2013年 06月 13日

   素人の気楽な包丁研ぎ (1)

 5年ほど前に、土佐の鍛冶屋トヨクニから三徳包丁を購入し、当初は、トマトがこれほどに気持ち良く
切れるのか!?と驚いた。包丁の重さが変わると使いにくいのか、140g程度と妻から指定されたので、
145gの三徳包丁180青スーパーを購入した。 (まほろばは包丁の材質に拘るほど精通していない)
( 三徳包丁は牛刀の一種で、戦後日本で考案され、魚、肉、野菜の3つに使えることから、三徳という名前 )
長年使っていると切れ味が鈍るもので、妻はロールシャープナーを使って、包丁をごまかしながら使っている。
刃の中央を頻繁に使っているので、この部分の切れ味が鈍り、また、刃元から刃先にかけて、若干のサビが
認められるようになってきた。刃全体を有効に使うのが本来の使い方だと・・・・・・・・

今、改めてトヨクニのHPを熟読したところ、月に一度は研ぎ直しをするようにと書いてあったが、この5年間
一度も砥石で研いでいない。
 少なくとも年に一二度は研ぎ直しをすべきだったようだ!

b0161171_18542242.jpg

b0161171_774244.jpg


 また、渓流のアマゴを沢山いただき、まほろばのナイフでさばいた。このナイフの材質は
ステンレスで、切れ味は悪く、さばき終わった頃には、まほろばは疲れ切っていた。

 まほろばのこころをくすぐる二つの出来事が起こったので、包丁研ぎに挑戦してみることにした。
何事も形から入るまほろばなので、必要なグッズ3点を、ネットで早速購入してみた。
また、NHK・ためしてガッテンの”包丁超切れ味ゲット術”なども参考に・・・・・・・

☆スエヒロのSUEHIRO キッチン両面砥石 #3000/#1000 SKG-24
 幅63×奥行183×高さ27mm (材質: セラミック)
 幅が63mm以上のものが欲しかったが、初心者にとって高額なため、今回は諦めた。
 ベージュ色の砥石が#3000

☆スエヒロのSUEHIRO 全ゴム斜台3号キッチン砥石用 SKG-26
 適合砥石: SKG-21、SKG-22、SKG-23、SKG-24、SKG-25
 ゴム斜台は、傾きがあるため操作しやすく、砥石が安定して、包丁研ぎは安全に行える。
b0161171_117112.jpg


☆清水製作所の庖丁とぎ角度固定ホルダー スーパートゲール
 包丁と砥石との角度を一定に保つための部品
 数回使えば、砥石と包丁の角度が掴めるので、一つあってもよい。
[PR]

by mahoroba-shahai | 2013-06-13 17:05 | つぶやき | Comments(2)
Commented by マイルド at 2013-06-13 06:42 x
今日も暑くなりそうです。湿度も上がって・・・
お早うございます。

新たな挑戦ですね!研ぎ方にもコツがあるのでしょうね。
切れる包丁は心地よいものですが私は研ぎ方を知りません。
父が使っていた砥石がたくさんあるのですが使えません。
Netで研ぎ方を調べて私も挑戦してみようと思います。

トマトは実がなっています、キュウリは二枚の葉が出ています、間もなく三枚に。
昨日は、緑のカーテンゴーヤの苗を頂き2本植えました。
熱中症にお気をつけくださいネ。
Commented by mahoroba-shahai at 2013-06-13 17:07
>マイルドさん、こんにちは。

今日の暑さは格別で、昨年の真夏を思い出しました。
ですから、熱中症予防のため、汗をかくような活動は、妻から禁止されました。

一番暑い時間帯は昼寝をして、起きてからノンアルコールビールを飲みました。
まほろばは、これを飲むのなら、コカコーラの方がいいと素直に思いました。(笑)

砥石の使い方、ただ今、試行錯誤といったところでしょうか?!

あまごのさばき方、友人のやり方とネットの動画で解決しました。
渓流釣りは30代半ばからしていますが、釣果はたいてい良くないこともあり、
さばきは短時間で終わり、さばき方そのものを改善する必要もなかったような・・・・・・・・・(涙)


名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    素人の気楽な包丁研ぎ (2)         断捨離 >>