2014年 11月 02日

 宇陀・安田の棚田

曙の宇陀市安田をこよなく愛する人たちのように立って(標高375m)
みたものの、今は昼近く・・・・・・
しかし、霧に埋もれる安田の光景は、目の前にはなくとも
いろいろな方々の写真のお陰で、記憶にある。
宇陀・安田 霧 写真 ”と検索すれば、幻想的な写真と沢山出会える。


   何もかも埋もれし霧の宇陀・安田
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:霧(秋) 651


b0161171_21372765.jpg
b0161171_21375474.jpg
b0161171_07450326.jpg



[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-11-02 12:51 | 宇陀 | Comments(4)
Commented by tanto-tsuritai at 2014-11-02 19:51 x
まほろばさん、こんばんは。

こちらは、今日は、午前中は晴れれていて、暑いくらい
でしたが、午後からは雲が多くなり、風も出てきました。

宇陀・安田は霧に合った地形なんですね(霧が似合う風景、
霧が発生しやすい地形)。

茂原に深夜、早朝、車で行く途中にも、霧が出やすい所
があります。房総半島を横断するときの、やや山になって
いる内陸部です。暗い時なので、風景はよくわかりませんが。
日が出ると、東向きなので、太陽のまぶしさに注意です。
運転にいつも注意しています。

幻想的な風景が見れる機会があるといいですね。
Commented by rinkatu at 2014-11-02 22:14
毎回こころ和む光景です^^
自分のとこも田舎ですが
また違う田園風景で好きですわ^^v
Commented by mahoroba-shahai at 2014-11-03 20:13
> tanto-tsuritai さん、こんばんは。

やっと孫3人が帰り、今、ホッとして寛いでいます。

この地域は、霧が発生しやすいところで、写真を撮る人には
人気があるところです。
まほろばも立ってみたいと思っていますが・・・・・

Commented by mahoroba-shahai at 2014-11-03 20:17
> rinkatu さん、こんばんは。

ありがとうございます。
まほろばのテーマでもある、”忘れかけている物柔らかな時の流れを・・・・”を
これからも続けたいと思います。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<  大和富士(額井岳)       明日香・八釣の里 >>