2015年 04月 15日

 桜井・下高家 菜の花畑

昨年の10月、 ” さくらい 菜の花 プロジェクト ” によって『 ナナシキブ 』の苗が作付けされていた。
4月に入り、ナナシキブが生長してどのような畑になったのか?気にかかり、寄ってみた。
この畑から、昔ながらの製法で油を絞って、JAならけん・まほろばキッチンで『 奈乃葉菜油 』を
販売するという・・・・地域活性化のひとつになって欲しい

 ☆下高家の里 (2014-10-30)


   春時雨レンズみがきの刻溢れ
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:春時雨(春) 720


b0161171_21090555.jpg
DMC-GX7 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 + C-PL




b0161171_21092883.jpg
b0161171_21094081.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2015-04-15 05:01 | 桜井 | Comments(2)
Commented by shinrajuku at 2015-04-15 11:11
こんにちは。
菜の花プロジェクト、奈良県下の色々な所で実施されているようですね。
もちろん環境やエコに対する意識が高まることや、
地域活性化につながることが一番の目的なのでしょうけど、
写真を撮る者にとってもうれしい限りですね^^
Commented by mahoroba-shahai at 2015-04-15 15:41
> shinrajuku さん、こんにちは。

今日も、ややこしい天気ですね。

菜の花プロジェクトは、県下いろいろなところで行われているのですか!
知りませんでした。
ただ、ここの背後にそびえる山には、大きな産廃最終処分地がありますね。
以前から、この地域の雨水汚染が心配しています。



名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<  香具山 桃畑 (2)       南浦 里山の春 >>