2014年 09月 30日

 三輪の花薄

いつもの三輪山を撮影しに行った帰りに、秋風に身を委ねるススキも撮影した。
若い頃と今とでは、特にススキに関して見方が変わってきたように思う。

曽爾高原のススキは、昔から屋根に使われていて、ススキ原は村人達により
維持管理されてきた。
しかし、瓦などの材料が代わりに使われるようになり、一時期、ススキ原は
消滅の危機にあったようだ。

ススキは、意外と茎が丈夫なので、風が吹き尾花が揺れても、なかなか折れない
ようになっている。
六十路を過ぎても、ススキのようになりたいものだ!


       晩年をゆだねて傾ぐ花薄
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:花薄(秋) 622

b0161171_12471416.jpg
   偶然に、Oさんと全く同じ場所からの撮影に驚いてしまった。
b0161171_16313972.jpg

b0161171_12504146.jpg

b0161171_12511945.jpg

 DMC-GX7 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 + C-PL 

 



[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-09-30 12:56 | 桜井 | Comments(4)
Commented by マイルド at 2014-09-30 16:45 x
まほろばさん、こんにちは。
今日は薄曇りの一日でした。

ススキは確かに足腰が強いですね!あやかりたいものですが・・・
晩年は確かにススキのようでありたいのですがなかなかできないでいます。

9月初旬に草刈りをして頂いた草を夕方焼きました、良く燃えました。
草の伸びは、もう夏みたいではありませんね!ホッと一安心です。
Commented by mahoroba-shahai at 2014-10-01 05:53
>マイルドさん、おはようございます。

今朝、通り雨があったようですが、今は雨は止んでいます。

ススキのように粘り腰でありたいし、美しく枯れてみたいですね。

確かに草の伸びは、真夏のような勢いはありません。
草引きの回数は減りますので、助かります。


Commented by tanto-tsuritai at 2014-10-01 07:03 x
まほろばさん、おはようございます。

きょう、出だしは曇りからです。

昨日は、ススキを探しに称名寺のほうへ行ってみました。
称名寺の裏の空き地に、雑草がすごかった(私の背丈以上のものも)けど、
ススキがありました。私の背丈くらいで、まさにまほろばさんの写真と同じです。
彼岸花はほとんど枯れていて、まほらばさんの写真のように咲いているのはありませんでした。
帰り道では、前回見つけた玉すだれはまだ咲いていました。あらたに、ススキもありました。

>六十路を過ぎても、ススキのようになりたいものだ!
退職後も普通に寿命が20年くらいはあるんですよね(長い)。
生き方を考えねば。ゆるく、柔軟なのがいいです。
Commented by mahoroba-shahai at 2014-10-01 08:45
>tanto-tsuritai さん、おはようございます。

朝方に雨が降っていたようです。
しかし、今日は晴れて暑くなるという予報が出ています。

この時期、ススキは目立ちますから、確認は容易いですね!
彼岸花の旬が過ぎましたので、次なる秋の花を少しばかり・・・・・・・・

ススキを眺めていて、特に最近、教えてもらうような気がしてなりません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<  秋の朝顔       耳成山の花芒 >>