2014年 08月 31日

 日本万国博覧会の入場券

断捨離をしていたら、懐かしい青春の想い出が出てきた。
大阪万博の開催期間は、1970年3月15日~1970年9月13日だから、40年以上も前のものだ!
戦後、高度経済成長を成し遂げ、公害はあったものの、経済では陰りなど一つも無かった。

3月上旬に、知り合いの方に頼まれて、万博の建設現場にアルバイトに出かけたことがあった。
早朝にむかえに来てもらって、車で万博まで行き、だれでもできる配管設置だった。
兎に角、人の手が欲しかったのだろう!
これだけも貰ってもいいの?という程度の小遣い銭をもらった。

その夏、二人で出かけたことは今でもよく覚えている。
大きなパビリオンは長蛇の列なので、すぐに入館できる小さな小さなパビリオンだけを巡った。
昼食は、ミートソーススパゲッチーを・・・・・・・・・


b0161171_11153602.jpg



       夢青き手に汗握る青田風
       ☆俳句の文字色 金糸雀色 (かなりあいろ) 
       ☆季語:青田風(夏)  536     2012-08-01 撮影

b0161171_16214756.jpg

 DMC-G1 + DMW-MA1マウント + LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6  

 



[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-08-31 11:44 | つぶやき | Comments(4)
Commented by マイルド at 2014-08-31 17:52 x
まほろばさん、こんにちは。
昨日はよい天気でしたが一日のみで今日は薄曇りの日となりました。
お昼前買い物へ遠出し、帰宅は3時になりました。
私の現在の体力は半日くらいです。

>懐かしい青春の想い出
本当に懐かしいですね!こんな時もあったのですね・・・戻れませんが
昭和は良い時代でした。

>兎に角、人出が欲しかったのだろう!
これだけも貰ってもいいの?という程度の小遣い銭をもらった。

私は、広島駅の近くに日雇いの場所があり友人と早朝に出向いたことがあります。
色んな業者が早朝に車で迎えにきて必要な人間を連れて行くんです。
私のような人間は「あふれて」(およびがかからなかったこと)、仕方なくそのまま下宿へ帰ったことなどを思い出しました。
若い頃は何でも出来ましたネ!今は何も出来ませんが。
今日のブログで、一瞬若かりし頃を思い出すことが出来ました。有り難うございました。







Commented by tanto-tsuritai at 2014-08-31 22:29 x
まほろばさん、こんばんは。

無事茂原から帰還しました。
今回は、隣家にわりと接近している柿の木の枝を払ってきました。
電動ののこぎりを使ったので楽でした。少し柿の木がかわいそうなくらいさっぱりして。
次回は雑草との戦いです。

大阪万博とはなつかしいですね。当時奈良に親戚があったので、
私も父親と一緒にそこに泊まって、行きました。
私は不思議なことにほとんど記憶に残っていません
(昼食まで覚えているまほろばさんは、本当に懐かしい青春の思い出でなのすね)。
現地で買った記念切手帳やソ連の宇宙の記念切手帳が残っていましたが。

私の半券は、サッカーの国際試合のチケットです。
1970年前半から2000年くらいまでの半券とパンフレットが残っています。
久しぶりに見てみよう。思い出せるかな。


Commented by mahoroba-shahai at 2014-09-01 08:25
>マイルドさん、おはようございます。

昨日は、孫守があり、やや疲れ気味です。

万博会場に、二日通って1万円ほど貰ったと思います。
はじめてのアルバイトだったし、小遣いが貰えて嬉しかった。

>私は、広島駅の近くに日雇いの場所があり友人と早朝に出向いたことがあります。
そのようなバイトもしたんですか!
学生の頃、夏休み前の十日間ほど、大船の自動車部品工場でフレームのさび落としをしました。
工場にはクーラーはなく、暑くて、また、油くさくて厳しい環境でした。
作業は単純で、草引きと同じ感覚でした。


Commented by mahoroba-shahai at 2014-09-01 10:50
>tanto-tsuritaiさん、こんにちは。

先ほどまで、我が家の草引きと歩道の草引きをしていました。
無心に作業をして、お腹の中を空にしました。
というのも、昨日の昼にケンタッキー、夜はお肉になってしまい、
胃もたれがひどく、夜に何度も起きてしまいました。
歳ですね!

万博で、覚えているのは、小さなパビリオンを巡ったこと、
昼ご飯を食べたこと、その時、ウエイトレスに微笑まれたこと、
電車の中の一コマなどでしょうか?!
兎に角、夢が叶った記念になる一日でした。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<  稔りの秋       朝顔 >>