2017年 07月 22日

 木製外灯 平成の解体修理 完

木製外灯を取り外し、丹念に部品を清掃・磨き上げをしながら
幾度も、組み立て手順を推測した。
また、風邪などをひいてしまい、解体修理が大幅に遅れてしまった。
木製外灯の設置手順をアップして、修理するときの備忘録に・・・・


b0161171_05113861.jpg
 
α7Ⅱ + FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS 2017-07-22





 ☆長さ7.5cmのコ-ススレッド(2本)で、本体をしっかり留める。
b0161171_05122701.jpg


 ☆天蓋の照明器具と電源コ-ドを絶縁被覆付閉端接続子 (CE型)で確実に接続する。
  その後、天蓋を持ち上げ、化粧すりガラス・フロント木枠を上から挿入する。
b0161171_05123694.jpg


 ☆天蓋と本体は、蝶ナット(4個)で固定する。
b0161171_05124506.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2017-07-22 05:48 | つぶやき | Comments(6)
Commented by umi_bari at 2017-07-22 05:51
暑中お見舞い申し上げます。
夏風邪は大変、お大事になさってください。
平成の修理、お疲れ様です。
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-07-22 08:48
お家の感じも情緒があっていいですね・・・。
しかし、これを維持されることも大変ですね。
ダンダンと昔の建築部材が手に入らないと聞きます。
自らの手で修理するしか方法がない時代になったのかな~・・・。
Commented by ei5184 at 2017-07-22 10:22
見事に蘇りましたね!
歴史を感じ楽しむ事はとても素晴らしいですね~

盛夏の時季、ご自愛のほど・・・
Commented by mahoroba-shahai at 2017-07-23 08:58
> umi_bari さん、こんにちは。

今回、風邪がなかなか治らなく、年々、体力がなくなってきているのが、
よくわかります。
解体修理に、一月以上かかりましたが、やっと完了しました。 (^_^)
Commented by mahoroba-shahai at 2017-07-23 09:01
>takeshi_kanazaw さん、こんにちは。

親父が製作した外灯ですから、できるだけ元通りに
修理したかったのです。
ちょっと疲れましたが、完成しました。 (^_^)
Commented by mahoroba-shahai at 2017-07-23 09:04
> ei5184 さん、こんにちは。

若い頃、活力はありましたが、自由になる時間がありませんでした。
しかし、最近、比較的自由時間はあるものの、活力の減退を感じます。 (^0^;)
ぼちぼちと活動したいと・・・・・・・
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<  藤原宮跡・蓮田 段取り良し       藤原宮跡・蓮田 朝活 >>