2015年 11月 06日

 藤原宮跡 力芝 (3)

藤原宮跡の力芝は今年3度目のアップで、一番の輝きがあった。
この日、厳しい放射冷却があり、夜露がたっぷりと力芝に生じ、
朝陽に力強く輝いていた。
力芝の群生は、小一時間もすれば露もなくなり、また、まわりに
とけ込んでしまう。


   秋深し極めてここに力芝
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:秋深し (秋) 753


b0161171_08025758.jpg
 
α900 + Sonnar T* 135mm F1.8 + C-PL  2015-11-04  08:03





---------------------------------------------------------------------------------------
 
b0161171_08103163.jpg

DMC-GX7 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 + C-PL  2015-11-04  07:58


[PR]

by mahoroba-shahai | 2015-11-06 05:01 | 橿原 | Comments(4)
Commented by stmalta at 2015-11-06 09:29
秋桜以来の藤原宮ですが、
今の光景を目の当たりにすることができて嬉しくなってきます。
朝陽に輝く力芝。力強く生きていますね。
Commented by mahoroba-shahai at 2015-11-06 12:58
> stmalta さん、こんにちは。

今朝も藤原宮跡のコスモス畑の傍を通りましたが、
誰ひとりいませんでした。

夜露をたっぷり含んだ力芝は、朝陽に照らされて輝いています。
でも、9時ごろになりますと、まわりにとけ込んで、わからなくなります。
Commented by zeiss1221 at 2015-11-06 14:21
まほろばさん、こんにちは。

思わず「うわっ!」という声が出ました。
逆光に輝くチカラシバが素晴らしいですね。
強い風が吹いて、あえてぶらしたらどうなるんだろう?と
想像してしまいました。
Commented by mahoroba-shahai at 2015-11-06 17:38
> zeiss1221 さん、こんにちは。

ありがとうございます。
夜が明けて小一時間だけ、光り輝く力芝が楽しめます。
露の量が多ければ多いほど・・・・
ここに突風があれば、尚良しですね。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<  香具山 斑紅葉(むらもみじ)       明日香・上居 木守柿 >>