2017年 07月 08日

 木製外灯 平成の解体修理 Ⅱ

解体修理するので、この際、蛍光灯からLED灯に変更することにした。
トランスとグロ-球を取り除き、絶縁被覆付閉端接続子 (CE型)で電線を
圧着して接続完成!


☆直管形LED蛍光灯10形(33cm) 昼光色 6W 600ルーメン
b0161171_17460207.jpg
 
GX7 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 + C-PL
 
 


 ☆絶縁被覆付閉端接続子 (CE型)
b0161171_17461329.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2017-07-08 05:01 | つぶやき | Comments(4)
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-07-08 10:20
そうですか、LEDにされますか。
時代の流れですね・・・。
しかし、自分の部屋の掃除もしない私。
こんな大工事!?なんて、とても手が負えません。
Commented by mahoroba-shahai at 2017-07-08 12:13
> takeshi_kanazaw さん、こんにちは。

直管形の蛍光灯は、機会あるごとに、LED灯に変えています。

LED灯の場合、トランスとグロ-球を取り外しますので、
中身は配線だけになります。

Commented by マイルド at 2017-07-08 21:04 x
今日は、やっと日差しが出てきました。
やはり、太陽は大切です。

私には分からないことですが頑張られましたね( ◠‿◠ )
私も雨の連続で、器具の掃除を少しづつやっていました。
Commented by mahoroba-shahai at 2017-07-10 10:52
> マイルド さん、こんにちは。

線状降水帯が消えて、少しは安定してきたのでしょうか。

親父はいませんので、解体からはじまり、構造の理解、LED灯への変換、組み立て方の理解
すべてひとりでしました。
この一月の間に、二度も風邪をひき、かなり疲れましたが、ほぼ完成に近づき、後は
玄関に取り付けるだけとなりました。 (^_^)

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<  木製外灯 平成の解体修理 Ⅲ       木製外灯 平成の解体修理 Ⅰ >>