2013年 06月 07日

   断捨離

 断捨離に励んでいて、義父・義母の日用品などを、市内のクリーンセンターへ、
何度も何度も軽トラで運び込んだ。運び始めたのは、昨年の11月ごろから・・・・・
業者に依頼すれば一日で方が付くが、生きた証しを確かめつつ、ゆるやかに
断捨離をすすめて、もう!6月になった。

 センターの入り口では、搬入者の氏名・住所を告知しなくてはいけないが、
今では、顔パスで通れるようになった。焼却所の投入場所から見えるゴミ貯蔵空間は、
距離感が掴めないほどに大きく立ちくらみするほどだった。

 10秒以内には、目の前から軽トラの搬入物がなくなり、実に気分爽快になる。
空になった軽トラとまほろばは、毎回、一つの仕事を終えたという安堵感から
軽やかに帰路につける。   558
 
       あれやこれ断捨離ありて梅雨晴間
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました
       ☆季語:梅雨晴間(夏) 
 
断捨離・・・・・・モノへの執着を捨てて、身の周りをキレイにするだけでなく、
         心もストレスから解放されること。
 
定点観察(桜井)の麦秋
b0161171_10495038.jpg

b0161171_1050415.jpg

 
 
 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2013-06-07 10:56 | つぶやき | Comments(8)
Commented by かずさん at 2013-06-07 14:53 x
ご無沙汰しています。

故人の使っていた品を処分する事を「断捨離」というのですか。

13年前に亡くなった母の分は父が処分しましたが、着物等まだまだ残っています。
3年前に亡くなった父の分も含めて、その内やらなくてはならないのでしょうね。

そして、何時か自分のものもと考えると、捨てなければならないものが山程あります。


いっそ何もかも捨てて、どこか別の処へ越してみたいと思う時があります。


Commented by マイルド at 2013-06-08 06:02 x
お早うございます。
今日も梅雨とは思えない良いお天気で明けました。嬉しい限りです。

「断捨離」、頑張っておられるんですね。
私も来週あたり頑張ってみようかなと思います。これまでも随分こなしてきたのですが・・・

「ランドセル俳人」電子書籍にはまだありませんでしたので
昨日、定期検診の途中に書店へ立ち寄ったのですが「お取り寄せです」と、田舎は万事がこの有様です。
ネットで購入しようと思っています。

「麦秋」、こちらは既に終わっています、桜井の麦秋、思い出します。
あの日は雲が多かったですね。桑の実は色づいているでしょうネ。

それではよい週末をお過ごしください。
Commented by mahoroba at 2013-06-08 07:49 x
>かずさん、ご無沙汰しています。

かずさんのブログが更新されないので、気になっていました。

二年前の夏に義母が、そして、昨年の夏に義父が逝ってしまい、今は、空き家になっています。
全ての品々を整理する必要が生じ、まほろばは、ぼちぼちと断捨離をすすめています。

これが済めば、まほろばの実家になりますが、実家が最大の課題だと・・・・・・・・・




Commented by mahoroba at 2013-06-08 07:57 x
>マイルドさん、おはようございます。

これで梅雨なんでしょうか? 
天気予報の梅雨入り宣言ははやかったのでしょうね!
雨が降らないので、ジャガイモの葉が枯れてきました。
雨が降っていれば、もう少し葉がもち、ジャガイモが大きくなるのにと思っています。
今年は、小ぶりになってしまいそうです。

ネットがはやくて便利だと思います。
まほろばは、近所のセブンイレブンにお世話になっています。

そうです!
いつもの桜井の麦秋です。


Commented by かずさん at 2013-06-08 11:48 x
まほろばさん

一昨日、弘明寺に行く機会がありました。
小さいながら良い雰囲気の境内でした。

京急の駅からの坂はきついですね。
写真はカメラを無くしたのでNGです。
Commented by mahoroba-shahai at 2013-06-08 12:20
>かずさん、こんにちは。

弘明寺・商店街界隈は、青春そのものです。
名前を口ずさむだけでも、元気が出てきます。
あの商店街の坂道を、幾度通ったことでしょう!




Commented by snowdrop at 2013-08-31 16:00 x
「断捨離」ですか!
新聞でも見かけたことがあります。
私は逆に母の写真をアルバム数冊に貼り込み
かえって本棚が重くなりました。
父は喜んでいますが…

それでも、自分自身の本は
何度か処分しました。
この頃は古典的な本を読むことが多いので
まずはネットでテクストを検索したり、
図書館で借りたりしています。その後で、
手元に置いて寝床などで読みたい本だけ
購入します。

比較的新しい本ならば
ハードカバーは極力買わず
文庫化されるのを気長に待ちます。
(待っているうちに忘れたり、絶版になることも!)
1冊買えば1冊手放す、とすべきなのでしょうが
なかなか…

まほろばさんは
蔵書をどうなさっていますか。
CDより場所を取りますよね!


Commented by mahoroba-shahai at 2013-09-01 09:39
>断捨離
>snowdropさん、こんにちは。

断捨離は、もっぱら義母・義父のことでがんばっています。
まほろばの持ち物は、倉庫に集結させて、断捨離の時期を
うかがっています。

そのうちに、まほろばの断捨離も・・・・・・・

欲しい本は、ネットで中古本を買っています。
文庫本は文字が小さいので買っていませんね!



名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    素人の気楽な包丁研ぎ (1)         ランドセル俳人の五・七・五 >>