2015年 01月 14日

 ふらりふらりと 大和富士

自由時間ができたので、宇陀・宇陀川へふらりふらりと行ってきた。
宇陀川 < 大宇陀・五津 > からは額井岳(ぬかいだけ)が、ほどよい大きさで眺める
ことができる。
寒いけれど、宇陀川の堤に立って大和富士を眺めたが、四季を通して観察してみたい。
また、額井岳の形が良いことから、” 大和富士 ” とも呼ばれている。


   寒日和堤に立てば大和富士
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:寒(冬) 691  


b0161171_21323261.jpg






b0161171_21325072.jpg
b0161171_10421591.jpg

DMC-GX7 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 + C-PL



[PR]

by mahoroba-shahai | 2015-01-14 11:43 | 宇陀 | Comments(10)
Commented by rinkatu at 2015-01-14 12:04
山という文字の根源となった形ですね^^
Commented by shinrajuku at 2015-01-14 13:27
こんにちは。
先ほどは情報提供ありがとうございましたm(__)m

だんだんとフィールドを広げておられますね。
そのうち奈良を飛び出されるかも^^
↑でrinkatuさんがおっしゃっておられる通り、
ボクもこの山を見るといつも「山」の字を思い浮かべてしまいます。
Commented by mahoroba-shahai at 2015-01-14 18:06
> rinkatu さん、こんばんは。

この角度から眺めると、まさに”山”ですね。
綺麗な形に惚れ込んでしまいます。

Commented by mahoroba-shahai at 2015-01-14 18:15
> shinrajuku さん、こんばんは。

google Earth や Street View は、今のまほろばには貴重な道具です。

>そのうち奈良を飛び出されるかも^^
飛び出すほどの体力は、淋しいですが、ありません。
奈良盆地の南側と宇陀方面で、十分楽しめると思っています。

”山”の文字そのものですね!
綺麗な山です。



Commented by tanto-tsuritai at 2015-01-14 20:04 x
まほろばさん、こんばんは。

こちらは、天気は下り坂ですが、まだ、雨は
降っていません。
今日は早朝(深夜?)から茂原に行きましたが、
明日は朝から雨の予報だったので、日帰りにしました。

大和富士は以前見たような。今回の写真が印象的です。
最近は、自然のいろいろな被写体を楽しまれて
いるようですね。

私は、今日は花です。
実家の庭に水仙が咲いていました。
これは、特徴があるので、容易に検索できました。
これも、まほろばさんの教育のおかげ?

明日の天気が心配ですね。
Commented by mahoroba-shahai at 2015-01-15 09:26
> tanto-tsuritai さん、こんにちは。

今日は雨で、夕方には止むような予報です。

>大和富士は以前見たような。今回の写真が印象的です。
その通りで、昨年、一度アップしました。
その時は、山が小さく写っていました。
美しい大和富士らしい写真を撮るために、場所を変えています。

これからも、見知らぬ花などを・・・・・・・



Commented by てらだ-とらじろう at 2015-01-15 15:26 x
写真手前の右側は小高い丘ですか?
Commented by マイルド at 2015-01-15 16:45 x
まほろばさん、こんにちは。
早朝5時前、激しい雨の音に目が覚めましたが10時くらいには上がりました。
でもほぼ曇りの天気が続いています。

大宇陀・五津を地図で確認しました。
榛原から宇陀へ抜ける道ですね!懐かしい!
この「山」の記憶は残念ながら残っていません。

明日から少し気温が上がる予報ですがまだ寒いですね。
体調、お気をつけください。
Commented by mahoroba-shahai at 2015-01-15 17:02
>とらじろうさん、こんにちは。

>写真手前の右側は小高い丘ですか?
ハイ! 非情に低い丘です。

Commented by mahoroba-shahai at 2015-01-15 17:08
>マイルドさん、こんにちは。

今日は一日中雨でした。

>榛原から宇陀へ抜ける道ですね!懐かしい!
何度も通った道ですから、懐かしいでしょう!
暫くは、宇陀方面の土地勘を習得するために、通いたいと思います。



名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<  ふらりふらりと 鳥見山       ふらりふらりと 室生湖 >>