2014年 09月 21日

 明日香・細川の棚田

細川の棚田で彼岸花を撮影していたら、マイクロバスが止まって、シニアの人たちが
一眼カメラを携えて、続々と降りてこられた。(まほろばもすでにシニアかな?
明日香の一日撮影ツアーだろうか? 服装から装備までかなり決まっていた。
想い出になる写真が撮れただろうか!

まほろばは、細川の棚田でもう少し撮影したかったが、早々に細川を後にした。


       影もなく細川けぶる赤とんぼ
       ☆俳句の文字色 鬱金色 (うこんいろ) 
       ☆季語:赤蜻蛉(秋)  613


b0161171_21383240.jpg

b0161171_21385592.jpg
   古墳の真上に、赤とんぼが一匹! (例の脚立を使って撮影)
b0161171_21391684.jpg

b0161171_21393633.jpg

b0161171_08241261.jpg

b0161171_21401995.jpg

 DMC-GX7 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 + C-PL 



>

[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-09-21 06:00 | 明日香 | Comments(6)
Commented by マイルド at 2014-09-21 17:34 x
まほろばさん、こんにちは。
今日は久し振りによい天気でした。

この場所は記憶がありますヨ。
3枚目の写真も撮りました。多分、稲を植えたばかりの頃だったような・・・
懐かしいですね。

>明日香の一日撮影ツアーだろうか? 服装から装備までかなり決まっていた。
春夏秋冬、明日香は本当に人が多いですね!
人の少ないときにの~んびりと撮りたいものですネ。
連休合間の明日も良い天気だと良いですネ。
Commented by mahoroba-shahai at 2014-09-21 19:06
>マイルドさん、こんばんは。

そちらも晴れていましたか?
明日も晴れるのでしょうか?

今日は実家の草刈り・草引きに頑張りました。
草の勢いは、秋ですね! かなり弱くなりました。
助かります。

3枚目、覚えていますか!
まほろばは、この場所には何度も立っています。

>春夏秋冬、明日香は本当に人が多いですね!
天候にも恵まれましたので、さぞかし多かったことでしょう。
このような日は、家の雑用を済ませることにしています。

Commented by tanto-tsuritai at 2014-09-21 19:50 x
まほろばさん、こんばんは。

こちらは今日は、久しぶりの晴天でした。
やはり晴天はよいものだと感じます。

まほろばさんの周りは景色の良いとところが多いですね。
うらやましいですが、生活していくにはちょっと不便?
のんびりとした生活ができる?

>まほろばもすでにシニアかな?
最初にこのブログ見たとき、この一文はなかったような
(突っ込もうかと思っていたのに。勘違い?)
頻繁な撮影やブログの更新を見ていると、まほろばさんはまだまだ若いです。
私もそろそろ周りからどのように見られているか(年齢的に)意識しています。
電車の中、テニスの時、自転車や車の運転・・・・・・・・・。若いと過信するのは避けたいような。
歩くのや自転車の運転は明らかに後退。若い女性にも簡単に追い抜かれます。
Commented by かずさん at 2014-09-21 20:39 x
まほろばさん

もう彼岸花が咲いているのですね。
(そりゃ彼岸に入ったのだから)
我が家のプランターを見たら、まだ茎も伸びていませんでした。
Commented by mahoroba-shahai at 2014-09-21 21:03
>tanto-tsuritai さん、こんばんは。

天気も良かったので、実家の草刈り・草引きをしました。
草引きをして、草の勢いが随分と弱くなったことを、体感しました。

>生活していくにはちょっと不便?
住んでいるところは、実に便利なところですよ!

>最初にこのブログ見たとき、この一文はなかったような
この一文は、加筆しました。
長時間外出できませんから、家でできることをマイペースで・・・・・・

Commented by mahoroba-shahai at 2014-09-21 21:18
> かずさん、こんばんは。

今日は良い天気でしたね!

明日香の彼岸花は旬をむかえたと思います。
また、今日の明日香は、多くの人たちで、さぞかし賑わったことでしょう。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<  飛鳥寺・橘寺の曼珠沙華       二上山(ふたかみやま) と ... >>