2013年 06月 15日

   素人の気楽な包丁研ぎ (2)

 包丁研ぎは4丁(三徳、出刃、小出刃、刺身)で試してみることにした。三徳包丁は両刃、それ以外は
片刃なので、包丁研ぎのいい練習になってくれそうだ。
ただ、三徳包丁はまほろばが購入したが、残りの包丁は、義父が残してくれた包丁だった。長年使用して
いなかったので、錆がかなり出ていた。

☆出刃包丁の表 (刃が右になる方が表)
b0161171_16222765.jpg

☆出刃包丁の裏
b0161171_16233078.jpg


先ずは錆落、まな板に包丁を置き、研磨剤が入っている台所用クリームクレンザーとスポンジで丁寧に
擦りつけて錆を落とした。完璧に錆を落とすことができなかったが、初回にしては落ちた方だろう。
何度も繰り返すことにより、徐々に錆は少なくなると・・・・・・・・
b0161171_16302445.jpg

b0161171_16304423.jpg


片刃包丁研ぎ(出刃・刺身包丁)
1)中砥石(#1000)に刃表の面を押し当て、砥石全体を使って研ぐ。
  砥石と包丁の角度は45°程度で・・・・・・・
2)刃返り(刃先のざらざらした返り)が刃先全体に出たら中砥石研ぎは終わり。
3)仕上げ砥石(#3000)で、研ぎ汁は流さず中砥石の研ぎキズや刃返りがなくなるまで研ぐ。
4)最後に刃の表裏を交互に研ぎ、指の腹で確認しながら、全体を仕上げる。
 
 HPでは、片刃包丁の研ぎ方 (堺<大阪>の實光刃物) が、綺麗な写真入りで、しかもわかりやすい!
 動画では、堺打刃物研ぎ道場−片刃編が、綺麗な画像で、丁寧でわかりやすい解説もある!

....................................................................................................................................

☆NHKためしてガッテン ”包丁超切れ味即ゲット術”・・・・初心者には有り難いヒント

 慣れないうちは、赤い油性マジックで目印を付けましょう。ちゃんと研げているかを、
 先端の色が落ちているかどうかで確認できる。

 <注>油性マジックはエタノールで簡単に落とせる。

 この一文は、まほろばにとって”目から鱗”で、研ぎ残しや研ぎ幅がわかり、研ぎ方のイメージが
 明確になり、そこまでは試行錯誤だった研ぎ方に方向性ができた。
 また、動画も沢山アップされているので参考にしながら、包丁研ぎの回数を増やし、経験を積むことが大切。

 研ぎ終わって、トマトが気持ち良くスライスできるようになったが、新聞紙がいとも簡単に切れるまでには
 至っていない。この小気味よい紙切りが当面の目標だ!

[PR]

by mahoroba-shahai | 2013-06-15 17:48 | つぶやき | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    素人の気楽な包丁研ぎ (3)         素人の気楽な包丁研ぎ (1) >>