<   2010年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 31日

   石舞台の桜

石舞台の桜が七分咲き程度になってきましたので、多くのカメラマンが早朝から撮影されていました。
一歩前へ踏み込むのが”写の極意”だと思いますが、仲のよさそうな古老のお二人がまほろばの前へ
するすると・・・・・・・・・、写真を撮る真剣な姿勢を見習わなければなりませんね。
お二人を弁護しますが、通路がありますので菜の花畑を荒らしているのではありません。
この後、ほんの少しですが写真談義をさせていただきました。   393
  
 
       里桜一二歩前の写の極意
       ☆俳句の文字色を 菜の花色 (なのはないろ) にしてみました

       誰しもが桜と言いし桜撮る
       ☆千秀さんから新しい視点をいただきました

       握り飯鬼の窟の桜狩
       ☆よし さんから新しい視点をいただきました
       ☆鬼の窟・・・・・ おにのいわや
 
 
      ☆写真をクリックすると大きくなります 
b0161171_22243392.jpg

 
b0161171_22253053.jpg

 

More +3
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-03-31 08:00 | 明日香 | Comments(10)
2010年 03月 30日

   山茱萸と野仏

明日香の隠れ里を昨年に見つけたときは、山茱萸の旬は少し過ぎていました。
昨年のブログをたよりにして、20日に山茱萸の撮影をしてきました。
ブログにアップしておきますと、日記のようで、いつ頃どこへ行けば良いかが
わかり便利ですね!

この山茱萸の広々とした林へ登って行く途中、天を仰ぐようにして野仏が
和やかに横たわって眺めていました。まるで浄土の世界にいるようでもあり、
感謝の気持ちを込めて手を合わしてから撮影させていただきました。   392


       天仰ぎ山茱萸の華満を持す
       ☆俳句の文字色を 蒲公英色 (たんぽぽいろ) にしてみました

       山路に狐の牡丹ぴょんと出る
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました


b0161171_2020324.jpg
 

b0161171_20203930.jpg


      ☆写真をクリックすると大きくなります
b0161171_21551373.jpg


More +3
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-03-30 05:19 | 明日香 | Comments(4)
2010年 03月 29日

   花巡り

香具山に隣接して”古池”という池があり、そのまわりに葦と桜の木があります。ここの桜は
二分咲き程度で、見頃は今週末ごろだと思います。

メカが大好きで、カメラも好きなまほろばですが、” マイクロフォーサーズのカメラ ”がある雑誌に
特集として掲載されていて、じっくり読んでしまいました。以前から知識としてはありましたが、
実体までは知りませんでした。

2008年8月5日にマイクロフォーサーズの規格がスタートして、現在はオリンパス・パナソニック・
シグマ(レンズのみ)が参画しています。

まほろばを魅了してしまったのは何かといいますと、” 一眼ではあるが一眼レフでない ”という
ミラーレスの構造により、カメラのフランジバック(撮影素子とレンズの取り付け面までの距離)が
約20mmと極端に短くなるという点です。

ですからマウントアダプターさえあれば、MFですが世界のほぼすべてのレンズが装着できます。
純正のマウントアダプターは数点ありますが、サードパーティからのマウントアダプターは数多く
製品化されています。
歴史が2年弱と浅いが、このマウントアダプターによってレンズ遺産が復活するという面白さ!・・・・・・   391


       縁結ぶさらのカメラの花巡り
       ☆俳句の文字色を 薄桜 (うすざくら) にしてみました
       ☆” さら ” ・・・・・・ 関西の方言で ” 新品の ”

       玉萵苣や噛めば歯切れの良き音で
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました
       ☆玉萵苣 (たまぢしゃ) ・・・・・・・・・  球状のレタス
 
  
      ☆写真をクリックすると大きくなります 
b0161171_2175898.jpg

 DMC-G1 + M42マウント + Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS  


 

b0161171_21123992.jpg

 α900 + 135mm F2.8 STF  



More +1
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-03-29 06:26 | 明日香 | Comments(4)
2010年 03月 28日

   春の夢 万葉展望台

談山神社の駐車場から、息をきらしつつ山道を3kmほど歩いて藤本山万葉展望台に
つきました。誰もいないこの展望台は、明日香や国中を見渡すのに最高のところで、
稲渕の棚田・石舞台・飛鳥寺・畝傍山・耳成山・二上山・金剛山・葛城山・母校・拙宅
などなど、青春の想い出までも見えそうです。
春霞で実際には拙宅は見えませんでしたが、画像を原寸大に拡大すると米粒のような
拙宅がありました!

稲渕の菜の花畑(3月22日)の写真とは逆方向からの眺めですが、車で横付けできない
この藤本山万葉展望台に、一度は・・・・・・・・・   390


       想い出を探しにくれば春の夢
       ☆俳句の文字色を 菜の花色 (なのはないろ) にしてみました

       春霞大和三山神の山
       ☆千秀さんから新しい視点をいただきました


       ☆稲渕の棚田・高取・金剛山
b0161171_22305725.jpg

 DMC-G1 + M42マウント + Carl Zeiss Distagon T* 35mm F2 ZS  



       ☆石舞台・橘寺・高取・金剛山・葛城山 
       ☆写真をクリックすると大きくなります 

b0161171_86922.jpg


       ☆甘樫丘・和田池・畝傍山・二上山 
b0161171_2229889.jpg


       ☆耳成山・矢田丘陵(矢田山・松尾山)・生駒山 
b0161171_22292976.jpg

 

More +3
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-03-28 08:56 | 明日香 | Comments(2)
2010年 03月 27日

   稲渕の菜の花

早朝、庭に出てみれば水鉢には薄氷がはり、霜まで降りていました。
長閑な休日が期待できるのでしょうか・・・・・・・・・

昨年と同じポイントから明日香の写真を撮るのがまほろばの楽しみであり、
ちょっとしたプチ贅沢です。
また、春が弾けるようになった稲渕のこの場所はまほろばのお気に入りの
一つでもあります。
余裕があれば、明日香全体をもっとゆったりと散策したいです。

まほろばの両サイドには写っていませんが、多くのカメラマンが列んで
いて、結構!賑やかですよ。   389
 
 
       春陽にさそい誘われそこかしこ
       ☆俳句の文字色を 菜の花色 (なのはないろ) にしてみました

       春の鳩大きい縄は手に余り
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました
 

      ☆写真をクリックすると大きくなります  
b0161171_20215534.jpg

 
b0161171_2023556.jpg

 

More +1
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-03-27 09:15 | 明日香 | Comments(6)
2010年 03月 26日

   ムスカリ

山里に日向水木があるのでうかがいに行ったら、土手の端に誰が植えたのか?
ムスカリが沢山咲いていました。
色合いや姿に瑞々しさがあり、今が伸び盛りの子供達のようなムスカリのように感じました。
随分と昔になりますが、まほろばも一年間で10cm以上も身長が伸びた記憶があります。
全校集会のとき、出席番号順に整列するたびに成長を実感し、嬉しくもあり誇らしげでも
ありました。今はただただ縮むだけですが・・・・・・・・・・・・   388

 
       目覚むれば弾ける春の背くらべ
       ☆俳句の文字色を 菫色 (すみれいろ) にしてみました


b0161171_22132281.jpg


      ☆写真をクリックすると大きくなります  
b0161171_22135198.jpg

 

More +2
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-03-26 05:49 | 明日香 | Comments(4)
2010年 03月 25日

   阪田の連翹・雪柳と棚田

明日香村阪田の棚田を眺めると、なにやら白い花と黄色い花が沢山咲いていました。
近寄ってみると、雪柳と連翹が今盛りとなっていました。
おまけにこの高台から稲渕の方を眺めると、見慣れぬ長閑な棚田が広がります。
この光景は、まほろばにとってとても新鮮なものでした。また。棚田の向こうには、
金剛山や葛城山も拝むことができます。
つまり3月22日の写真(稲渕の菜の花)とは逆向きですね!   387
 
 
       春陽の迷い道ありこれもよし

       麗らかやあの道この道迷い道
       ☆俳句の文字色を 菜の花色 (なのはないろ) にしてみました

       春霞明日香の里の化粧かな
       ☆千秀さんから新しい視点をいただきました

       真夜中に獲りし浅蜊の動く音
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました 
 
  
      ☆写真をクリックすると大きくなります 
b0161171_1926549.jpg

 
b0161171_19271492.jpg


More +2
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-03-25 05:20 | 明日香 | Comments(6)
2010年 03月 24日

   白木蓮

まほろばは多くの方々との出会いがありましたが、特に印象的なそして決定的な
出会いもありました。
出会いによって、その後の人生も大きく変わることもありますね。

真っ白な白木蓮と里山の背景を意識しながら写真を撮りましたが、さて?!
白木蓮はどのように・・・・・・・・・・
里山ですから、背景に、田んぼ・青空・畦・幹・里山・沈丁花などがあります。
障害物もなく、まほろばは360度動き回ることができますので、この場所に
小一時間ほど滞在して、あれこれと撮影を続けました。   386
 
 
       何色のパステルお好き春は好き

       何色のパステルお好き白木蓮
       ☆俳句の文字色を 菜の花色 (なのはないろ) にしてみました

       白木蓮を上から見たき花姿
       ☆千秀さんから新しい視点をいただきました

       水いろの空に浮かべる木蓮のヴァニラおびたるつつましき白
       ☆snowdropさんから新しい視点をいただきました

 
      ☆写真をクリックすると大きくなります  
b0161171_6465584.jpg

 
b0161171_6471471.jpg

 

More  +4
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-03-24 07:42 | 明日香 | Comments(6)
2010年 03月 23日

   畦の土筆

先日の春嵐の後ですが、朝一番に山里の白木蓮を撮りに行きました。
里山に守られていたのか、白木蓮の花は無傷の状態でした。
白木蓮を何枚か撮った後、畦道を戻る途中に土筆を見つけて
匍匐前進して撮影してきました。
里山ですから空気はとても澄み切っていました。   385


       土筆野のほふく前進何人ぞ
       ☆俳句の文字色を 菜の花色 (なのはないろ) にしてみました

       土筆立つ春の息吹の誇り持ち
       ☆千秀さんから新しい視点をいただきました
 
 
      ☆写真をクリックすると大きくなります 
b0161171_214159.jpg

 
b0161171_82738100.jpg

 

More +2
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-03-23 07:17 | 明日香 | Comments(4)
2010年 03月 22日

   稲渕の菜の花

稲渕の棚田に朝陽があたるのを、棚田の上段で早朝から待ちかまえていましたら
続々とカメラマンが集まってきました。皆さん、この瞬間を知っているんですね!
談山神社の峰から朝陽が差し込みはじめると、丁度菜の花畑から目覚めはじめます。
まさに金色の菜の花畑が・・・・・・・・

2枚目の写真には、黄水仙・土佐水木・連翹・菜の花が共演しています。   384


       陽とともに首座の菜の花あかあかと
       ☆俳句の文字色を 菜の花色 (なのはないろ) にしてみました
 
       菜の花や一面黄色我も嬉に
       ☆千秀さんから新しい視点をいただきました
 
 
      ☆写真をクリックすると大きくなります 
b0161171_644272.jpg

 
b0161171_6444864.jpg


More +2
[PR]

by mahoroba-shahai | 2010-03-22 15:12 | 明日香 | Comments(6)