2017年 04月 28日

 東洋蘭 一茎九花

我が家には、毎年咲いてくれる中国春蘭(一茎一花)の『老文団素』『宜春仙』がある。
今年は、実家の草引きをしていて、爽やかに漂う香りの中で、旬の東洋蘭の一茎九花
出会った。 
この一茎九花は、庭に直植えしてある蘭で、実家に来て50年以上にもなる。 
<注>” ” はたくさんという意味


b0161171_10454830.jpg
  
DMC-G1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8





b0161171_16471456.jpg
b0161171_10510420.jpg


[PR]

by mahoroba-shahai | 2017-04-28 05:01 | 草花 | Comments(4)
Commented by cynchia at 2017-04-28 07:49
おはようございます、長い間、大事に育てられていますね、蘭は何度かトライしましたが、ダメです‼
Commented by mahoroba-shahai at 2017-04-28 09:27
> cynchia さん、こんにちは。

30年ほど前に、友人と共に東洋蘭の栽培を始めました。
鉢数も随分と増えましたが、10年ほどして、仕事が忙しくなり
管理ができなくなり、枯らしてしまいました。
結局10鉢残り、毎年咲いてくれるのが、2鉢に・・・・・・
友人は、現在も盛んに栽培しています。

Commented by takeshi_kanazaw at 2017-04-28 10:04
素朴な蘭ですね。一茎九花ですか。
蘭というのは沢山の種類があるようですが、この欄はいいですね・・。

我家には全く蘭はありません。
育てるのが難しすぎて、妻殿は最初から手を出しません。
Commented by mahoroba-shahai at 2017-04-28 17:53
> takeshi_kanazaw さん、こんにちは。

東洋蘭の素朴さと香りに惹かれて、手元に置くようになりました。
一般的に、鉢や用土は特別なものを用意しますが、この東洋蘭は
庭に直植えして、成功した例です。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<  我が家の紫蘭       下八釣 レンゲ畑を求めて >>