2015年 01月 15日

 ふらりふらりと 鳥見山

今回は、額井岳の西南3kmにある鳥見山自然公園(標高600m)に、ふらりふらりと
行ってみた。
ここは、6年ほど前、しかも同じような時期に一度行ったことがあり、自然あふれる公園で
数2000本の躑躅が咲きほこる頃や紅葉が色づく頃は、多くのカメラマンも集い、思い思いの
写真を撮る。
展望台からは、宇陀の山容を一望することができ、夜明け前後の風景は格別だろうと思う。
今回は冬霞が少し漂っていて、冬の宇陀をちょっぴり味わうことができた。
また、ここに降った雨は、一旦、三重に入り、京都との県境を通り、最後は大阪の淀川に
合流すると知って、驚いたことがあった。


   鳥見山一色にして池冴ゆる
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:冴える(冬) 692


b0161171_13482054.jpg
α900 + Sonnar T* 135mm F1.8 + C-PL




   ☆勾玉池には、薄氷が!
b0161171_13490670.jpg
b0161171_13492376.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

b0161171_13494815.jpg
   ☆鳥見社に雪が残っていた
b0161171_13495711.jpg
DMC-GX7 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 + C-PL




[PR]

by mahoroba-shahai | 2015-01-15 17:39 | 宇陀 | Comments(4)
Commented by shinrajuku at 2015-01-16 09:47
おはようございます。
他の皆さんのブログで幾度となく見てきた鳥見山ですが、
まほろばさんの切り取り方がすごく新鮮に感じます。
これからもまほろばさん独自の視点で楽しませて下さい。
Commented by mahoroba-shahai at 2015-01-16 18:45
> shinrajuku さん、こんばんは。

鳥見山はすべてが一色になっていまして、皆さんが、桜や躑躅が
咲く頃、紅葉が色づく頃に、なぜ?来られるのかがわかりました。

まほろばは、独りでぼちぼち撮影するのが好きですから、仕方がないですね。
Commented by tanto-tsuritai at 2015-01-16 20:17 x
まほろばさん、こんばんは。

今日は一転、晴れで穏やかで暖かな天気でした。

山々の重なり具合がすごいですね。
波が押し寄せる感じ。
一番奥の冠雪している山並みはどこなのかな。

ところで、テレビや新聞で、小山田遺跡のニュースを
やっていましたね。
こちらも興味深いですね。
Commented by mahoroba-shahai at 2015-01-16 21:39
>tanto-tsuritai さん、こんばんは。

今日は、一日中曇っていました。

>一番奥の冠雪している山並みはどこなのかな。
ここからの眺めは素晴らしいでしょう!
もっと霧が深く、朝方なら、眺めは格別ですよ!
また、冠雪しているところは、吉野の峰々です。
大普賢岳(1780m)、山上ヶ岳(1719m)、稲村ヶ岳(1726m)など・・・・・・

>テレビや新聞で、小山田遺跡のニュースを・・・・
放送される日も、あのあたりの明日香を車で走っていました。
現地説明会では、遠くから来られますよ!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<  ふらりふらりと 佛隆寺       ふらりふらりと 大和富士 >>