2017年 03月 29日

 桜井・山田 山茱萸の里

山田の山茱萸を少し離れたところから眺めてみた。
ここの一角は、遠出が出来ない者にとっては、貴重なところだ!
水仙が咲き誇る頃になれば、山茱萸の旬は過ぎている。


b0161171_10302190.jpg
 
凸 + Sonnar T* 135mm F1.8 + C-PL





b0161171_10300298.jpg
b0161171_10293579.jpg
b0161171_10320467.jpg
 
------------------------------------------------------------------------------------------------
 
 ☆土佐水木
b0161171_16595583.jpg
b0161171_10112894.jpg
 
DMC-G1 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8


[PR]

by mahoroba-shahai | 2017-03-29 05:01 | 桜井 | Comments(6)
Commented by umi_bari at 2017-03-29 06:36
山茱萸の数は凄いですね、水仙の黄色とマッチしましたね。
春は少しずつ近づいているのが分かりますね。
Commented by cynchia at 2017-03-29 07:53
おはようございます、桜が咲いたら行こうと思いますが、まだまだですね、黄色に染まりますね‼
Commented by takeshi_kanazaw at 2017-03-29 11:39
大和の地の雰囲気が出ていますね。
住宅地の真っただ中に住む者には少々羨ましい。

遠出が難しいようですね。
最近私は腰が痛くて、もっぱら妻殿の車でした遠出が出来ません。
老いては妻に従う? 
腰の回復を待って、再度チャレンジするつもりですが。
Commented by mahoroba-shahai at 2017-03-30 11:40
> umi_bari さん、こんにちは。

たくさんの山茱萸が、近場でありますので、助かります。
本来ならば、吉野へ出かける必要があるのですが・・・・・
Commented by mahoroba-shahai at 2017-03-30 11:41
> cynchia さん、こんにちは。

桜は、4月に入ってからになりますね。
今年の開花は、確かに遅れています。
Commented by mahoroba-shahai at 2017-03-30 11:47
> takeshi_kanazaw さん、こんにちは。

長閑な雰囲気は、随分と減りましたが、車で出かければ
すぐに探し出すことができます。

母の介護がありますから、自由時間は、最大3時間程度です。
その時間内で、活動しています。 (^_^)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<  香具山・万葉の森 寒緋桜       (紅)木蓮 >>