<   2010年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 24日

   明日香・阪田の代掻き

子供が小さい頃は、畦にじいちゃんもばあちゃんも、家族が皆揃って
田植えをしました。
しかし、子供が巣立ってしまえば、機械の性能もよくなったこともあり
夫婦だけで田植えをしてしまう場合が増えました。
長年連れ添ったからこその信頼感が・・・・・・・・・   424
 
 
     田植機の音ただ響く山の神
       ☆俳句の文字色を 黄金 ( こがね ) 色  にしてみました

     竹床机私を撫でた人は無き
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました
 
 
b0161171_2034563.jpg

 
b0161171_18212599.jpg
DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6



[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-06-24 20:32 | 明日香 | Comments(12)
2010年 06月 19日

   八釣の麦秋

八釣の里山、丘一面に畑(定点観測するところ)があります。また、最上段に個人用の畑があり、
ひと畝の麦が栽培されていました。この麦は色付きはじめていますが、ひと畝だけで少量ですので、
自家用の”さなぶり餅”のためにきっと栽培されているのでしょう!   423
 
   
     ひと畝の麦刈り捧げ神昇る
       ☆俳句の文字色を 黄金 ( こがね ) 色  にしてみました
 
     梅雨しぶく衣破(や)れたる旅の僧
       ☆よしさんから、新しい視点をいただきました
 
     麦秋や禾凛としてゆるぎなし
       ☆鮎太さんから、新しい視点をいただきました  
 
 
b0161171_20364486.jpg

 
b0161171_2037070.jpg

 

More +1
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-06-19 09:26 | 明日香 | Comments(14)
2010年 06月 17日

   阪田と稲渕の棚田

祝戸(明日香)の東側に隣接する大字”阪田”を散策していましたら、コの字をしたかわいい棚田を
見つけました。この日はあいにくの曇り空で代かきも不完全な状態でしたが、今では田植えもすみ、
夏の青空が、植田に映っていることでしょうね。   422
 
 
     阪田にもコの字にくねる夏の空
       ☆俳句の文字色を 黄金 ( こがね ) 色  にしてみました


       ☆阪田にて (写真の左角の大字が祝戸)
b0161171_20233367.jpg
 

       ☆稲渕にて (定点観察 祝戸や阪田の方を望む)
b0161171_20223836.jpg


More +1
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-06-17 10:29 | 明日香 | Comments(10)
2010年 06月 15日

   八釣のさなぶり

明日香の八釣ですが、定点観察の近くで撮影しました。

田植えを終えてしばらくして、”補植”を行います。
田植え機の性能が向上しても、ところどころに植え残しが出ます。
一家総出で田植えをしても、田主がひとりでこまめに手作業で
”補植”をしていきます。これが終われば田植えは一段落し、国中では
神に感謝し豊作を祈願する” さなぶり ” というお祝いをします。   421
  
  
     天佑のさなぶり祝う田主かな
       ☆俳句の文字色を 黄金 ( こがね ) 色  にしてみました
       ☆さなぶり( 早苗饗 )
       ☆国中のさなぶり餅 : 普通の餅でなく、小麦をつかった餅で ” きな粉 ” をつけて食べます
 
  
b0161171_9232155.jpg

 
b0161171_9234313.jpg


More +1
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-06-15 18:10 | 明日香 | Comments(10)
2010年 06月 13日

   八釣の苗代(なわしろ)

4月下旬、田の苗代に発芽した稲の入った苗箱を置き、ビニールシートをハウス状に
かけて苗代を覆い、特に山里では冷え込みに気をはらいます。また、潅水にも注意
しながら苗の成長を見守り、ビニールシートの除去の時期をうかがいます。

6月に入れば、田植えができるように、トラクターを使って土を細かく砕いてかき混ぜ、
土を平らにする ” 代掻き(しろかき) ” を行います。この ” 代掻き ” では、肥料も
同時に混ぜ込み、水漏れを防ぐために畦も整備します。

一連の準備が完了して田植え本番のはじまりです。   420

 
     代掻きの山の里ただ待つばかり
       ☆俳句の文字色を 黄金 ( こがね ) 色  にしてみました


b0161171_21123711.jpg

 
b0161171_2113635.jpg


More +1
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-06-13 21:13 | 明日香 | Comments(6)
2010年 06月 11日

   五月晴

カメラ G1 は車の中にできるだけ入れておくことを心がけています。
この日の朝も、旅客機が奈良盆地の上空を飛行機雲を勢いよく
ひきながら飛んでいきました。
 
新しい政権も、このように爽やかに筋を一本とおして欲しいものです。   419
 
 
     雲よせて五月の空に意地ひとつ
       ☆俳句の文字色を 黄金 ( こがね ) 色  にしてみました
 
     昼寝人色失へる雲の夢
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました
  
  
b0161171_20122058.jpg
DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6
  
 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-06-11 19:56 | 明日香 | Comments(8)
2010年 06月 09日

   五月闇

都合がつけば、夏に東京へ行けることになり、大都会の夜を想定して、
田舎の街中で植田の夜を撮影しました。
都会では撮影スポットが多いので、はやく カメラ G1 に慣れないといけません。

昼間に水をいっぱい入れて田植えが行われていましたが、夜になれば
ほぼ干上がり、一度ぐらい満水にしても駄目だといっているようで・・・・・・   418
 
 
     五月闇そぼつ大地の叫びかな
       ☆俳句の文字色を 黄金 ( こがね ) 色  にしてみました


b0161171_2194761.jpg

 
b0161171_2195828.jpg
DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6



[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-06-09 15:10 | 橿原 | Comments(4)
2010年 06月 07日

   細川の石舞台

島庄の石舞台から東へ登っていくと談山神社へたどり着く道路が今年やっと完成しました。
ですから観光客も以前に比べてさらに増えたように思います。

この途中に細川の古墳群があり、島庄の石舞台のように岩が露出しているものもあり
畦道の一部にもなっています。
水田になりますと青空を写して、細川の石舞台だけが特に際だって見えてきます。

有名な島庄の石舞台も、まほろばが小学生のころ、植田のど真ん中にありました。
現在は田んぼを国・県が買い取り、芝生を植えて公園化されて、皆さんが憩いの場
として楽しんでいます。  417
  
  
     田を植ゑてにわか浮きたる石舞台
       ☆俳句の文字色を 黄金 ( こがね ) 色  にしてみました
 
  
       ☆右奥に、二上山が・・・・・・ 
b0161171_1105729.jpg


       ☆この下の里には、有名な島庄の石舞台があります
b0161171_224546.jpg


More +1
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-06-07 18:21 | 明日香 | Comments(6)
2010年 06月 05日

   栢森の里

明日香最奥の栢森まで行って、田植えを終えた棚田を撮ってきました。
ここまで来ると空気が違います。
また、道幅も狭くなり、日照時間も短くなります。

後継ぎもでき、今年の田植えも済み、めでたいことが続いていると感じました。
ありがたいことです。   416
 
 
     嬰児のめでたき声の植田かな
       ☆俳句の文字色を 黄金 ( こがね ) 色  にしてみました

     梅雨近し小高きところ墓のあり
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました

     桜桃や子のある家に子の匂ひ
       ☆幢舟さんから新しい視点をいただきました
 
 
       ☆五月雨のとき 
b0161171_22371444.jpg
 
 
       ☆五月晴のとき
b0161171_10551978.jpg
DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6



[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-06-05 11:01 | 明日香 | Comments(10)
2010年 06月 04日

   細川の植田

曇っていましたが、久々に明日香の細川に出かけました。しかし、現地に着いたころから
雨脚が急に激しくなり、車の中から撮影しました。

この畦道からは、夕日に染まる植田と二上山が拝めます。
この時期のこの場所には、例年、数十人のカメラマンが押し寄せます。昨年でしょうか?
三脚を使用すると、持ち主が警察に不法侵入ということで連絡されるという・・・・・
それほどカメラマンのマナーが悪いのでしょう!! 実に残念なことです。

植えたばかりの早苗は雨に伏しても、翌朝には元通りに真っ直ぐに伸び、日々苗は太く
なって、青田へと・・・・・・・・・ 

新しい政権ができましたが、内外の圧力に屈しないで、今度こそ国民のために頑張って
もらいたいものです。   415
  
  
     いとけなき植田踊りて雨に伏す
       ☆俳句の文字色を 黄金 ( こがね ) 色  にしてみました


b0161171_22131420.jpg


b0161171_1892575.jpg

 

More +2
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-06-04 21:57 | 明日香 | Comments(6)