<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 17日

   あまごの燻製

大和の大半が山々、その山間の渓流にはアマゴ(あまご)が生息する。
アマゴ(あまご)は 天魚・雨魚 と一般に書き、天も雨もともにアマであり、高所を指す。

アマゴを燻製にしてしまうと、どう猛な面構えになるが、2枚目の写真、これが清流のアマゴで
殊に、天然アマゴの容姿は端麗そのものだ! 
この天然アマゴを求めて、人気のない危険が潜む山奥の渓流へ・・・・・・

友人が渓流釣りに出かけ、燻製にしてわざわざ届けてくれた。
(友人は一緒に行こうと誘ってくれたが、所用があり、残念だけれども行けなかった。)
アマゴの姿焼きは仄かな甘みがあり、美味だと思う。
さらに、手間暇かけて燻製までしてくれたのだから・・・・・・・

アマゴの燻製・・・・・少し温度を高めて短い時間で燻煙する”温燻”という手法

   ☆ソミュール液と白ワイン入れてアマゴを漬け込む。(半日冷蔵庫)
   ☆水洗いして塩分を抜く。<この塩抜きが難しい>
   ☆水気をとり、養生する。(半日冷蔵庫)
   ☆燻製機にてヒッコリーの燻材で燻製(数時間)、仕上げはサクラの燻材で・・・
   ☆室温に戻れば燻製アマゴが完成!(夏場の燻製は失敗する確率が高い、今の時期が良いとのこと)
    <注>ソミュール液 : 水2L 、塩400g 、砂糖100g 、ハーブ


       マイヨ・ア・ポワまとう天魚の水中戦

       ☆俳句の文字色 蒲公英色(たんぽぽいろ) 
       ☆季語:天魚(夏)  
       ☆snowdrop さんから俳句をいただきました
       ☆マイヨ・ア・ポワ(maillot à pois)とは、自転車レース、ツール・ド・フランスにおいて
         「山岳賞」に対して与えられる、“白地に赤い水玉模様”のジャージのこと


b0161171_5341884.jpg


b0161171_6514435.jpg


b0161171_6441477.jpg


b0161171_5351382.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-10-17 06:18 | 吉野 | Comments(7)
2012年 10月 11日

   昭和の松下 OT-1124

昭和の香りがする松下のアウトプットトランス(OT-1124) 3個、昭和の人間にはたまらない!

真空管アンプに興味があっても、この古めかしいOPTには目もくれないのが当たり前、

でも、眺めて掌に載せると心地よい重さ、青春時代が蘇ってくる。

前回の松下 OT-625D と大きさもほぼ同じで、コア材は何が使われていたのだろう。

これで、7119・5687PPアンプ(真空管アンプ)を組み立ててみたい。

これで、また夢ができたし、これからのボケ防止にもなるかな?!


b0161171_12395218.jpg


松下 OT-1124
   ☆松下製6BQ5ppモノラルアンプに使用されていた出力トランス  
   ☆1次:約8KΩ
   ☆2次:0-4Ω-8Ω-16Ω-700Ω -1400Ω    このOPTにも 700Ω端子が!

b0161171_1240676.jpg

 
 
 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-10-11 12:59 | 真空管アンプ | Comments(0)
2012年 10月 08日

   昭和の松下 OT-625D

これは、松下電器産業株式会社の社章 < 1943年(昭和18年)>

松下の商品は、まさに昭和の香りがする。(まほろばは元社員でもなければ、現社員でもない)
”ナショナル”の響きも良いが、”松下”がさらに良い。
”パナソニック”と聞くと、どうも平成との繋がりが強くて、あまり馴染めない。
まさに昭和の人間だろうか?!

世界にも通じるタムラ製作所のOPTは市販されていて、いつでも入手できるが、かなり高額だ。
先日偶然にも、昭和の香りがする松下のOPT(OT-625D 2個)と電源トランスを手に入れることができた。

しかも、三松葉(みつまつば)の社章入りの部品だから、ことに嬉しい。
商品に社章の”三松葉”が入っているのは、松下にも自信ができた頃だったんですかね!?   542


        秋高し心血そそぐ三松葉
        ☆俳句の文字色を 灰桜 (はいざくら) 色 にしてみました

b0161171_9153568.jpg

b0161171_10483657.jpg


松下 OT-625D
   ☆松下製6BQ5ppモノラルアンプに使用されていた出力トランス  
   ☆1次:約8KΩ
   ☆2次:0-4Ω-8Ω-16Ω-325Ω -665Ω-1300Ω    665Ω端子は特に興味深い!
   ☆リード線はNF用と推定
b0161171_10485845.jpg


今、真空管アンプ(トランス結合・12BH7AラPPアンプ)を製作しているが、
何れ、この部品を使って真空管アンプを製作して、昭和の音を聴いてみたい。
 
 
 
 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-10-08 10:50 | 真空管アンプ | Comments(8)
2012年 10月 05日

   ブルーベリージャムの味わい (3)

粒々の食感を残したブルーベリージャムとヨーグルトとの取り合わせが一番の好みでしょうか!

まずは、ジャムだけを一口・・・
その後、ジャムとヨーグルトの割合を変えながらいただいています。

これが、まほろばの元気の素です。   541


        むらさきの粒得々たる秋の景
        ☆俳句の文字色を 灰桜 (はいざくら) 色 にしてみました


b0161171_19371466.jpg


b0161171_19373688.jpg


奈良市にある友人のブルーベリー園、ここには入れ替わり立ち替わり、友人が延べ人数100人は集まるという!  楽園
b0161171_1938405.jpg

 
 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-10-05 20:13 | 料理 | Comments(4)
2012年 10月 04日

   整流管 6BY5GA (2)

手持ちの電源トランスで センター・タップが付いていなければ、整流管は使えないと思っていた。
制約はあるだろうが、工夫次第で整流管が使えそうだ。

まほろばは、整流にダイオードをあまり使いたくない方で、シャーシに余裕があれば整流管を使いたい。
ダイオードはデジタル的のような感じがするが、真空管は何と言っても実にアナログ的ですね! これが良い。
田舎暮らしでスペース的に余裕があり、また、ある程度の音量でシステムを稼働させても近隣の方々に
迷惑がかからないから気楽なものだ!
だが、30kgもするような真空管アンプの製作は、歳が歳だから、いくらいい音がするからといっても避けたい。

このような発想は、真空管アンプを製作する間でも、古いタイプの人間にはいるだろうか?!
その割には、アンプ製作技術はいまだに素人のままだが・・・・・

シルバニア製で未使用品 @1200円 で販売  この価格帯なら嬉しいね!

     ☆傍熱両波整流管
     ☆ヒーター電圧:6,3V   ヒーター電流:1,6A
     ☆電流:175mA程度まで

b0161171_210302.jpg


          <ブリッジ整流> 
b0161171_6564160.jpg


b0161171_649844.jpg



 
 
 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-10-04 21:10 | 真空管アンプ | Comments(1)
2012年 10月 03日

   整流管 6BY5GA (1)

12BH7AパラPPアンプの電源トランスに タンゴ ST-230 を使うので、ダイオード
による両波倍電圧整流になった。回路は上部のようになる。

最近、整流管 6BY5GA という存在を知った。この整流管には、カソードが2個あるので
両波倍電圧整流でもダイオードでなく真空管を使いたいとなれば、現実のものとなった。
従って、回路は下部のようになる。

この整流管の活用例はほとんど無いが、今度、回路デザインをするとき、是非使ってみたい。
しかし、利用にあたって、いくつかの制限がありそうだ。

シルバニア製で未使用品 @1200円 で販売  この価格帯なら嬉しいね!

     ☆傍熱両波整流管
     ☆ヒーター電圧:6,3V   ヒーター電流:1,6A
     ☆電流:175mA程度まで

b0161171_11143563.jpg

b0161171_735911.jpg



                    ☆ 6BY5GA   カソードが2個
b0161171_219528.jpg


                    ☆ 5AR4   カソードが1個
b0161171_2194221.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-10-03 21:19 | 真空管アンプ | Comments(1)
2012年 10月 01日

   ブル-ベリージャムの作り方 (2)

今年は、奈良市にある親友のブルベリー園でたくさん採取してきたので、ジャムを作り、
多くの知人に、このジャムを味わっていただいた。甘さ控えめのジャムで、無添加という
ことなのでたいそう好評だった。
このジャムも底をついてきたので、取り置きのブルーベリーで再度ジャム作りに挑戦した。


大間原発の建設再開が決定された。
大間原発で使用する燃料は、難問山積のプルトニウムとウランの混合酸化物(MOX)燃料なのだ!
2030年代に原発稼働ゼロを目指す政府の新エネルギー戦略は、やはり単なるかけ声だったのか?


ブルーベリーを水洗いして、ザルに入れ水をきる。水でいくら洗っても灰汁は取れない!
b0161171_12394085.jpg


ブルーベリーだけを鍋に入れて中火でしばらく加熱すると、水分と沢山の灰汁(アク)がでてくるが、こまめにこの灰汁を取る。
b0161171_12395618.jpg


        アクに灰汁絞りて絞る秋の味
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました
       ☆灰汁(アク)     540

       ここに溜まった灰汁は、まほろばには 数々のアクの政(まつりごと) にしか見えない!
b0161171_12401120.jpg


灰汁が出てこなくなったら、適量の砂糖(まほろばは白砂糖)とワインを入れる。
<グラニュー糖の方があっさり味になる>
<自ら砂糖を入れていると、これだけも入れるの?!となるが、この気持ちが甘さ控えめなジャムになる>
<市販品のジャムは、いかに多くの砂糖が入っているかがわかる>
酒には極めて弱いまほろばは、酒に恨みがあるのか? 
ワインをこれでもか!
 と、いつも入れてしまう。
そして、最後にレモン1個をギュと絞って完成!

b0161171_12402296.jpg


煮沸して殺菌した瓶に、粒の食感が残ったできたてのジャムをとりわけ、蓋をすれば完成!
室温になったら冷蔵庫で保管して、食べたくなったら・・・・・・・
b0161171_12403213.jpg

 
 
 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-10-01 20:07 | 料理 | Comments(4)