<   2014年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2014年 10月 31日

 宇陀・安田の花芒

この頃から朝霧がたいそう美しく幻想的になる安田は名高い!
曙の安田をこよなく愛する人たちのように、まほろばも立ってみたいが
朝夕はことさら忙しい・・・・・・

女寄峠を過ぎた頃から、急に晴れてきて、道端の芒は、妙に輝きはじめた。
昼前に宇陀の安田に立ち寄ってみたものの、あたり前だが霧などは全くない。
花芒だけが、まほろばを迎えてくれた。


   女寄よりまばゆく晴れし花芒
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:花芒(秋) 649
       ☆女寄(みより)


b0161171_15163061.jpg
b0161171_15164951.jpg
b0161171_15170576.jpg

 α900 + Sonnar T* 135mm F1.8  

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

b0161171_15173748.jpg

 DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 + C-PL




[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-10-31 12:54 | 宇陀 | Comments(6)
2014年 10月 30日

 下高家の里

高家から下高家へまわると、菜の花の苗を植え付けをしている6人(共同作業)を見かけた。
作業されている方に聞いたところ、菜種油を”まほろばキッチン”などで販売しているという。
このところ地産地消が盛んだ!

ここは明日香に隣接する桜井市の下高家(しもたいえ)で、道幅も狭く、地元の人でも
あまり知らない。

また、ここには写っていないが、この上手に 奈良県農業大学校6次産業化研修拠点
28年4月に全面開校される予定で、更に道路は県道15号から新たに引き込まれるという。

ここからの景色は、まほろば好みの眺望で、暫くは楽しめそうだ!


   いつしかの高屋は高家秋の果
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:秋の果(秋) 648
       ☆高屋(たかや)  高家(たいえ)


b0161171_07174853.jpg
b0161171_07180058.jpg
b0161171_07243961.jpg
b0161171_09032116.jpg

 DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 + C-PL



[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-10-30 09:03 | 桜井 | Comments(3)
2014年 10月 29日

 高家のお地蔵さん (2)

高家(たいえ)<桜井市>の峠に、大小10尊のお地蔵さん が立つ。
2010年1月、お地蔵さんを一度撮ったが、秋晴れの昨日も撮影した。
以前は前掛けの色が白だったが、今回は真っ赤だった。
お地蔵さんの前掛けには、やはり真っ赤な色が似合うように思う。

どうして真っ赤な前掛けが多いのか調べてみた。
 1)人間の煩悩から逃れるため
   煩悩を色であらわすと、”赤”らしい。
   この煩悩をお地蔵さんに託し、煩悩から逃れようとした。
 2)わが子の水子供養・安産・子育てのため
   赤子という意味の”赤”らしい。

高家のお地蔵さんは、2)のような・・・・気がする。
   

   秋晴れて高家の峠地蔵立つ
       ☆俳句の文字色 紅緋 (べにひ) 
       ☆季語:秋晴れ(秋) 647
       ☆高家(たいえ)


b0161171_06332301.jpg
b0161171_06335945.jpg
b0161171_06342212.jpg
b0161171_06343949.jpg
b0161171_06345344.jpg
b0161171_08192290.jpg

 α900 + Sonnar T* 135mm F1.8




[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-10-29 07:47 | 桜井 | Comments(4)
2014年 10月 27日

 明日香・栢森

稲刈りも終わり、栢森にも安らぎが戻ってきた。
以前から気になっていたが、里を見渡せるところに共同墓地がある。
子々孫々末代にわたり、栢森の家栄を見守ってくれるのだろう!
ここにも、” おかげさん ” を感じてしまった。
明日香の里では、あちこちでこのような高台の墓地をみかける。


   行く秋や里を見渡す墓のあり
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:行く秋(秋) 646


b0161171_08113480.jpg
b0161171_00464915.jpg

 α900 + Sonnar T* 135mm F1.8  

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

b0161171_00445572.jpg

 DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 + C-PL



[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-10-27 15:27 | 明日香 | Comments(4)
2014年 10月 26日

 大神神社 詣で

まほろばは、稲藁ロールをはじめて撮影した。
稲藁の三角帽子や稲架掛け、ススキ(藁ぐろ)は、今まで
何度も見てきたが、とても新鮮に感じた。

この稲藁ロールが、まほろばには ” おみくじ ” に見えた。
このロールを解くと、来年の豊作が占えるかな?

国中の稲作をはじめ、農作物は、今年も無事に終えることができそうだ。
深夜に、大神神社へ五穀豊穣のお礼参りをした帰りだろうか?


   ひらきたる大神詣今年藁
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:今年藁(秋) 645
       ☆大神(おおみわ) 詣(もうで)


b0161171_17330420.jpg

 DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 + C-PL  

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

b0161171_18255701.jpg
b0161171_18261192.jpg
b0161171_18262118.jpg
b0161171_18270214.jpg
b0161171_18263451.jpg
b0161171_18271619.jpg

 α900 + Sonnar T* 135mm F1.8



[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-10-26 06:00 | 桜井 | Comments(8)
2014年 10月 25日

 飛鳥寺と稲藁

稲刈り直後、稲束はこの夏の出来事がギュッと詰まった香りがする!
稲架掛け(はさかけ)<天日干し>することによって、その香りまでが
新米に乗り移るような・・・・・・
脱穀するころになると、藁の匂いも仄かなものになる。


   新藁のなにやら床し飛鳥寺
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:新藁(秋) 644


b0161171_14405982.jpg
b0161171_14403594.jpg
   稲架掛け(はさかけ)
b0161171_14404692.jpg
b0161171_19333086.jpg

 α900 + Sonnar T* 135mm F1.8



[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-10-25 08:41 | 明日香 | Comments(6)
2014年 10月 24日

 明日香・栗原の大根畑と野仏


栗原には、まほろばの好きな野仏があり、四季を通して立ち寄る。
最近、野仏のまわりに、猪除けの電線が張られてしまった。
更に、野仏にはカビのようなものが、年々じわじわとひろがり痛々しい。

この野仏の隣に、大根・人参・キャベツ・白菜の畑がひろがる。
また、ここも畑のまわりに電線がある。

大根畑(だいこばた)を季語に用いたいが、冬の季語なので・・・・


   栗原の緑々として露の玉
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:露の玉(秋) 643


b0161171_10183551.jpg
b0161171_10185974.jpg
b0161171_10192672.jpg
b0161171_12583687.jpg

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

   2011年 02月 25日 撮影
b0161171_2248387.jpg

 α900 + Sonnar T* 135mm F1.8

   2011年 02月 12日

b0161171_10492084.jpg
   2010年 01月 16日
b0161171_1755199.jpg
   2009年 01月 17日
f0046158_1182399.jpg
   2007年 08月 17日   『右於か寺』と彫られ、野仏の下に寄進者名が・・・・・・
f0046158_6443494.jpg
   2007年 08月 13日   壺阪寺と岡寺の中間地点にあり、古道の道標として・・・・・・
f0046158_1151124.jpg



[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-10-24 11:06 | 明日香 | Comments(7)
2014年 10月 23日

 明日香にも渡り鳥?

二上山を、この角度から撮ると、二こぶがくっきりと写ってくれる。
国中を北へ北へと移動したなら、徐々に二こぶが近寄り、最後には
ひとつになってしまう。

二上山の遠景を撮っていたら、渡り鳥だろうか? かなり上空に3羽が
写っていた。 鴨と見立てて、ひとつ・・・・・


   大空の塒一途に鴨来る
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:鴨来る(秋) 642
       ☆塒(ねぐら)


b0161171_16095280.jpg
b0161171_16101353.jpg
b0161171_16102167.jpg
b0161171_16103469.jpg

 α900 + Sonnar T* 135mm F1.8  





[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-10-23 06:55 | 明日香 | Comments(5)
2014年 10月 22日

 稲渕の花薄

明日香・稲渕の棚田をあまり撮らなくなったが、この場所からの風景は、奥行きが
あり気に入っている。
稲刈りの終わった稲渕の棚田は、人影もなくまことに静かだ!

吉野に行けば、このような奥行きのある風景は比較的容易く見つけることが
できるだろうか? これからの季節、吉野へも行ってみたい。


   静かさやこころひとつに花薄
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:花薄(秋) 641


b0161171_08221842.jpg
   稲渕の棚田 から 阪田 を
b0161171_08230401.jpg
   F1.8
b0161171_08223748.jpg
   F4.5
b0161171_14341520.jpg

b0161171_16025129.jpg
   稲渕の棚田 から 上(かむら) を
b0161171_08232322.jpg

 α900 + Sonnar T* 135mm F1.8  




[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-10-22 11:51 | 明日香 | Comments(9)
2014年 10月 21日

 飛鳥路の籾殻焼き

いつもは午前中だけの撮影だが、昨日は珍しく、3時過ぎから出かけて晩秋の明日香を撮影した。
稲刈りは順次進み、稲架掛けや藁の三角帽子が出来てきた。
国中でも平坦地では、大型バインダーが普及して、稲刈りから脱穀まで一気に済ませ、おまけに
藁は自動に裁断してしまう。
つまり農作業の能率を最優先させるということだ!

しかし、明日香では、大型バイダーを使ってないようで、あちこちの田んぼに、稲架掛けや
三角帽子を多く見つけることが出来た。
また、脱穀を田んぼ脇にある小屋でしていて、籾殻(もみがら)が富士山のように・・・・・・


   飛鳥路の籾富士匂う夕間暮れ
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:籾(秋) 640


b0161171_07122797.jpg
b0161171_07124577.jpg
   21日9時過ぎに再度撮影  橘寺
b0161171_11035363.jpg
b0161171_11040890.jpg

 α900 + Sonnar T* 135mm F1.8  

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

   籾殻が勢いよくはき出されていた

b0161171_07132150.jpg

 DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 + C-PL 



[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-10-21 11:08 | 明日香 | Comments(8)