2016年 06月 14日

 明日香 代掻き

先週あたりから、明日香の田植えが本格的になってきて
稲渕や阪田でも、トラクタ-が忙しく動き回っている。


 ☆稲渕の棚田
b0161171_21513757.jpg

DMC-GX7 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 + C-PL 2016-06-13





 ☆阪田の棚田
b0161171_21520492.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2016-06-14 10:04 | 明日香 | Comments(6)
Commented by wild-hunch at 2016-06-15 13:55
明日香が一番明日香らしい季節の始まりですねぇ。
細川辺りに順々に稲が入ると、おぉ今年も始まったなぁと何だか嬉しくなります。
Commented by stmalta at 2016-06-15 20:32
まほろばさんのブログに登場する"代掻き"という言葉
ずっと意味もわからずいたのですが、調べてみると
稲作にとっては大切なプロセスというのがわかりました。
それを知ったうえで、拝見すると写真の深みが増してきました。
Commented by arak_okano at 2016-06-15 22:29
日本のお米にバグースです。
農家の皆さんに感謝します。
良くぞ、日本のお米の世界を撮ってくれました、
偉そうですが、一言、ありがとうございます。
Commented by mahoroba-shahai at 2016-06-16 15:29
> wild-hunch さん、こんにちは。

昨年の6月、藤原宮跡の蓮田で、一緒に夕景を撮りましたね! (^_^)
田植えが終われば、暫くの間、水鏡の夕景が楽しめますね。

体調を崩して、コメントの書き込みがかなり遅れています。 
Commented by mahoroba-shahai at 2016-06-16 16:56
> stmalta さん、こんにちは。

代掻きの出来によって、収穫も大きく変わることでしょう。
ですから、水面下の田土を、出来るだけ平らになるように・・・・・
水鏡がしばらく楽しめますね。
Commented by mahoroba-shahai at 2016-06-16 16:59
>arak_okano さん、こんにちは。

きめ細やかな作業は、やはり日本ならではないでしょうか。
毎年、感心して稲作を見ています。
”お米”、ありがとうですね。 (^_^)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<  藤原宮跡 蓮田の今!       明日香・川原 >>