<   2013年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 24日

   素人の野菜作り

まがりなりにもトマトが赤く色づいたので、包丁はよく切れるので好みの厚みにスライスして
食卓にならべました。 トマトのあの独特な香りは十分にありましたが、口の中で皮が残るような
食感がありました。収穫が早かったのだろうか? 土の状態が影響したのだろうか?
市販のトマトでは皮が柔らかく、商品価値を高めるための工夫があるのでしょうか?
それとも、収穫して一日程度置いた方が良かったのだろうか?
朝夕、畑に通うが、その度ごとにトマトの香りを十分に味わえるのが嬉しい・・・・・・・

プチトマトの皮は薄く香りもあり、美味しくいただきました。プチトマトは数多くできるので、
これからも楽しみです。

胡瓜の雌花が咲いたので、受粉さえすれば大きくなり、四五日で食べ頃の大きさになるのでしょうか?!
とげとげが残っている胡瓜の食感が好きなので、待ち遠しくなってきました。
市販の胡瓜では、選別・洗浄の段階で、とげとげは全て無くなっていますね!
(とげの少ない品種も開発されているらしい)
 

       胡瓜咲くとげの数だけ丸かじり
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました
       ☆季語:胡瓜(夏)  561
 
b0161171_175334.jpg

b0161171_17532734.jpg

b0161171_165123.jpg

☆胡瓜の雌花 ( 雄花は別のところに )
b0161171_17534675.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2013-06-24 17:03 | つぶやき | Comments(8)
2013年 06月 22日

   水瓶の蓮

 昨年の今頃から体調を崩し入院した97歳の義父、来月の7月には一周忌をむかえる。
入院するまでは、確かな足取りで、大好きな銭湯もニコニコしながら出かけていた。

 我が家には大きな蓮の瓶(かめ)があり、ここ数年、小ぶりだが一つ二つと蓮が咲いてくれている。
しかし、今年の春に、泥の入れ替えをしなかったので、蓮は咲かないと諦めていた。
最近、カメラを持ち出して花の撮影をするということがめっきり減ったが、今日は違う、
蓮の花が一輪咲いてくれたんだから・・・・・・・・・・・


       一入に取りもついのち瓶の蓮
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました
       ☆季語:蓮(夏)  560


       蓮蕾にしずむ念珠もロザリオも
       ☆俳句の文字色 桜色(さくらいろ) 
       ☆snowdropさんから俳句をいただきました(2014-08-05)


b0161171_11325840.jpg

b0161171_12274.jpg

b0161171_1222658.jpg

 
 
 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2013-06-22 12:58 | 草花 | Comments(6)
2013年 06月 20日

   素人の気楽な包丁研ぎ (4)

 1週間ほどで、包丁研ぎを10回試みると、やはり中央部分に凹みができた。このまま修正しないで、砥石を使い続ければ
包丁がうまく研げないようになるらしい。砥石の面直しに挑戦してみたが、道具さえ揃えば、比較的容易くできることがわかった。
包丁を継続的に砥石で研ぐならば、修正砥石は必需品で、さほど高価でもないので揃えるべきだと思う。
また、凹んだ砥石の面直しも簡単だし、小忠実に凹みを修正した方が良さそうだ!
特に素人の包丁研ぎでは、面がフラットな砥石で行った方が上達もはやくなると・・・・・・・・・・・・

  ◎砥石の面直し (切れりゃええやん!包丁研ぎ)

☆真新しい砥石(キング)の上に、使い古した砥石を置いたところ、やはり中央部が凹んでいる
b0161171_12122310.jpg

☆修正砥石で面直し完了!
b0161171_150750.jpg

☆スエヒロ セラミック 修正砥石 中~仕上砥石修正用 WA300 (写真の上) #300
  使い古した中砥石(#1000) の表面を鉛筆で線を引いて、研ぎ具合を順次確認する (写真の下)
b0161171_1504687.jpg

☆修正砥石で優しく擦ると両端から削れる #1000
b0161171_15147.jpg

☆鉛筆の線が無くなれば面直しの完成!
b0161171_1512176.jpg

☆上砥石の面直し #3000
b0161171_1513825.jpg

☆キングデラックス砥石 B級品 粒度 #1000 標準型 中仕上用 (砥石の定番だそうだ!)
  B級品だが、素人にはわからない。お買い得かもしれない!
b0161171_12125339.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2013-06-20 17:15 | つぶやき | Comments(0)
2013年 06月 17日

   素人の気楽な包丁研ぎ (3)

 日常的に使ってきた三徳包丁(両刃)の研ぎに、再度挑戦してみることにした。
はじめて研いだとき、熟れたトマトでも小気味よくスライスでき、果汁があまり出てこなかった。
一応の成果はあったものの、新聞紙はときどき引っかかりながら切れる程度だった。
つまり、何か肝心なものが足りないのだろう!?

 ☆動画(両刃包丁研ぎ)で、参考になったもの <個人的に気に入ったもの>
  1)三徳包丁(両刃)の研ぎ方 <切れりゃええやん!包丁研ぎ>
  2)三徳包丁―曲線の研ぎ方(曲線の動き) <切れりゃええやん!包丁研ぎ>
  3)割込包丁を研いでみる <切れりゃええやん!包丁研ぎ>

 ☆HP(図・写真・動画入りで、わかりやすい)で、参考になったもの <個人的に気に入ったもの>
  1)切れりゃええやん!包丁研ぎ
  2)両刃包丁の研ぎ方 (堺<大阪>の實光刃物)

 片刃包丁(刺身、出刃、小出刃)3本を、それぞれ2回研いだり、ためしてガッテンのヒントや動画を見たりして、
包丁研ぎのイメージはかなり出来てきた。また、両刃包丁の研ぎ方は、片刃包丁の応用に思えてきた。


b0161171_14374759.jpg

       熟れトマト砥泥絡みて両刃つく
       ☆砥泥(とでい)
       ☆季語:トマト(夏)   559

 1週間で、包丁研ぎは、合計で10回試みたことになる。この間に、包丁に刃がつき、紙が小気味よく
きれるようになった。まほろばの何が変わったのだろうか?!わかりやすく説明するのは難しい。 
ただ、姿勢が良くなって、手首や指に妙な力が入らなくなったことは確かだ!
切れりゃええやん!包丁研ぎのHP<コツってなんだ>" に、まほろばも納得するコメントがあった。

また、中砥石の中央部が擦れて凹んできた。これからも包丁研ぎを楽しむためにも、砥石の凹みを修正
しなくてはいけない。早速、スエヒロ セラミック 修正砥石 中~仕上砥石修正用 WA300を注文してしまった。

修正砥石も購入することだし、包丁研ぎの腕を上げていきたい。

数々のHPや動画を参考にさせていただき、兎に角、包丁研ぎができるようになりました。皆さんに感謝します。
[PR]

by mahoroba-shahai | 2013-06-17 15:08 | つぶやき | Comments(2)
2013年 06月 15日

   素人の気楽な包丁研ぎ (2)

 包丁研ぎは4丁(三徳、出刃、小出刃、刺身)で試してみることにした。三徳包丁は両刃、それ以外は
片刃なので、包丁研ぎのいい練習になってくれそうだ。
ただ、三徳包丁はまほろばが購入したが、残りの包丁は、義父が残してくれた包丁だった。長年使用して
いなかったので、錆がかなり出ていた。

☆出刃包丁の表 (刃が右になる方が表)
b0161171_16222765.jpg

☆出刃包丁の裏
b0161171_16233078.jpg


先ずは錆落、まな板に包丁を置き、研磨剤が入っている台所用クリームクレンザーとスポンジで丁寧に
擦りつけて錆を落とした。完璧に錆を落とすことができなかったが、初回にしては落ちた方だろう。
何度も繰り返すことにより、徐々に錆は少なくなると・・・・・・・・
b0161171_16302445.jpg

b0161171_16304423.jpg


片刃包丁研ぎ(出刃・刺身包丁)
1)中砥石(#1000)に刃表の面を押し当て、砥石全体を使って研ぐ。
  砥石と包丁の角度は45°程度で・・・・・・・
2)刃返り(刃先のざらざらした返り)が刃先全体に出たら中砥石研ぎは終わり。
3)仕上げ砥石(#3000)で、研ぎ汁は流さず中砥石の研ぎキズや刃返りがなくなるまで研ぐ。
4)最後に刃の表裏を交互に研ぎ、指の腹で確認しながら、全体を仕上げる。
 
 HPでは、片刃包丁の研ぎ方 (堺<大阪>の實光刃物) が、綺麗な写真入りで、しかもわかりやすい!
 動画では、堺打刃物研ぎ道場−片刃編が、綺麗な画像で、丁寧でわかりやすい解説もある!

....................................................................................................................................

☆NHKためしてガッテン ”包丁超切れ味即ゲット術”・・・・初心者には有り難いヒント

 慣れないうちは、赤い油性マジックで目印を付けましょう。ちゃんと研げているかを、
 先端の色が落ちているかどうかで確認できる。

 <注>油性マジックはエタノールで簡単に落とせる。

 この一文は、まほろばにとって”目から鱗”で、研ぎ残しや研ぎ幅がわかり、研ぎ方のイメージが
 明確になり、そこまでは試行錯誤だった研ぎ方に方向性ができた。
 また、動画も沢山アップされているので参考にしながら、包丁研ぎの回数を増やし、経験を積むことが大切。

 研ぎ終わって、トマトが気持ち良くスライスできるようになったが、新聞紙がいとも簡単に切れるまでには
 至っていない。この小気味よい紙切りが当面の目標だ!

[PR]

by mahoroba-shahai | 2013-06-15 17:48 | つぶやき | Comments(0)
2013年 06月 13日

   素人の気楽な包丁研ぎ (1)

 5年ほど前に、土佐の鍛冶屋トヨクニから三徳包丁を購入し、当初は、トマトがこれほどに気持ち良く
切れるのか!?と驚いた。包丁の重さが変わると使いにくいのか、140g程度と妻から指定されたので、
145gの三徳包丁180青スーパーを購入した。 (まほろばは包丁の材質に拘るほど精通していない)
( 三徳包丁は牛刀の一種で、戦後日本で考案され、魚、肉、野菜の3つに使えることから、三徳という名前 )
長年使っていると切れ味が鈍るもので、妻はロールシャープナーを使って、包丁をごまかしながら使っている。
刃の中央を頻繁に使っているので、この部分の切れ味が鈍り、また、刃元から刃先にかけて、若干のサビが
認められるようになってきた。刃全体を有効に使うのが本来の使い方だと・・・・・・・・

今、改めてトヨクニのHPを熟読したところ、月に一度は研ぎ直しをするようにと書いてあったが、この5年間
一度も砥石で研いでいない。
 少なくとも年に一二度は研ぎ直しをすべきだったようだ!

b0161171_18542242.jpg

b0161171_774244.jpg


 また、渓流のアマゴを沢山いただき、まほろばのナイフでさばいた。このナイフの材質は
ステンレスで、切れ味は悪く、さばき終わった頃には、まほろばは疲れ切っていた。

 まほろばのこころをくすぐる二つの出来事が起こったので、包丁研ぎに挑戦してみることにした。
何事も形から入るまほろばなので、必要なグッズ3点を、ネットで早速購入してみた。
また、NHK・ためしてガッテンの”包丁超切れ味ゲット術”なども参考に・・・・・・・

☆スエヒロのSUEHIRO キッチン両面砥石 #3000/#1000 SKG-24
 幅63×奥行183×高さ27mm (材質: セラミック)
 幅が63mm以上のものが欲しかったが、初心者にとって高額なため、今回は諦めた。
 ベージュ色の砥石が#3000

☆スエヒロのSUEHIRO 全ゴム斜台3号キッチン砥石用 SKG-26
 適合砥石: SKG-21、SKG-22、SKG-23、SKG-24、SKG-25
 ゴム斜台は、傾きがあるため操作しやすく、砥石が安定して、包丁研ぎは安全に行える。
b0161171_117112.jpg


☆清水製作所の庖丁とぎ角度固定ホルダー スーパートゲール
 包丁と砥石との角度を一定に保つための部品
 数回使えば、砥石と包丁の角度が掴めるので、一つあってもよい。
[PR]

by mahoroba-shahai | 2013-06-13 17:05 | つぶやき | Comments(2)
2013年 06月 07日

   断捨離

 断捨離に励んでいて、義父・義母の日用品などを、市内のクリーンセンターへ、
何度も何度も軽トラで運び込んだ。運び始めたのは、昨年の11月ごろから・・・・・
業者に依頼すれば一日で方が付くが、生きた証しを確かめつつ、ゆるやかに
断捨離をすすめて、もう!6月になった。

 センターの入り口では、搬入者の氏名・住所を告知しなくてはいけないが、
今では、顔パスで通れるようになった。焼却所の投入場所から見えるゴミ貯蔵空間は、
距離感が掴めないほどに大きく立ちくらみするほどだった。

 10秒以内には、目の前から軽トラの搬入物がなくなり、実に気分爽快になる。
空になった軽トラとまほろばは、毎回、一つの仕事を終えたという安堵感から
軽やかに帰路につける。   558
 
       あれやこれ断捨離ありて梅雨晴間
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました
       ☆季語:梅雨晴間(夏) 
 
断捨離・・・・・・モノへの執着を捨てて、身の周りをキレイにするだけでなく、
         心もストレスから解放されること。
 
定点観察(桜井)の麦秋
b0161171_10495038.jpg

b0161171_1050415.jpg

 
 
 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2013-06-07 10:56 | つぶやき | Comments(8)
2013年 06月 05日

   ランドセル俳人の五・七・五

 写真には興味があり、二十歳代から楽しんでいた。俳句は写真に添える程度に
10年ほど前から気楽に始めたが、写真のように気に入ったものがなかなか出来
ないで、今日に至っている。
 しかし、俳句の世界を彷徨っている間に、浅草の俳人・久保田万太郎の俳句
出会えたことは、まほろばにとって宝となっている。
 
       神田川祭の中を流れけり

       湯豆腐やいのちのはてのうすあかり
 
 今回、11歳の俳人・小林凜さんの俳句に出会えた。まほろばをはじめ、やや
薄汚れた大人の感性から生み出される俳句とは違った、新鮮で飾らない俳句に
こころが動いた。これからも小林凜さんの成長をそっと見守り続けたい。
小林凜さんの俳句と書籍に関しては、成毛 眞のコメントが充実しているので、
一読してもらいたい。

b0161171_9304282.jpg


       抜け殻や声なき蝉の贈りもの

       紅葉で神が染めたる天地かな

       落とし文誰を思いて文落とす
[PR]

by mahoroba-shahai | 2013-06-05 11:59 | つぶやき | Comments(2)