2015年 01月 17日

 ふらりふらりと 佛隆寺

宇陀市榛原赤埴にある佛隆寺(標高430m)に、午後から、ふらりふらりと行ってみた。
はじめて行くところでもあり、拙宅からは、やはり少し遠いと感じた。
春には 千年桜 や、秋には 彼岸花 が咲くお寺として有名で、多くの方々で賑わうと聞くが、
この季節は誰もいない。
佛隆寺のこの雰囲気だと、まほろばは落ち着いてしまうので、つい長居をしてしまった。


   佛隆寺みくじに縋る寒詣で
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:寒詣で(冬) 693


b0161171_16094590.jpg

α900 + Sonnar T* 135mm F1.8 + C-PL






   ☆苔生した石段と境内
b0161171_21120315.jpg
b0161171_11311489.jpg
DMC-GX7 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 + C-PL

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

   ☆境内には蝋梅
b0161171_21181161.jpg
   ☆石段(197段)の左右に、真っ赤な彼岸花 と 桜並木
    (環境変化のため、彼岸花の咲く数がめっきり減ったと・・・)
b0161171_20155444.jpg
b0161171_20164795.jpg
   ☆樹齢900年を越える千年桜(奈良県指定天然記念物)
b0161171_20174393.jpg
α900 + Sonnar T* 135mm F1.8 + C-PL



[PR]

by mahoroba-shahai | 2015-01-17 07:44 | 宇陀 | Comments(4)
Commented by マイルド at 2015-01-17 10:30 x
まほろばさん、お早うございます。
昨日の此方はとてつもなく良いお天気でしたが
昨夜遅くから荒れてきました。
今日は陽射しはあるもののまだ依然として風が強いです。

仏隆寺場所確認しました。遠出ですね!(笑
Netでは、1月と4月が人出が多いとありました。
4月は桜でしょうが1月は新年のお参りでしょうか?
千年桜が撮せると良いですね。
2枚目の苔むした石段、私も好きです。

今日は寒いですので温かくしてお過ごしください。
Commented by mahoroba-shahai at 2015-01-17 17:08
>マイルドさん、こんにちは。

時たま風が強かったです。

そろそろ、まほろばの行動範囲限界でしょうか?(笑
1月ではなくて、紅葉の時期、11月ではないでしょうか?

急な坂道を上って行きますから、雪景色の仏隆寺は・・・・・・
桜の時期は、小さな駐車場は満杯になりますし・・・・・
葉桜のころに行ってみたいです。




Commented by tanto-tsuritai at 2015-01-17 21:09 x
まほろばさん、こんばんは。

今日も、午前中は晴れで穏やかでしたが、
午後からは風が出て、大気が冷たい感じでした。

いずれも、歴史を感じさせられる写真ですね。
ところで、今年はおみくじの話題はこっそりスルーする
つもりだったのですが。
私は、おみくじもお賽銭の内の感覚で、買うほうです。
今年は大吉、4連発(母親用の1回を含め)です。
最後の瀬戸神社では、最高の運勢とのことでした(自慢?)
今日は、明治神宮に行く機会があったので、番外編で
英文のおみくじを買いました(この話はまた機会があれば)。
最高の運勢が出てしまったので、これで買うのは
打ち止めかな(お賽銭が減るとご利益が減るかな)。

Commented by mahoroba-shahai at 2015-01-18 05:11
>tanto-tsuritai さん、おはようございます。

今日も寒い朝となりました。

>いずれも、歴史を感じさせられる写真ですね。
特に桜に関しては、樹齢1000年ですから、お金では買えないものを感じました。
老木なので、突然勢いがなくなり、いつ枯れるかもしれません。

そういえば、奈良でも四回、くじを引いていましたね!
まほろばは、鮮明に覚えています。

おみくじも、もっと工夫をしてくれたら、引く機会も増えると思います。
”だるまみくじ”、”鹿みくじ”のようににね!
仏隆寺のおみくじは、小さなお寺ですから、味気ない機械式でした。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<  ふらりふらりと 佛隆寺 (2)       ふらりふらりと 鳥見山 >>