カテゴリ:明日香( 524 )


2009年 07月 07日

   立葵

今日は 7月7日 七夕 です。

先日、小雨交じりの朝に、明日香の栢森(最奥)へ行ってきました。
空気は澄んでいるし誰もいないし・・・・・・・
これだけ瑞々しい立葵を眺めたのははじめてで、やや興奮しながら
シャッターを押していました。   296 s


       立葵明けて別れの雫かな
       ☆俳句の文字色を 薄桜 (うすざくら) 色 にしてみました

       楚々として遣らずの雨や立葵
       ☆俳句の文字色を 薄桜 (うすざくら) 色 にしてみました


       黄昏に灯りしままの唐葵
       ☆よし さんから新しい視点をいただきました

       立ち難き明日香栢森立葵
       ☆道州 さんから新しい視点をいただきました

       七夕につばらつばらや明日香あり
       ☆千秀 さんから新しい視点をいただきました
       ☆つばらつばらや = (万葉言葉)しみじみと、心ゆくままにの意

       明日香風 朋の写真に 風薫る
       ☆千秀 さんから新しい視点をいただきました


b0161171_6205170.jpg


b0161171_6232329.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2009-07-07 21:15 | 明日香 | Comments(14)
2009年 07月 03日

   花石榴

学生のころ、公害に関心がありましたので、書籍や講演などから人一倍
勉強しました。

新日本窒素肥料(現在はチッソ)の歴史は古く、1906年に端を発します。
新日本窒素肥料は、当時水俣に君臨した日本のトップ企業で、技術的にも
優れたものがありました。ただ、工場廃液を無処理のまま垂れ流したことも
事実です。

1949年ごろから水俣湾で漁獲量げ激変して、1952年に初めての水俣病が
発症しました。
水俣に君臨する当時の会社に抗議することは”死”を意味することでもありました。
その後の会社、熊本県、国の住民に対する対応は、まさに権力による弾圧
そのものであったことは忘れることができません。

水俣病が発症してまもなく、会社の附属病院の医師が猫に廃液混じりの餌を
与えたところ病気になったことを確認しました。その事実を会社の経営者が
隠蔽したことも忘れることができません。
このとき、事実を隠蔽するための”御用学者”がいるということを知りました。

御用学者の身なりは良いが、庶民の側に立つ学者の身なりは質素そのもので
このとき、まほろばは世の中の妙なシステムを肌で感じました。   293 s


       水俣の影なき叫び花石榴
       ☆俳句の文字色を 緋 (ひ) 色 にしてみました


b0161171_6251711.jpg


b0161171_6253462.jpg


More +1
[PR]

by mahoroba-shahai | 2009-07-03 19:34 | 明日香 | Comments(6)
2009年 06月 30日

   はつ蓮

蓮が咲いているかと明日香の橘寺近くにある小さな小さな蓮池へ出かけましたが
まだまだ蕾が多く開花していたのは5輪でした。開花状況は昨年とほぼ同じですね。
カメラの位置と角度を調整すると二上山(二神山)が写るようになりました。   292 s

昨年のここでの蓮01 (2008/6/26)
昨年のここでの蓮03 (2008/7/05)


       二神と背丈くらべの初の蓮
       ☆俳句の文字色を 真朱 (まそお) 色 にしてみました

       二神の山も目覚めん青薄
       ☆よし さんから新しい視点をいただきました

       蓮の花凛と二神を望みけり
       ☆鎌ちゃん さんから新しい視点をいただきました


b0161171_22421680.jpg


b0161171_22423318.jpg

 
 

More +2
[PR]

by mahoroba-shahai | 2009-06-30 05:47 | 明日香 | Comments(13)
2009年 06月 29日

   煙の木 <スモークツリー>

昨年、明日香の八釣に向かう坂道の傍らで、”煙の木”を見つけました。
今年は剪定してあるので、こざっぱりした”煙の木”でした。

煙の木 の別名は、 スモークツリー 、 白熊の木(はぐまのき) 、 霞の木(かすみのき)   291s


       殿ぶてば暗雲垂れし煙の木
       ☆俳句の文字色を 牡丹鼠 (ぼたんねず) 色 にしてみました
       ☆打つ (ぶつ) 演説する


b0161171_22324747.jpg


b0161171_2233961.jpg

  
  

More +1
[PR]

by mahoroba-shahai | 2009-06-29 06:35 | 明日香 | Comments(6)
2009年 06月 27日

   葉薊(はあざみ) アカンサス

明日香の八釣にも棚田での慌ただしい田植えがほぼ終わり、すっかりと落ち着きを取り戻しました。
空梅雨の中、早苗が日々大きく成長していて、青田になるのも間近だと思います。
農道の土手に桜の木があり、その木陰のまわりに旬の葉薊や立葵が咲き誇っています。
季節の移り変わりを、同じ場所で味わえることの有り難さを・・・・・・・・・・・・

葉薊(はあざみ)の別名としては ”アカンサス” です。
明日香を散策していて、名前も知らない花と出会えたことに、写真俳句のお陰だと感謝しています。
花の名前を調べ上げたときの喜びは、滅多にできない良い俳句ができたときの喜びに匹敵します。   289 s

       棚田澄み そよと揺るるや アカンサス
       ☆俳句の文字色を 苗 色 にしてみました

       アカンサス問へば異国の薊とや
       ☆道州さんから新しい視点をいただきました


b0161171_645166.jpg


b0161171_6452974.jpg


 

More +1
[PR]

by mahoroba-shahai | 2009-06-27 07:31 | 明日香 | Comments(12)
2009年 06月 26日

   八釣の植田

明日香の八釣
ここは蝋梅の木々があるところでもあり、まほろばお気に入りの場所です。
折しも、この日は”父の日”、母と子による二人だけの田植えが行われていました。
父の姿はなく、どう?されたんでしょうか。
奈良盆地の田植えの時期は、6月上旬が基本で、2週間ほど遅いと思います。
ほぼ西にある畝傍山・二上山(二神山)は暖かく見守ってくれているように感じました。   288 s


       父なくも二神やさし植田かな
       ☆俳句の文字色を 勿忘草 (わすれなぐさ) 色 にしてみました

       母投げし早苗無言の子が植うる
       ☆道州 さんから新しい視点をいただきました


b0161171_1864592.jpg


b0161171_187339.jpg

 
 

More +1
[PR]

by mahoroba-shahai | 2009-06-26 07:31 | 明日香 | Comments(8)
2009年 06月 24日

   棚田の大植田

先日の日曜日、稲渕ではオーナーによる田植えが行われていました。
ここの棚田では、一部の田んぼでオーナー制になっていて、田植えや
稲刈りなどの指導があります。
ここの水は澄んでいますから、さぞかし新米は美味しいことでしょう!!
道路の脇には、遠方からこられた車(50台程度?)がずらりと列んで
いて、棚田はたいそう賑やかでした。
素人の植えた苗の列は右に左に不揃いですが、兎に角列んでいました。
後から地元の農家の方が苗を修正されるんでしょうね!   287 s

 
       不揃いの苗ばかりなり大植田
       ☆俳句の文字色を 萌黄 (もえぎ) 色 にしてみました

       過疎村の一日はなやぐ田植かな
       ☆道州 さんに新しい視点をいただきました


b0161171_17492717.jpg


b0161171_17495727.jpg

  
  

More +2
[PR]

by mahoroba-shahai | 2009-06-24 20:42 | 明日香 | Comments(10)
2009年 06月 23日

   合歓の花

日曜日、草引きの合間に明日香に行きましたが、稲渕の合歓の木には一花しか咲いていませんでした。
今週中には次々と咲き続くだろうと思います。
稲渕の棚田の一部がオーナー制になっていまして、父の日と重なり”田植え祭り”が行われていました。
近畿から親子連れで訪れ、たいそう賑わっていました。やはりここは父の出番だと・・・・・・・   286 s

2008/06/19 合歓の花(稲渕)


       旗がしら吾に続けと合歓の花
       ☆俳句の文字色を 赤紫 (あかむらさき) 色 にしてみました

       雨の間にそれ一点の合歓は咲く
       ☆よし さんから新しい視点をいただきました

       花合歓の一花うつらと咲き初むる
       ☆道州 さんから新しい視点をいただきました


       ☆トリミングしてみました
b0161171_22172763.jpg


b0161171_1739529.jpg


 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2009-06-23 18:33 | 明日香 | Comments(10)
2009年 06月 22日

   蛍袋

「エコポイント」なる制度は、いったい誰のためのものなのか?
どのような制度なのか?わかりやすい解説もなかったような気がする。
この制度が長く続くとは思わないし、エコポイントを得るためには大型液晶テレビ、
ハイブリッド車などを購入する必要がある。
質素な生活をしている我が家には、急いで購入するためのお金もない。

この制度を仕切っているのが財団法人省エネルギーセンター(ECCJ)で、
経産省の天下り先だと聞く。この期間におまけしたお金は誰が払うの??
つまり何も買わなかった我が家のような庶民の税金でまかなわれるような・・・・・   285s


       エコの渦ゆらりゆらりとはつ蛍
       ☆俳句の文字色を 乳白 ( にゅうはく) 色 にしてみました

       蛍飛ぶ夢は故郷の山と川
       ☆よし さんから新しい視点をいただきました


b0161171_2042619.jpg


b0161171_662873.jpg


More +1
[PR]

by mahoroba-shahai | 2009-06-22 22:31 | 明日香 | Comments(8)
2009年 06月 05日

   薔薇 2

1846年にJenaで天体望遠鏡や顕微鏡などを製造しはじめた Carl Zeiss社 は、第二次世界大戦後、
アメリカとソ連との懸引きにより、東のCarl Zeiss Jena と 西のZeiss Opton に分断され、
東西ドイツ再統合されるまで、Zeiss社 は二つあったことになります。
Flektogon 35mm F2.8 (Carl Zeiss Jena社)では、製造時期の違うレンズを数本ほど愛蔵しています。

”ツァイス 激動の100年” <新潮社> 1995/08/30 を読みますと、レンズのレベルや思想の高さに
惚れ込んでしまいます。またCarl Zeiss社の悲劇も併せて理解することができます。  275 m
 

       薔薇の彩Jena匠の極みかな

       薔薇の彩薄幸Jenaの玉おもし
       ☆俳句の文字色を 薔薇 色 にしてみました
       ☆Jena (イエナ)


b0161171_21422883.jpg


b0161171_21424432.jpg


More +1
[PR]

by mahoroba-shahai | 2009-06-05 19:25 | 明日香 | Comments(12)