<   2012年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 26日

   三輪の麦秋

昨日の雨の影響があり霞んでいますが、朝のお勤めも終わったことだし
ちょこっと行ってきました。

三輪山を拝むことが出来て、治水工事がまったく行われていない、ありのままの
用水路(headの写真)

この場所は定点観察になっていますが、ここに立つと、明日香もいいけれど、
やけに落ち着いてしまう場所です。
特に、ここは飛鳥時代のころから変わっていないのだろうな!!
今年も、いつものように眺めることができる有り難さ・・・・・   520
 
 
2009年5月25日 麦秋の国中 ちょっと拘りのレンズ
2010年5月17日 麦笛 今回と同じレンズ
2012年5月17日 三輪の誉れ 今回と同じレンズ
 
 
       麦の秋風に消されぬゆかりの地
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました



b0161171_9292671.jpg
 
b0161171_933271.jpg

b0161171_933367.jpg

b0161171_9344557.jpg

b0161171_9591460.jpg
 
 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-05-26 09:34 | 桜井 | Comments(0)
2012年 05月 21日

   ラジオ少年 と 金環日食

今日(21日)朝7時30分ころに、金環日食が観察できるということでしたが、
天気予報ではいい予報は出ていませんでした。

ところが、5時に目覚めたら、雲がかかっていない大和盆地が広がっていました。
2時間後も同じような状況だろうと思うと、なにやらその辺のあり合わせの物で
ごそごそしはじめました。

しばらくしたら、ピンホールカメラの完成!!
庭に設置して、角度調整やら、デジタル一眼カメラの設置やら・・・・・・
この寡黙な時間が、まほろばにとって実に楽しい時間なんです。

準備が整った7時ごろには妻がおきて来て、1時間ほど一緒に金環日食を楽しみました。
ただ息子は一瞬見に来て、すぐに寝床に直行しましたが・・・・・・    518 519

       まほろばの自由時間 
 
       はつなつのラジオ少年無口なり

       ひと捻りラジオ少年躍る夏
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました


b0161171_0345921.jpg

b0161171_0351558.jpg

b0161171_0354692.jpg

b0161171_0361180.jpg

 
 
 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-05-21 18:52 | 真空管アンプ | Comments(8)
2012年 05月 19日

   唐子・鍵遺跡

カメラを車にのせて走る余裕が徐々に出てきたし、また、いい天気なので、勤め先からの
帰り道、ちょっと唐子・鍵遺跡に立ち寄ってみたら、ハイカーの方々が大勢と・・・・・・

遺跡の跡面積は約30万平方メートルもあり、規模の大きさのみならず、大型建物の跡地や
青銅器鋳造炉など工房の跡地が発見された。
1999年に国の史跡に指定され、ここから出土した土器に描かれていた多層式の楼閣が
遺跡内に復元された。   517


       夏めくや道草すればはや遊子
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました


b0161171_617176.jpg


b0161171_61137.jpg


b0161171_6112011.jpg

 
 
 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-05-19 09:55 | 磯城 | Comments(2)
2012年 05月 17日

   三輪の誉れ

早朝から少し頑張ったので、ご褒美として三輪の麦畑の撮影に出かけました。
定点観察のところには、麦畑がなくなりましたので、その近辺を散策したら
麦畑がやはりありました。
金色に色づくころにはまだ早いが、いつものように、麦畑と共に長閑な三輪山を
拝むことができました。
この”いつものように”が、実に・・・・・・・・・・ 516
 
 
2009年5月25日 麦秋の国中 ちょっと拘りのレンズ
2010年5月17日 麦笛 今回と同じレンズ
 ☆最近は、ELMAR 14-150mm のレンズを頻繁に使っているまほろば


       麦の穂に三輪の誉れの色間近
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました


b0161171_8562817.jpg

b0161171_8565334.jpg

b0161171_8575322.jpg

 
 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-05-17 09:16 | 桜井 | Comments(2)
2012年 05月 12日

   華甲の薔薇

我が子のような年頃の少女から、まほろばの華甲の祝いに、粒ぞろいの薔薇をいただいた。
薔薇を差し出す少女も、薔薇をいただくまほろばも、ただただぎこちなく・・・・・
抱えるとあまりにも重いので、数を数えたら、なんと!華甲の数だけの薔薇だった。
妻にプレゼントしたときは、20本の真っ赤な薔薇だったが、それを遙かに上回る数に
すこぶる感激し、沢山の想いが伝わってきました。   515

ありがとう!   

       まほろばの自由時間
 
       ばらに薔薇百の想いに百聖し
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました

       薔薇満ちて百の想いの百聖し
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました



b0161171_22111215.jpg


b0161171_22124627.jpg
 

b0161171_2212181.jpg

 
b0161171_22135952.jpg

 
b0161171_7553384.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-05-12 10:16 | つぶやき | Comments(8)
2012年 05月 10日

   里若葉

勤め帰りに、ちょっと栢森に寄ってみたら、盆地の若葉に比べて色合いが瑞々しくて全く違う若葉に出会えた。
やはり空気や水が違うのだろう! 
ただ眺めているだけなのだが、心が癒されてしまう。
栢森のこの場所に立って、この時期だけに味わうことができる、大切なものを見つけたような気分になって
帰路につきました。  514
 
 
       里若葉まどろみ誘う忘れ種
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました

 
b0161171_10482092.jpg

 
b0161171_105555.jpg

 
b0161171_10598100.jpg

 
b0161171_1059259.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-05-10 11:22 | 明日香 | Comments(2)
2012年 05月 09日

   山里の幟

明日香最南に栢森がある。

これより南には村がなく、芋ヶ峠(いもがとうげ)を越えて吉野へと細い路(県道)が

続くが、昔は街道だったと伝え聞く。現在は、土砂崩れのために通行止めになっている。

過疎の里だからこそ、新生児を村をあげて祝っているように思うし、

栢森には、数えてはいないが、鯉幟の檜柱がたくさんある。

俳句が先にできてしまい、期待して栢森にでかけたが、現実はきびしく、真新しい鯉幟を

見つけることはできなかった。   512 513

1枚目の写真、この鯉幟は丸二年前、真新しいものだった。


       限界の里たのもしき幟立つ
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました

       過疎の里乳の香りの幟うす
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました


b0161171_17393428.jpg


b0161171_17395652.jpg


b0161171_18475475.jpg


b0161171_17403422.jpg


b0161171_17405082.jpg

 
 
 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-05-09 17:44 | 明日香 | Comments(4)
2012年 05月 04日

   イヌフグリ

昨年の3月11日(福島第一原発事故の日)の夜に、イヌフグリの写真俳句を準備していました。
しかし、原子炉がメルトスルーしたなら、甚大な環境破壊が起こるだろうと、こころが堅くなって
アップできなくなりました。
一年後、この写真俳句を偶然に見つけたので、兎に角、アップすることにしました。

一年以上、野外での撮影は出来ませんでしたが、最近になってカメラを持ち出すことが
できるようなになり、ぼちぼち撮影をはじめました。 ・・・・ 511

 
       春の昼灯して落つる願いごと
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました


b0161171_1455449.jpg

 
b0161171_145683.jpg

 

More +2
[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-05-04 11:18 | 草花 | Comments(4)
2012年 05月 01日

   奈良県のある産廃業者

奈良県御所市の一産廃業者は、御所市のある場所に下記の焼却灰を受け入れて埋めていたという報道(産経ニュース)がある。
この処分場は、曽我川の源流にあたる。水源は大丈夫だろうか?!

曽我川は御所市重阪の内谷に発し北に流れ、御所市古瀬から柏原までは谷を刻み、高市郡高取町で盆地に出て、
橿原市を貫流、その後北葛城郡広陵町と磯城郡田原本町の境を北上、三宅町・川西町と流れ、北葛城郡
河合町川合の広瀬神社の北で大和川に注ぐ。全長28km、

 
   ★千葉県の市川市の高濃度放射能焼却灰 

   ★神奈川県の湯河原・真鶴両町のカドミウム基準値超の焼却灰 


千葉県の市川市のHPに、焼却灰等放射性物質濃度測定結果があるが、昨年の6月30日のデータが
アップしてある

   ☆千葉県の市川市の取り組み <放射性物質の汚染状況の把握>
    市川市民だけの安全を守るためにいろいろな取り組みをしている。

     ・農産物の放射性物質検査の実施
      JAいちかわの協力のもと、市内産農産物の安全性の確保と、
      生産者や消費者の不安解消のため

     ・市立小・中・特別支援学校の給食食材放射性物質検査

     ・水産物の放射性物質検査結果

     ・保育園の放射線低減対策実施状況

     ・市内定点6箇所の大気中放射線量測定結果

     ・菅野終末処理場の放射能量・放射線量の測定結果
      この値は注目すべき値!!
      しかし、流入水及び放流水の放射性物質については、全て不検出・・・・市民への安全を確保

     東北地方の災害廃棄物の受け入れについて

     市川市クリーンセンターの焼却灰について
      市川市は焼却灰の最終処分に苦慮していることが十分に読み取れる!! 
      またもや、都会の放射性物質を過疎の村への搬出か!

     ・簡易式空間放射線量測定器の貸し出し


一般廃棄物焼却施設における焼却灰に、放射性物質がかなり含まれているが、奈良県や御所市などの
行政側が受け入れるのではなく、一産廃業者が密かに受け入れている。
これは、まさに氷山の一角なのだろう!!

行政側が最終処分できないような焼却灰を、一産廃業者がいとも簡単にいつものようにいつもの場所に
処理できることが不思議でしかたがない。

この業者が倒産したら、この焼却灰は放射性物質と共に、永遠に放置したままに・・・・・
このようなことは、日本国中、庶民が知らないうちに頻繁におこっているのだろう!!



この放射性物質は、もともと東電のものなのだから、
持ち主の東電に返せば・・・・・・・と思う。



家庭用放射線測定器 <AIR COUNTER-S> エステー株式会社 
5000円程度で入手でき、国産だし、一家に一台はあってもいい時期にきたような!!

b0161171_8431117.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-05-01 18:33 | つぶやき | Comments(0)