2015年 01月 28日

 ふらりふらりと 宇陀・赤埴の千体佛

佛隆寺からの帰り道、道標に ” 千体佛 ” があり、以前から、赤埴の千体佛
気になっていたので、山道をゆったりと進むと、容易く見つかった。
場所を後で調べてみたら、榛原赤埴(あかばね)下志明(げしも)だった。

子供を授けて欲しい人が、願をかけて一体を戴いて帰り、無事に出産したら
二体を納めるという。


   春隣佛のよろず成就あり
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:春隣(冬) 698


b0161171_16251944.jpg
DMC-GX7 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 + C-PL





   ☆標高430m
b0161171_16255614.jpg
   ☆田植えの頃に、是非・・・・・
b0161171_16262405.jpg


[PR]

by mahoroba-shahai | 2015-01-28 15:18 | 宇陀 | Comments(2)
Commented by tanto-tsuritai at 2015-01-29 11:39 x
まほろばさん、こんにちは。

こちらは、晴れで、風もなく穏やかですが、大気が
冷たいです。明日の朝は雪の予報が。

たくさん、仏像がありますね。多くの人の願掛けが
成就したのかな。一つ一つ違っている?細かく見て
みたいですね。落ち葉のじゅうたんの厚さがすごい。

田植えの時期は暖かいので、大いに期待しています。
Commented by mahoroba-shahai at 2015-01-29 13:08
> tanto-tsuritai さん、こんにちは。

雨は降りませんが、快晴でもありません。
すっくりと晴れて欲しいです。

願いが叶ったら、一体増えるというシステムで、仏像の数からして
歴史を感じます。

赤埴の田んぼは、大和盆地の田んぼと違うから、春からの風景は
楽しみです。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<  藤原宮跡に霜       談山神社 >>