<   2010年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 31日

 我が家の丸餅

28日は我が家の餅つきの日、まほろばが生まれる前からこの日は動きませんし
娘婿も加わった賑やかな餅つきの日になりました。
関西の餅の形は丸餅で、一臼搗きあがるまでに、大きな桶のまわりで、とり粉を
つけて、皆で餅を手のひらで丸め続けます。
蝋梅とともに丸餅を、お世話になった方々に、おすそ分けして、今年もいつもの
ように暮れていきます。

来年、明るく丸くなりますように ・・・・・・・   479

 
       豆の餅二升五合のおかげさん

       大桶に餅を丸めて丸き顔
 
       丸の餅とり粉まぶしの寄せる顔
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました

       良き年はまず初晴より始めけむ
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました
 


       ☆三升用のセイロに、縁起をかついで ”二升五合” として 
b0161171_15112493.jpg


       ☆黒豆入りの餅
b0161171_15114264.jpg


More +5
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-12-31 19:42 | つぶやき | Comments(10)
2010年 12月 29日

   蝋梅(ロウバイ)

昨日は早朝から天候がよく、気温も高く、とても動きやすい一日でした。
しかし、4時頃から西の空が真っ暗になり、雷までもが鳴り響いていました。

実家の蝋梅は、12月の中旬から咲き始め、新年へと続く我が家の迎春花です。
今年も枝にたくさんの花をつけて、あたりを幸せな香りと色合いを与えていてくれます。
植えてから、もう!25年にはなると思いますが、近隣の方々や職場の方々にお配り
することができます。 ありがたいことです。  478
 
 
       年の果一枝の笑みの和みかな
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました
       ☆季語 年の果:冬

       喧嘩ばかりの家もどうやら注連飾り
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました

 
  
       ☆写真をクリックすると大きくなります
b0161171_14143487.jpg

 
b0161171_14152711.jpg


b0161171_19124230.jpg


b0161171_1913774.jpg
 

 
 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-12-29 10:58 | 橿原 | Comments(6)
2010年 12月 27日

   寒鯉

佐久鯉のうま煮!を友人が送ってくれました。ありがたいことです。
寒鯉で有名な信州の佐久は、歳時記にも載っていますが、もし俳句に
関心がなかったら、おそらくは佐久という地名も知らなかったと思います。

渓流釣りを楽しむまほろばは、アマゴの味は知っていますが、川魚の鯉は
いまだに食べたことがありませんでした。

癖のある味だという先入観がありましたが、一口食すると、その思いは
どこかに消えていきました。
酒のいける方には、格好の酒のあてになるんでしょうね! 477

 
        寒鯉や信濃うま煮のうまし酒
       ☆俳句の文字色を 真朱 (まそお) 色 にしてみました
       ☆季語:寒鯉(冬)

        粕汁のぞろりと喉を通りける
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました
 
 
b0161171_18531689.jpg

 
b0161171_18535141.jpg
DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6



[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-12-27 13:47 | つぶやき | Comments(10)
2010年 12月 24日

   福の種

烏瓜の花は妖艶な花のようですが、いまだ実際に見たことがありません。
でも、実は実に赤いので、枯れ野を歩いていても目立ちますから遠くからでも見つける
ことができます。

種子は、打ちでの小槌 に似ていることを、子供の頃の遊びの中から知っていましたが、
この歳になり、もう一度見たくて、寄り道をして真っ赤な烏瓜の実を採ってきました。
 
種を取り出そうとしますと、種はなにやらヌルヌルとしたものに覆われていました。
たいていは黒い種ですが、白い種が2個みつかり、なにやら宝物を探し出した気分に・・・・   476
 
 

       ひといろの冬枯道に赤きもの
       ☆俳句の文字色を 真朱 (まそお) 色 にしてみました

       サイレントナイト罪の深さか星あまた
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました
 

       ☆写真をクリックすると大きくなります 
b0161171_14414051.jpg


       ☆10日ほど前に取り出して乾燥した種 
b0161171_14421435.jpg

 

More +1
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-12-24 18:48 | 橿原 | Comments(10)
2010年 12月 19日

   木守柿

明日香の栢森に古木の柿の木があったのですが、この夏に伐採されて今はありません。
木守柿と新雪との写真俳句(2010年1月13日)をアップさせていただきましたが、
明日香の栢森で、このような写真が撮れるのかと興奮した記憶があります。

雪はありませんが、稲渕の奥の方に存在感のある木守柿がありました。
これで野鳥も少しは腹の足しになるでしょうね。   475


       稲渕のふところ深き木守柿
       ☆俳句の文字色を 真朱 (まそお) 色 にしてみました

       柿熟し何の不足や烏鳴く
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました
 
 
       ☆写真をクリックすれば大きくなります ( この写真は大きくすると、情景がよくなるような・・・・ )
b0161171_19301630.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-12-19 18:43 | 明日香 | Comments(10)
2010年 12月 18日

   冬桜

まほろばは、ここのところ御堂筋の写真ばかりです。
久々に、明日香の栢森で見つけた四季桜をアップします。

栢森の山影で、雨に濡れて凍えそうになりつつも、密かに咲いているこずえの
花を見つけて嬉しくなりました。
また、そこだけがほんのり明るくなっているようにも感じました。

冬に咲く桜として4種あり、アップした桜は 四季桜 ? だと ・・・・ 思います。
" このはなさくや図鑑 " で検索すれば 四季桜をはじめとして桜 に関して詳しく解説!  474

 四季桜 = 萼筒は細く一重   
 冬桜 = 萼筒が紅色で太めで花は一重
 十月桜 = 萼筒が紅色で八重
 小福桜 = 萼筒が漏斗型で八重


       濡れそむる幽き野辺の冬桜

       冬桜そぼ降る枝の福の神
       ☆俳句の文字色を 真朱 (まそお) 色 にしてみました

       風花にまんまる月の誘われて
       ☆そしさんに新しい視点をいただきました


b0161171_22102344.jpg


b0161171_22103843.jpg


More +2
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-12-18 16:42 | 明日香 | Comments(10)
2010年 12月 14日

   浮き世の風

御堂筋を歩いていると、我が家には無縁の高級ブティックが競い合って列んでいます。
その素敵なショーウィンドウに目を奪われますが、3時を過ぎたあたりから、行き交う人の
歩き方も急ぎ足になるように感じます。
そのころからは、ショーウィンドウをのぞき込む人もめっきり少なくなります。

厚い窓ガラスで仕切られた建物のマネキンは、ガラス越しに、行き交う人に何かを問い
かけているような・・・・・・・   473



       大通り浮き世の風の寒さかな
       ☆俳句の文字色を 鬱金色 (うこんいろ) にしてみました

       クリスマス浮世の街は華やかに
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました


b0161171_21531683.jpg

 
b0161171_21534631.jpg
 

More +1
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-12-14 20:27 | 大阪 | Comments(10)
2010年 12月 11日

   流行りもの

アップル社から iPod / iPod touch / iPad / iPhone などが販売されていますが
いずれの機種も踏ん切りがつかず、未だに手元にありません。

新機種が販売されるときなど開店前に、ここアップルストア心斎橋に多くの若者が集まります。
この日も若者の出入りが頻繁に行われています。

この機種から遠のいていくとなると、パソコンなどの情報関係からも疎くなっていくのでしょうね。
まほろばはパソコンとのつき合いはやや長く、30年間ほどあり、PC-8001 からですから
随分と小遣いを使ってきました。

しかし、OS が Windows XP あたりからまほろばとの縁が薄くなってきているように思います。   472



       飛びつけど徒花なりし年の暮
       ☆俳句の文字色を 鬱金色 (うこんいろ) にしてみました

       手で拭いてぴかぴかにする冬林檎
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました



b0161171_22565558.jpg

 
b0161171_22571771.jpg



b0161171_13553710.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-12-11 14:00 | 大阪 | Comments(16)
2010年 12月 10日

   浪花の神

大阪市中央公会堂はシンボル的な存在で、大正7年(1918)創建され、大正、昭和時代を
大阪市民とともに歩んで、老朽化が進みました。2002年11月に免震システムなどの
再生工事が施され、創建当時の美しい姿が甦りました。
正面の大アーチの屋根に、商いの神 「 メルキュール 」 ( 左 ) と科学、工芸、平和の神
「 ミネルバ 」 ( 右 ) の像も復元されました。
この二神に守られた浪花は、今まで以上に末永く繁栄して欲しいものです。

若者が手すりによじ登って、この二神を熱心に撮影していましたから、まほろばは神の存在を
知りました。有り難い出会いでした。   471



       二神の冬晴れつづく浪花かな
       ☆俳句の文字色を 鬱金色 (うこんいろ) にしてみました

       飲み足らず韮雑炊の恨めしや
       ☆よしさんから、新しい視点をいただきました

 
b0161171_2159631.jpg

 

       ☆ここには、まほろばのお気に入りの” 飛青磁花生 ( 国宝 ) ” があります。
         この日は休館日でした。
b0161171_21592882.jpg


More +1
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-12-10 21:15 | 大阪 | Comments(9)
2010年 12月 05日

   御堂筋

3日の夜、低気圧が日本を足早に過ぎ去ってきました。
風は強く雨戸は鳴くし、雷も落ちるやらで寝苦しい一夜でした。

冬とは思えないうららかな休日に、滅多に出かけないまほろばが、
銀杏目当ての御堂筋を5時間も歩き回りました。
通りすがりの方々に魅惑をかけぬように、焦らずに撮影しました。

銀杏はかなり散っているものの、街は年末の賑わいが出始めて
いるような・・・・・・・   470


       冬うらら行き交う人もかさね色

       冬うらら行き交う人も色があり
       ☆俳句の文字色を 鬱金色 (うこんいろ) にしてみました

       遠き日よカルチェラタンの雪だまり
       ☆よしさんから、新しい視点をいただきました

 
b0161171_2128049.jpg


b0161171_19313455.jpg


 

More +3
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-12-05 19:35 | 大阪 | Comments(10)