2012年 12月 31日

   圧力鍋で甘さ控えめふっくら黒豆 Ver2

一時期、正月用の黒豆をまほろばが担当したことがあったが、いつの間にか途切れてしまっていた。
今年は違う! 義母が残した圧力鍋を見つけたので、まほろばが圧力鍋を使って初挑戦することになった。
圧力鍋を使うと、甘さ控えめふっくら黒豆が、いとも簡単に出来上がってしまった。癖になりそうだ!

この一年、予想外の出来事や事故が起こり、また、謙虚さがなく懲りない輩が新たな舵を伐った。   551

       息深くこもごも吐きて除夜の鐘
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました
       ☆季語:除夜の鐘(冬) 

b0161171_5532899.jpg

   <材料>
    ☆黒豆    200g
    ★水     700cc
    ★三温糖   80g
    ★釘     数本(毎年愛用)

    ☆合わせ味噌 大さじ1/2杯
    ☆蜂蜜    大さじ1/2杯

    ◎圧力鍋を使うから重曹は入れる必要はない!

b0161171_9561023.jpg


クックパッドのレシピ

 1)黒豆を洗う

 2)圧力鍋に★(全て)を入れて少し温め、均一な溶液(釘以外)にする。
   溶液が室温に戻ったら黒豆を入れて、一晩ねかせる。

 3)弱火で加熱して、出てきた灰汁をだいたい取る。
   灰汁を完璧に取ろうとすると気が重くなる!(ブルーベリージャムのときと同じ!

 4)圧力鍋に蓋をして加熱する。(落とし蓋の代わりに、付属の蒸し器用のものを写真のように、上下逆にして入れる)
   調圧弁が踊り始めてから15分間弱火で沸騰させる。
   強火にすると豆が煮崩れする可能性があるので、弱火で沸騰させる。これで十分!

 5)自然放置して、内圧が外気圧と同じになるまで待つ。

 6)この後、☆を入れて、合わせ味噌・蜂蜜を入れて煮込み、好みの味に微調整する。
   一日待てば豆に味がしみて、本来の黒豆煮が完成!


b0161171_9562131.jpg

 
義母が残してくれた圧力鍋に感謝!  


 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-12-31 10:39 | 料理 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    とろける角煮は圧力鍋で!         トランス結合 6RHH2... >>