<   2010年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 30日

   畝傍駅界隈

畝傍駅界隈には、昔ながらの理髪店が今も尚存続しています。
馴染みの客がいるのでしょうが、客層も高齢化しているのでしょうね。
でもいつまでも開業していただきたいと思います。   413


     猫またぐ木舎の夏の昼さがり
       ☆俳句の文字色を 黄金 ( こがね ) 色  にしてみました
 
     下町の井戸尻尾が揺れる猫
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました
  
 
       ☆駅の北側に隣接    黒猫が我が物顔に構内外を・・・・・・
b0161171_17505713.jpg

 
       ☆駅を挟んで理髪店を・・・・・  
b0161171_17553638.jpg
DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6

 

More +4
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-05-30 11:47 | 橿原 | Comments(6)
2010年 05月 26日

   鳩の国

若いキジバトでしょうか?
飛鳥川の堤防で、連れ合いもなく、長閑に一時を過ごしていました。

5月26日の奈良は、小雨交じりの肌寒い一日でした。
今季の夏はどうなるのだろうか?   412
 
 
     夏嵐どこ吹く風の鳩ひとり
       ☆俳句の文字色を 黄金 ( こがね ) 色  にしてみました

     交番の日陰に寄れる夏の鳩
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました
 
  
b0161171_20393816.jpg

 
       ☆5月26日(水) 天候
b0161171_2232939.jpg

 

More +1
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-05-26 22:37 | 橿原 | Comments(10)
2010年 05月 24日

   札の辻

古い街並みの ” 札の辻 ” が全国的に散在しているように思いますが、八木町内
にも ” 札の辻 ” と ” 井戸の辻 ” があります。

この地点は、古代から幹線道路、「横大路」と「下ツ道」の交差点にあたり、横大路は
東西に走る道で、30~40mもの幅の道だと判明していて、難波津から竹内峠を越え
藤原京につながる官道で、いわば現代の国道1号線に該当する道でありました。

下ツ道の北端は平城京の朱雀大路になり、平城京の条里制の基準になった道でも
あります。また、南に行けば高取を経て吉野・熊野に至る幹線道路でもありました。

近世にになって高札のかかる場所として ” 札の辻 ” と呼ばれるようになり、現在に
至っています。 

この平田家は 札の辻 を挟んで、東西に2棟あり、西国名所図絵正面に描かれている
旅籠で、二階は昔のまま残っています。明治には多くの会合の舞台となりました。 

まほろばにとっても特に想い出のある辻でもあります。   411

   
     絡み合う縁の坩堝夏に入る
       ☆俳句の文字色を 黄金 ( こがね ) 色  にしてみました
       ★縁(えにし)

     河辺には葦原雀誰か呼ぶ
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました 
 
  
      ☆写真をクリックすると大きくなります 
b0161171_20441962.jpg
 
 
b0161171_21584651.jpg


More +1
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-05-24 19:41 | 橿原 | Comments(10)
2010年 05月 21日

   JR畝傍(うねび)駅

前回、写真俳句をアップするときに気付いたのですが、畝傍駅の写真が全くありませんでした。
今回は畝傍駅がわかるような写真をアップしたいと思います。写真からは全盛期の畝傍駅が
連想できると思いますが、かつて街の中心部に位置し、人の出入りも多く、旅館や食べ物屋が
たいそうな賑わいを呈していました。
最近の利用客は一日あたり 数百人 ほどで、1984( 昭和59 )年に無人駅になってしまいました。
現在、街の中心部は近鉄の八木駅 ( 利用客は一日あたり約四万人 ) 付近になり、JRの
畝傍駅より500mほど北にあります。   410

 
     途切れたることば情なし南風
       ☆俳句の文字色を 黄金 ( こがね ) 色  にしてみました
       ☆情なし ( つれなし )
  

       ☆写真をクリックすると大きくなります  
       ☆西(大和高田)へ・・・・      
b0161171_180322.jpg


       ☆1940(昭和15)年  総檜造りの貴賓室が増築(駅舎の手前半分)
b0161171_11504848.jpg

 

More  +6
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-05-21 17:46 | 橿原 | Comments(16)
2010年 05月 17日

   麦笛

まほろばが小学生の頃、通学路は砂利道で、トラックが走ると砂埃が舞い上がり
前が見えない状態がしばらく続きました。通学路の脇には、このような麦畑が一面に
連なっていました。
麦を引き抜き、麦笛を鳴らして友達と一緒にたびたび帰ったものでした。   409

 
       道すがら麦笛吹けど影ひとつ
       ☆俳句の文字色を 黄金 ( こがね ) 色  にしてみました

       空の青畦の緑や麦の秋
       ☆千秀さんから新しい視点をいただきました

       麦笛を上手く鳴らせず泣く子かな
       ☆幢舟さんから新しい視点をいただきました

       小判草猫にも吾にも無縁なり
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました
       ☆吾(あ)
 
 
b0161171_1532548.jpg

 
b0161171_15332127.jpg

 
 

More +1
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-05-17 20:26 | 桜井 | Comments(8)
2010年 05月 16日

   お召し列車

明治26年5月23日に開業した畝傍(うねび)駅近くに珍しい道路標識を見つけて
懐かしくなり撮影してきました。この畝傍駅に皇族が降りられたのは三度あります。

☆1928(昭和3)年  昭和天皇 神武天皇陵・橿原神宮に参拝
  <蒸気機関車に連結されたお召し列車が到着したと聞きます>
☆1940(昭和15)年  昭和天皇 皇紀2600年大祭に、このとき総檜造りの貴賓室が増築
☆1959(昭和34)年  皇太子夫妻(今上天皇・皇后)
 
現在はJR西日本の万葉まほろば線(単線)の畝傍駅で、かつては東京行きの特急が停まり、
貨物専用プラットホームもあり、また、汽車が走り石炭の貯蔵所もありました。
中学時代までは、駅員さんも十人程度は働いていて、学生時代には、ここで横浜行きの
切符を買った記憶もあります。   408
 
 
       夏立ちてお召し列車の煙立つ
       ☆俳句の文字色を 黄金 ( こがね ) 色  にしてみました
       ☆煙 ( けぶり )
  
 
b0161171_1340559.jpg


       ☆二上山も見えます 
b0161171_13483678.jpg

 

More  +3
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-05-16 09:00 | 橿原 | Comments(10)
2010年 05月 12日

   雛芥子(ひなげし) ポピー

雛芥子の容姿を見ると、竹久夢二の 『 水竹居 』 ・ 『 黒船屋 』 を想い出してしまいます。   407
 
 
       風よびて彼の人のもと夏衣
 
       爪紅のこころ揺れゆく夏衣
       ☆俳句の文字色を 紅緋 (べにひ)色  にしてみました
       ☆爪紅 ( つまべに ) ・・・・・ 手の爪に紅を塗ること
       ☆爪紅 ( つまくれない、つまぐれ ) ・・・・・ ホウセンカの異名、[季]秋
 
 
b0161171_1730172.jpg


b0161171_17303416.jpg


More +1
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-05-12 17:50 | 明日香 | Comments(12)
2010年 05月 08日

   アネモネ 夏きざす 

藤原宮跡を散策していたときに撮影した花で、農家の方が丁寧に アネモネ を栽培されていました。
雲一つない空の下、実に美しく咲いていて、ファインダーの中、シルクのブラウスを想い出しました。   406
 
 
       匂い立つ白きブラウス夏の空
       ☆俳句の文字色を 紫水晶 (むらさきすいしょう)色  にしてみました

       滝壺の裾に控えし四十雀
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました

       乙女等の声は純白風薫る
       ☆幢舟さんから新しい視点をいただきました

       薫る風に白き領巾振る花一華
       ☆snowdropさんから新しい視点をいただきました
       ☆領巾 ( ひれ )
 
 
      ☆写真をクリックすると大きくなります
b0161171_17541581.jpg


b0161171_17521939.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-05-08 08:00 | 草花 | Comments(16)
2010年 05月 07日

   赤い三輪車

藤原宮跡を散策していて、農家の畑に咲いている花 ( アネモネ ) をみつけて、
ここの方のお許しを得て、紅蜆蝶(ベニシジミチョウ)と花を撮影しました。
風も雲もなく撮影にはいい条件が揃っていました。

幢舟さんの俳句を拝見し、お願いして、この写真にいただきました。
ありがとうございました。

久々に Sonnar T* 135mm F1.8 のレンズを使う機会ができました。

今またなぜ?  液体ナトリウムのパンドラの箱を開けるのか!   405


       夏初月未だ治世の煮え切らぬ

       もんじゅ燃ゆ夢また夢の夏初月
       ☆俳句の文字色を 猩々緋 ( しょうじょうひ ) 色 にしてみました
 
 
       陽炎の中より赤き三輪車
       ☆幢舟さんから新しい視点をいただきました。


      ☆写真をクリックすると大きくなります
b0161171_6253623.jpg

 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-05-07 06:15 | 草花 | Comments(9)
2010年 05月 06日

   初節句

初節句ということで、” 柏餅 ” と ” ちまき ” を持ってきていただき
好きなこともあり、柏餅や笹粽はあっという間になくなってしまいました。
嬰児の拳は小さく柔らかくて愛らしく、作りたての柏餅のようですね。
指を握らしたら、しっかりと握りかえしてくれる頼もしさもあります。

行きつけの和菓子屋は、昨夜からさぞかし忙しかったのでしょうね。
今夜は、ゆっくりと休んでください。

Panasonic G1 の AF の精度は、sony の α900 より優れていると思います。
ズームレンズ の AF がこれほどまでに気楽に撮影できるとは・・・・・・・・・
sony のレンズにも影響がありそうで、自分自身が恐ろしいです。   404
 
 
       嬰児の拳のちから柏餅(笹粽)
       ☆俳句の文字色を 若草色 (わかくさいろ) にしてみました
       ☆嬰児 ( みどりご ) 
 
   
b0161171_1911713.jpg
 DMC-G1 + DMW-MA1 + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 

 


[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-05-06 05:13 | つぶやき | Comments(6)