2014年 07月 01日

 明日香のはつ蓮  Minolta APO 200mm F2.8

今日から7月、蓮も咲いているのではないかと思い、また、時間の余裕ができたので、
9時頃から、久しぶりに明日香に出かけてみた。
蓮の撮影は早朝に限るが、蓮はぽつぽつと2カ所で咲いていた

やはり蓮の本番までにはしばらくの日数が必要だ!

Minolta APO 200mm F2.8 を最後に使ったのは、2010年 12月 19日 ”木守柿”
このレンズは、コニカミノルタのαsDに装着してよく撮影していて、実に4年ぶりに、
防湿庫から持ち出したことになる。


b0161171_12234023.jpg

b0161171_12235387.jpg

b0161171_1224260.jpg

 α900 + High Speed AF APO 200mm F2.8 G  

 

[PR]

by mahoroba-shahai | 2014-07-01 12:29 | 明日香 | Comments(2)
Commented by マイルド at 2014-07-01 14:43 x
まほろばさん、こんにちは
天気がよいので助かりますネ。
レンズも久方に日の目を見て喜んだのではありませんか?

明日香のハス、記憶にしっかりとあります。
あのとき高倍率のズームが欲しいと思ったことを思い出します。

2枚目のハス元気ですね。葉は堅いと思うのですが・・・避けられなかったんでしょうね。
自宅近くのハスはまだ花は見られません。
数年前に宇佐神宮で撮影したハスは7月2日でしたがNETで調べましたらまだ蕾のようです。
今年は少し遅いようです。
Commented by mahoroba-shahai at 2014-07-01 15:26
>マイルドさん、こんにちは。

家の中は涼しいのですが、外は、真夏の暑さです。
ここまで暑いと外に出たくありません。

Minolta APO 200mm F2.8 は久々の持ち出しとなり、ちょっと気分が軽くなりました。
蓮は、これからが旬になりそうで、暫くしたら撮影にいきたいと思います。

2枚目の写真、はじめは何?と思いました。
我々も、葉を突き破る勢いが欲しいところです。


名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<  藤原宮跡の蓮田 と クチナシ       木槿(ムクゲ)  Minol... >>