の撮影ポイントに
たどり着いた。
近くに住むので、このような利点もある。

水面をどれだけ撮影しただろうか?!
丁度、一枚の紅葉がひらりと落ちてきたので、とっさにその方に
ピントを合わせた。


   冬めきて水面にぽつり彩ひとつ
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:冬めく(冬) 665 
       ☆彩(だみ) 


b0161171_14141885.jpg


幾らかの写真へ
[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-11-21 06:00 | 桜井 | Comments(8)
2014年 11月 20日

 談山神社 (1) 

2年前のこの時期に談山神社へ行った。
新鮮な体験だったので、撮影した場所も覚えている。 2012-11-16

今朝、快晴だったので、談山神社(たんざんじんじゃ)へ行くことに決めた。
前回、定点観察の場所に決めたところもあるが、ありがたいことに今回、
新しいポイントも増えた。

大概のカメラマンは上ばかり見ているが、まほろばだけが、長い間
ただ下を向いて撮影していた。 
またもやひとりで黙々と撮影・・・・・


   民こごろダメよ~、ダメダメ!暮れ選挙
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:暮れ(冬) 664  


   怪しげな世渡りばかり暮れ選挙
       ☆俳句の文字色 赤紫 (あかむらさき) 
       ☆季語:暮れ(冬) 544  2014-11-16
       ☆2年前、第46回衆議院議員総選挙があった。 民主党惨敗、自民党圧勝


b0161171_13173271.jpg


幾らかの写真へ
[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-11-20 06:00 | 桜井 | Comments(9)
2014年 11月 19日

 甘樫の丘・界隈

明日香では稲刈りや脱穀も終わり、紅葉は徐々に深まりつつある。
いつもは素通りする甘樫の丘の西側(豊浦町)あたりを、久しぶりに
散策してみた。
車では進入できない豊浦の池周辺なども・・・・・・


   枝枝のパステル色の冬めける
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:冬めく(冬) 663


b0161171_05534232.jpg


幾らかの写真へ
[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-11-19 07:33 | 明日香 | Comments(3)
2014年 11月 18日

 藤原宮跡・醍醐池の菜の花畑

庭に、もう!早咲き水仙が咲いた。
日当たりが良いだろうか。
その他多くの水仙の開花は、年を越え、暖かくなり始めた頃だろう。

真冬になる前から醍醐池の菜の花畑が動き始めている。
初冬のこの時期に、定点観察のこの場所に立つのははじめてだ!

この風景を記憶に留めて、満開の菜の花畑を楽しみたい。
2014-04-0704-0804-12


   アシストの鼻歌まじり冬うらら
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:冬麗(冬) 662


b0161171_07165789.jpg


幾らかの写真へ
[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-11-18 11:01 | 橿原 | Comments(8)
2014年 11月 17日

 香具山の散策 (3)


国見丘万葉歌碑から、北へ下ると南浦の村に入る。
南へ下っても南浦の村なので、香久山(香具山)そのものが
南浦の村内にあるということになる。

曲がりくねった下り道を行くと、村の入り口に緑に覆い
尽くされた閑静な天香山神社がある。


   大和には群山あれどとりよろふ
    天の香具山登り立ち國見をすれば
    國原は煙立ち立つ海原は鷗立ち立つ
    うまし國そ蜻蛉嶋大和の國は
       ☆舒明天皇の長歌 


   国見丘万葉歌碑のところから (畝傍山、二上山)
b0161171_17351318.jpg



幾らかの写真へ
[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-11-17 18:46 | 橿原 | Comments(4)