2014年 09月 25日

 藤原宮跡の彼岸花(2)

青春時代に奈良を離れ、長い間、横浜にお世話になり、また
横浜での生活は、毎日が文化祭のような日々だった。
今は奈良に戻ってきている。
つまり奈良がふるさとであり、横浜が第二のふるさとになる。
奈良の良さは、奈良との距離を置いて、はじめてわかったような気がする。
横浜も同じようなことが・・・・・・・・・

藤原宮跡の敷地内で、春の菜の花、夏の黄花コスモス・蓮、秋の秋桜・彼岸花
楽しめる有り難いところ


       風のすむ花野のふかきところなり
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:花野(秋)  618


b0161171_08023971.jpg

b0161171_08030181.jpg

b0161171_08032242.jpg

b0161171_11335214.jpg

 DMC-GX7 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 + C-PL 

 



[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-09-25 10:10 | 橿原 | Comments(6)
Commented by かずさん at 2014-09-25 15:47 x
まほろばさん。

最近、色乗りの良い具合の写真が増えてますね。

GX1やα900よりGX7の方がコントラストが高くなるのでしょうか。
Commented by マイルド at 2014-09-25 16:00 x
まほろばさん、こんにちは。
今日は良い天気になり、空は青く、風は清々しいです。

午前中は掃除、そして歩いて彼岸花と少し動きすぎました。
昼食後は、ウトウトからついつい昼寝のしすぎとなりました。
昼寝は本当に気分が良いです、真夏とは違いますので・・・

>つまり奈良がふるさとであり、横浜が第二のふるさとになる。
ふるさと奈良が風光明媚で宜しいですね。
私は、生まれたところは大分ですが・・・生まれた場所よりも関西の方が長いので
関西がふるさととの思いが強いです。
できるものならば関西が終の棲家でありたいのですが・・・
Commented by mahoroba-shahai at 2014-09-25 17:04
> マイルド さん、こんにちは。

今日は少し湿度の高い、曇り空の一日になりました。

>ウトウトからついつい昼寝のしすぎとなりました。
羨ましい限りです。
今日の昼寝はお預けで、今、寝床に潜り込んだら
朝まで起きないような・・・・・

自由な時間があれば、奈良をもっと紹介できるのですが
今は、自宅近辺だけになっています。
皆さんが撮る奈良の風景写真を見て、地図で確認しながら
空想の世界に入り込んでいます。


Commented by mahoroba-shahai at 2014-09-25 18:03
>かずさん、こんにちは。

今日は少し湿度の高く曇り空の一日になりました。

C-PLを装着して、すべての写真ではありませんが、
アレ?と思うときがあります。

また、少しCanon風にアレンジしています。

LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 は
色乗りも良い重宝な1本です。
Commented by tanto-tsuritai at 2014-09-25 19:42 x
まほろばさん、こんばんは。

今日の天気は昨日の逆から。
朝は雨、それから曇りで、3時までには、晴れました。
昨日と異なるのは、どこにいても蒸し暑かったのと
6時くらいに前線の通過で雨が降りました。

>つまり奈良がふるさとであり、横浜が第二のふるさとになる。
やはり奈良に戻れたのが良かったのしょうね。
私は、横浜は現在進行形で(途中で市内での引っ越しもあるし)、
故郷という意識はありませんが、学生時代の頃は特別で、
とても懐かしい、よかった時代だと思います(就職は大変でしたが)。

故郷らしき意識があるのは下関(7歳まで)ですが、現在は、
知人もいないので、行くこともなく、心の中だけです。
もう一度様子を見に行きたいですね(最後は10年以上前)。
Commented by mahoroba at 2014-09-26 06:54 x
>tanto-tsuritai さん、おはようございます。

今日の天気は、よさそうです。

確かに、途中引っ越しはあったものの、一番長く住んでいるのが横浜ですね。
ですから、横浜がふるさとですか!

>故郷らしき意識があるのは下関(7歳まで)ですが
でも、下関がふるさとですか。
昔住んでいたところに出かけてみるのも良いかも・・・・・・





名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<  藤原宮跡の彼岸花と萩(3)       藤原宮跡の彼岸花 >>