<   2014年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 31日

   Tessar 50mm F2.8 (ゼブラ模様) 桜

孫守でお世話になっている公園、そこの桜も咲き始め、そろそろ満開も間近!
ここは、ガードマン付きの無料駐車場もあって、しかも夜桜も楽しめるから、これから暫く人出が予想される。
宴会をするのもよいのだが、警察が出動するような喧嘩だけはやめて欲しい。いい大人なんだから・・・・・・
普段静かな公園だけに、桜が咲くこの一週間ほど、声や物音に近所の方々は悩まされるのだろう!

今回は、DMC-GX7 + M42-M4/3マウント + Carl Zeiss Jena DDR Tessar 50mm F2.8 (ゼブラ模様)
カメラ構成で撮影してきた。
風がきつく、手持ちでの撮影で体を静止するのが大変だったので、やはり、面倒がらずに三脚は使った方が良いと思った。


b0161171_16143734.jpg

b0161171_1549989.jpg
b0161171_15492152.jpg

 DMC-GX7 + M42-M4/3マウント + Carl Zeiss Jena DDR Tessar 50mm F2.8 (ゼブラ模様) 

  
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

   14mm(35mm判換算で28mm)            一周は約400m

b0161171_20513613.jpg

b0161171_20522432.jpg

 DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6  


[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-03-31 15:58 | カメラ機材 | Comments(4)
2014年 03月 30日

   桜 雪柳 柳

自宅から直線距離にして200mのところに、山(80m)と公園があり、また、池のまわりには桜や梅・柳・雪柳、草花が
植えられている。池のまわりは散歩・ジョギングコース ( 一周400m ) として活用できるように整備されていて、
幼い子供から老人まで寛ぐことが出来る。やや元気な方は、毎日この山に登って、森林浴と体力増強に努めておられる。
まほろばも孫守のために、晴れた日には大いに活用させてもらっている。

雪柳は旬をむかえ、柳には新芽や花が咲き、桜は二分咲き程度だろうか?

LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 のレンズは、現行レンズだけあってクリアーな写りだ!


b0161171_610967.jpg

b0161171_5325962.jpg
b0161171_533131.jpg

b0161171_5334024.jpg

 DMC-G1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8  


[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-03-30 06:03 | 橿原 | Comments(4)
2014年 03月 29日

 我が家の木瓜2本 (2)

10年以上も使っていなかったMINOLTA AF 50mm F2.8 Macro (New)を、最近導入したGX7に
マウントを介して装着した。
これは二度目の試みとなる。一度目は、3月24日の鈴蘭水仙の撮影だった。

カメラ構成は GX7 + MA-M4/3マウント + MINOLTA AF 50mm F2.8 Macro (New)

ミノルタのマクロレンズは、今でも十分に現行レンズに通用する性能を有すると思う。
また、50mmのレンズを使っているから、35mm版に換算すると100mmのレンズになり、
マイクロフォーサーズのレンズでは、100mmマクロレンズは販売されていないので、貴重なレンズとなる。


b0161171_6325994.jpg

b0161171_6331742.jpg

b0161171_6332949.jpg

b0161171_6334629.jpg

 DMC-GX7 + MA+M4/3マウント + MINOLTA AF 50mm F2.8 Macro  


[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-03-29 06:35 | 橿原 | Comments(4)
2014年 03月 28日

   夜桜の油絵

どうですか この夜桜の油絵!
包み張りキャンバスも、この夜桜の油絵に似合っていますね!

知人からいただいた夜桜の油絵を見た瞬間、自然と石舞台の桜を連想しました。
まほろばの桜イメージといえば、この明日香・石舞台のソメイヨシノ(染井吉野)なのです!
明日香の桜は、幾度も撮影に出かけていますが、飽きることはないし、新たな発見が
いつもあります。

石舞台・染井吉野のイメージを、知人とこの油絵に重ねてしまいます。
この出会いに感謝しなくてはいけません。


       夜桜の登れどつきぬ夢あまた
       ☆俳句の文字色を 薄桜 (うすざくら) に
       ☆季語:夜桜(春)  574

  写真をクリックすれば拡大!
b0161171_1235966.jpg

 DMC-G1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8  


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

   2007-04-01 明日香・石舞台にて

b0161171_18333294.jpg

b0161171_18334350.jpg

 αSD + High Speed AF APO 200mm F2.8 G  


[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-03-28 13:15 | 静物 | Comments(6)
2014年 03月 27日

   我が家の木瓜2本

まほろばが、いつも庭の木瓜2本を適当に剪定するので、例年花数が少ない。
昨年、剪定を控えめにしてみたら、たくさんの花を楽しむことができた。
一昨日が花の旬だったが、奈良市へ出かける都合もあり今日になってしまった。
旬が過ぎてしまったので、被写体としての花は、ごく限られた数しかない。
しかし、その場に溶け込んで、じっと眺めていると被写体は何とか見つかるもんだ!

赤色の木瓜は、かなり旬を過ぎていたので、水玉だけに絞って撮ってみた。
久しぶりの水玉撮影だったので、結構、手間取ってしまった。


b0161171_1229018.jpg

b0161171_12292499.jpg

b0161171_122942100.jpg

b0161171_1230083.jpg

 DMC-G1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8  


[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-03-27 12:42 | 橿原 | Comments(6)
2014年 03月 26日

   LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8  鈴蘭水仙

G1+LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 では、どのような写りになるか?を試してみました。
やはり現行レンズは科学的に解析して製造しますから、物性的には良い値がでるようですね。
ミノルタのAF 50mm F2.8 Macro(New)の写りは、ややソフト気味になりますが、レンズがやや古い
からでしょうか? それともレンズの特徴なのでしょうか?

いずれもまほろば好みですので、被写体や状況によって使い分けたら良いのでしょう。


       こころなし鈴の音ひとつ春の風
       ☆俳句の文字色を 薄桜 (うすざくら) に
       ☆季語:春(春)  575


   F3.2
b0161171_22162248.jpg

   F3.2
b0161171_22161182.jpg

   F2.8
b0161171_2216327.jpg

 DMC-G1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8  


[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-03-26 08:29 | カメラ機材 | Comments(4)
2014年 03月 24日

 MINOLTA AF 50mm F2.8 Macro(New)  鈴蘭水仙

今日は快晴、まさに春の陽気でした。
我が家には、春を呼ぶ鈴蘭水仙(すずらんずいせん)がたくさん咲いています。

カメラ構成は GX7 + MA-M4/3マウント + MINOLTA AF 50mm F2.8 Macro (New) です。
このマクロレンズシリ-ズでは二番目に古く、このレンズは製造期間が一番長かったと記憶しています。
   MINOLTA AF 50mm F2.8 Macro
  ◎MINOLTA AF 50mm F2.8 Macro(New) 
   MINOLTA AF 50mm F2.8 Macro(D)
   Sony AF 50mm F2.8 Macro
この組み合わせも、バランスも良く手になじみます。

このミノルタレンズは防湿庫で10年以上もお蔵入り状態でしたが、GX7のお陰で復活することが
できました。


b0161171_7392071.jpg

b0161171_7393270.jpg

b0161171_7395419.jpg

 DMC-GX7 + MA+M4/3マウント + MINOLTA AF 50mm F2.8 Macro  



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

b0161171_729932.jpg

 DMC-G1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8  


[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-03-24 16:00 | カメラ機材 | Comments(4)
2014年 03月 23日

   黄花・水仙  LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8

我が家に、黄花水仙が30は咲いただろうか?! たくさん咲いていて、今日のような天候だとまさに春だ!

朝日を浴びた水仙を、マクロレンズ LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 で撮影してみた。
最近は、再び単焦点レンズで撮影して、レンズ画角の感覚を取り戻そうと努力している。

朝日を浴びると健康になると、某番組で聞いたことがある。
水仙だけでなく、まほろばもたっぷりと朝日を浴びなくては・・・・・・・・・・

マクロレンズで撮影すると、どうしても長時間中腰になるので、腰が痛くなる。
撮影も体力が必要だ!


b0161171_1923040.jpg

b0161171_19234638.jpg

b0161171_192452.jpg

 DMC-G1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8  


[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-03-23 19:24 | 草花 | Comments(4)
2014年 03月 22日

   MC ROKKOR-PF 55mm F1.7  雪柳を撮る

まほろばの趣味写真は、今からおよそ40年前、ミノルタの一眼カメラ SR-T101 から始めたので、ミノルタ党だと自負しています。
そのころのレンズ資産は3本、MC ROKKOR-PG 58mm F1.2、MC ROKKOR-PF 55mm F1.7
MC ROKKOR-SG 28mm F3.5 で、カビも生えないで手元に・・・・・・・
MCレンズはミノルタの中で最も古いレンズで、しかも、経年劣化の少ない、綺麗な前期型(ピントリングが金属のタイプ)となると、
中古市場にはなかなか出回りません。

今回は、MC ROKKOR-PF 55mm F1.7 を久々に屋外へ持ち出し、GX7との組み合わせで、ボケ味などを確かめるために、
近くの公園で旬の ” 雪柳 ” を撮りました。
まほろば好みのオールドレンズは、旧東独製のCarl Zeiss だが、Minoltaのレンズも仲間に入れてあげたいです。

マイクロフォーサ-ズの機種が開発されるまで、Minoltaのレンズはどこにも活用できない駄目レンズでしたが、Minoltaのオールドレンズは
きっと喜んでいることでしょう!

オールドレンズは、G1との組み合わせより、GX7との組み合わせの方が、取り扱いやすさやだけでなく、画質も良くなったようだ!

   F2.8
b0161171_1051167.jpg

b0161171_10513649.jpg

b0161171_10523285.jpg

 DMC-GX7 + MD-M4/3マウント + MC ROKKOR-PF 55mm F1.7 

  
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

b0161171_10541674.jpg

b0161171_10544876.jpg

 DMC-G1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8  


[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-03-22 13:43 | カメラ機材 | Comments(4)
2014年 03月 20日

   Tessar 50mm F2.8 (ゼブラ模様) 鉄人28号

2006年の頃、コニカミノルタのαSweet DIGITAL にごく薄いマウントを介してM42レンズが装着できることを知り、
M42レンズをいくつか収集したことがあった。
その頃の αSD + マウント + Tessar による写真(11)は、 ブログ(天道虫の視点 ・Tessar ) にアップしてある。

ガラスの屈折率などコンピュータで解析できる現行レンズは、昔のレンズに比べたら、素晴らしい性能を有している。
AF中心でカメラ・写真を楽しむなら、あえてオールドレンズに手を出す必要もないと思う。

戦後間もないころでも、職人気質の匠技で、現在でも通用するレンズが数多く製造された。
それが、旧東独製のCarl Zeiss で,まほろばはその容姿も含めて魅了されてしまう。
最近、PanasonicのGX7を入手したが、旧東独製のCarl Zeiss とは、G1よりよく似合うと思った。

<Tessar 50mm F2.8>
  レンズ 3群4枚
  絞り羽根 6枚
  最短距離 35cm
  フィルター径 49mm
  die Deutsche Demokratische Republik    ドイツ民主共和国 1949‐90    (略)DDR
  Jena(イェーナ)  都市名
  Tessar 名称由来はレンズ構成が3群4枚なので、ギリシャ語で「4」を意味する‘テサーラ’から


b0161171_21154729.jpg

b0161171_21155922.jpg

 DMC-G1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8  


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

F2.8    ”ボケ輪” がある!  

b0161171_2252259.jpg

F4.0
b0161171_618867.jpg

F5.6
b0161171_6184155.jpg

F11
b0161171_619229.jpg

F22
b0161171_6191849.jpg

 DMC-GX7 + M42-M4/3マウント + Carl Zeiss Jena DDR Tessar 50mm F2.8 (ゼブラ模様) 

  

[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-03-20 15:14 | カメラ機材 | Comments(2)