2017年 07月 09日

 木製外灯 平成の解体修理 Ⅲ

組み立て順序を、幾度も確認して、各部品をつや消しラッカ-で
軽く化粧をしてみた。
また、化粧磨りガラスをはめ込み、完成に限りなく近づいた。
後は、玄関の柱に、しっかりと固定すれば・・・・・・・


b0161171_09502052.jpg
 
GX7 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 + C-PL
 
 

b0161171_09504521.jpg
b0161171_09505658.jpg
b0161171_09510799.jpg
b0161171_09511868.jpg
 
-------------------------------------------------------------------------------------------
  
b0161171_12022792.jpg
b0161171_09555194.jpg
  
α7Ⅱ + FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS



[PR]

by mahoroba-shahai | 2017-07-09 05:01 | つぶやき | Comments(2)
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-07-09 09:13
この外灯がある家は全国的にも珍しいのでは?
いやいや、これは貴重なものですね・・・。
中央はお宅の家紋ですかね。
Commented by mahoroba-shahai at 2017-07-10 10:59
> takeshi_kanazaw さん、こんにちは。

親父が、30年前に残してくれた手作りの外灯ですから、丁寧に修復して
後30年は使えるようにしたいと思って、頑張りました。

ハイ、我が家の家紋 ”丸に剣かたばみ”です。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<  藤原宮跡・蓮田 初撮り       木製外灯 平成の解体修理 Ⅱ >>