「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:奈良( 30 )


2016年 08月 20日

 ブル-ベリ-楽園

今年も来てしまった標高500mのブル-ベリ-楽園
数種類のブル-ベリ-が約100本植えてあり、毎年、たくさんの友人が
ブル-ベリ-と語らいを求めて集うという。
この日は主を含めて3人、皆が同級生なので、和気藹々と摘みはじめたが
日が射してからは、やはり汗だくになり、2時間が限度だった。


b0161171_07393811.jpg
 
DMC-GX7 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8  2016-08-19



幾らかの写真へ
[PR]

by mahoroba-shahai | 2016-08-20 07:54 | 奈良 | Comments(2)
2015年 08月 27日

 ブル-ベリ-楽園での集い

今年も来てしまった 吐山 標高500mのブル-ベリ-楽園
数種類のブル-ベリ-が約100本、仲間うちで採るには十分すぎる広さと本数だ!
友人は、年に一度、多くの仲間と会えるのを楽しみに、毎年本数を増やし、この農園を
充実させた。 
この日は主を含めて3人、皆が顔見知りなので実に気楽だ!
熟れた実を食べながら、摘み取るは楽しいが、斜面を何度も移動したのでとても
疲れてしまった。


 ☆友人が中心となり管理する農業用ため池( 赤・白の睡蓮 )
b0161171_19015374.jpg
 
DMC-G1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8  2015-08-26




幾らかの写真へ
[PR]

by mahoroba-shahai | 2015-08-27 15:41 | 奈良 | Comments(10)
2015年 08月 18日

 奈良の大仏さん

「 奈良の大仏さん 」と呼んでいるが、正式には「 東大寺盧舎那仏像 」という。
あるご縁があって、2004年11月15日、須弥壇に上がることができ、
持宝院住職より講義までしていただいた。( 今ではすっかり忘れて・・・・・ )
階段のゲ-トが開き、壇上に立って見上げる大仏さんは静寂の別世界だった。
暗いところに慣れていなくて、ブレがきつく、あまりアップしてこなかったが
少しでも雰囲気を伝えたくて・・・・・・

カメラは、仕事に使っていたオリンパスの CAMEDIA C-5050ZOOM
 2002年11月23日(販売)
 35mm~105mm(35mmフィルム換算)の光学3倍ズームとF1.8
 500万画素CCD  画像サイズは2,560×1,920ピクセル 
 3cmまでの至近距離で撮影ができるスーパーマクロ機能


b0161171_21293333.jpg




幾らかの写真へ
[PR]

by mahoroba-shahai | 2015-08-18 05:55 | 奈良 | Comments(10)
2015年 03月 27日

 奈良・京終駅

トヨタ車の車検のために、京終にある営業所に行ってきた。
片道1時間ほどかかるが、わざわざこの営業所に行く理由は、営業マンの
人柄に惚れ込んでいるからだ!
20年ほど前に、1台の新車に対して実に丁寧にわかりやすく説明してもらい、
それ以来の付き合いだ。

1時間ほどの整備検中に、JRの京終(きょうばて)駅 へ行ってみた。

C/Y(コンタックス/ヤシカ)マウントの Planar T* 85mm F1.4 MM
レンズ構成 5群6枚、2005年 2月に製造中止となり、まさにオールドレンズの
仲間入りしているレンズ・・・・・


b0161171_16215672.jpg
〇〇〇 + Planar T* 85mm F1.4 MM



幾らかの写真へ
[PR]

by mahoroba-shahai | 2015-03-27 17:58 | 奈良 | Comments(2)
2014年 09月 04日

 稔りの秋

奈良盆地の標高は約60mだが、昨日は奈良市の都祁吐山へ出かけてみた。
友人宅の標高500mだから、実に440mほど高いところにあり、穏やかな秋を
味わうことができる。
 
途中、車の窓を開けて走ると、風は実に爽やかであり、気分爽快になった。

何度うかがっても、人間界の音は全くなく、林の小枝や葉がこすれる音だけが
するだけだった。
また、土間をすり抜ける風が、実に爽やかで、会話も弾んでしまう。
稲穂もたわわに稔り、稲刈りを、ただただまつばかりだった。
 

       豊の秋濁世に染まるところなし
 
       秋の風作らぬ里の門構え
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:豊の秋(秋)  603 604
       ☆濁世(じょくせ)
       ☆門(かど)


b0161171_20313438.jpg

   ブルーベリー
b0161171_07135750.jpg

   ブルーベリーの楽園 ( 品種で6種、合計で約120本 )
b0161171_21044927.jpg

b0161171_07475047.jpg

b0161171_20332490.jpg

b0161171_20333495.jpg

 DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6  

 



[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-09-04 07:03 | 奈良 | Comments(8)
2014年 08月 22日

 処暑

明日は、処暑!

この夏は、明日こそ夏空かな?と思い続けて、過ぎ去ろうとしている。
局地的豪雨で、日本列島がこれほどまでに痛めつけられた夏は、
かつてあっただろうか?!
はやく天候が落ち着いて欲しい。


       処暑なれど雨はいらぬとすがるもの
       ☆俳句の文字色 桜色(さくらいろ) 
       ☆季語:処暑(秋)  599

       雨蛙 嫦娥の月を まねびおり
       ☆snowdropさんからいただきました 
       ☆季語:雨蛙(夏)


b0161171_1964428.jpg

   ブルーベリーの楽園
b0161171_197881.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

   天女 と 羽衣 のよう!    
   薬師寺東塔の水煙
b0161171_1985923.jpg


  すゐえん の あま つ をとめ が ころもで の ひま にも すめる あき の そら かな
     

  (水煙の 天つ乙女が 衣手の ひまにも澄める 秋の空かな)  会津八一

  ☆天つ乙女:楽をかなで、空中を飛行する天女
  ☆ひま:すきま、ここでは天女の衣の袖の間ということ

薬師寺西塔 相輪[そうりん]の上部に水煙 <火災にあわぬようにとの願いをこめて>  2013-04-06
b0161171_15313015.jpg

薬師寺 駐車場からの裏門入り口
b0161171_15292993.jpg

 DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6  


[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-08-22 19:08 | 奈良 | Comments(11)
2014年 08月 21日

 花木槿

友人宅の木槿は、我が家の木槿とDNAは完全に一致する。
友人が挿し木をして増やした苗木を我が家に頂いたからだ。

朝方に開花した花は夕方にはしぼんでしまう「一日花」だが、
6月下旬から9月まで、毎日咲き続けてくれる有り難い花だと思う。


       花木槿今日を限りと紅を差す
       ☆俳句の文字色 桜色(さくらいろ) 
       ☆季語:花木槿(秋)  598


       婆娑羅髪野良で廓の姉想う
       ☆snowdropさんからいただきました 


b0161171_1934536.jpg

b0161171_1951430.jpg

b0161171_19133118.jpg

 DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6  


[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-08-21 19:04 | 奈良 | Comments(6)
2014年 08月 20日

 山里の空はもう!秋

奈良市でも、ここが奈良市?というところが都祁吐山町だ!

早朝から友人宅へ出かけたら、空はすでに秋に・・・・・・・・・・
日本各地で局地豪雨により被害が出ているが、いつの間にか?
秋が忍び寄ってきているようで、とても驚いた!
また、湿度が低く、空気は澄み、吹く風も実に爽やかだった。

奈良盆地の稲刈りは11月ごろだが、ここは、9月下旬にもなれば
稲刈りがはじまる。


       知らぬまに稲穂もめだつ山の里
       ☆俳句の文字色 桜色(さくらいろ) 
       ☆季語:稲穂(秋)  597

       霊芝雲帆翔(はんしょう)はじめ古都に秋
       ☆snowdropさんから俳句いただきました。 
       ☆帆翔(はんしょう):鳥が翼をひろげたまま風に乗って飛ぶこと。


b0161171_20425171.jpg

b0161171_20432087.jpg

----------------------------------------------------------------------------------------------------------


  すゐえん の あま つ をとめ が ころもで の ひま にも すめる あき の そら かな
     

  (水煙の 天つ乙女が 衣手の ひまにも澄める 秋の空かな)  会津八一

  ☆天つ乙女:楽をかなで、空中を飛行する天女
  ☆ひま:すきま、ここでは天女の衣の袖の間ということ


相輪[そうりん]の上部に水煙 <火災にあわぬようにとの願いをこめて>
b0161171_15313015.jpg

駐車場からの裏門入り口
b0161171_15292993.jpg

 DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6  


[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-08-20 20:45 | 奈良 | Comments(8)
2014年 04月 01日

   佐保の姫

今日は4月1日、新たな年度のはじまり!
行き交う人たちの中に、新たなスーツ姿の若者が目立っていた。
3月は、別れの月!
慣れ親しんだところへも、もう!通うこともなし・・・・・・・・

赤花と白花の紫蘭を届けに、久々に伺ってみたが、毎日、この緩やかな坂道を登り切ること自体に
価値がある
と改めて思った。
その帰り道、かつて満開の桜を撮影した佐保川(2009年4月11日)に立ち寄ってみた。
佐保川は柳生に発し、若草山の北側、佐保山の南側を流れて奈良盆地に流れ込む。
この佐保山に春の女神である佐保姫が住むという?!

川沿いの道を歩きながら、時には川岸まで降りて行き、いろいろな角度から桜並木を撮影し、
久々に思い存分シャッターを切った。
春の日差しを感じながら2kmは歩いただろうか? 流石に、冬とは違い、暫く歩くと汗ばんできて、
喉の渇きも感じられた。時折、お弁当をひろげている家族連れや老夫婦も見かけた。


       風光るあかぬ別れの佐保の川
       ☆俳句の文字色を 薄桜 (うすざくら) に
       ☆季語:風光る(春)  576


b0161171_1923529.jpg

   クリックすれば拡大!
b0161171_20815100.jpg

b0161171_20232178.jpg

b0161171_20202860.jpg

b0161171_2023394.jpg

b0161171_20244232.jpg

b0161171_20282026.jpg

b0161171_714197.jpg

 DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6  


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

b0161171_22121870.jpg

 DMC-GX7 + M42-M4/3マウント + Carl Zeiss Jena DDR Tessar 50mm F2.8 (ゼブラ模様) 

  

[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-04-01 20:55 | 奈良 | Comments(6)
2014年 03月 13日

   青空に飛行船「スヌーピーJ号」!

昨日の朝9時45分ごろ、飛行船「スヌーピーJ号」は、奈良県と京都府の境を、大阪から名古屋の方向へ進行していきました。
雲一つ無い青空に、いつものパン屋さんのところ で飛行船を眺めることができて、なにか嬉しい気分になることができました。

飛行船は意外と高いところを、速く進んで行くので、シャッターチャンスがあまりませんでした。
このようなとき、ズームレンズは役立ちますね!

些細なことですが、いつもと違う出来事に感謝してしまいました。
歳のせいでしょうか?!


b0161171_2016275.jpg

b0161171_20167100.jpg

 DMC-GX7 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6  


[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-03-13 06:40 | 奈良 | Comments(4)