2012年 12月 26日

   トランス結合 6RHH2-3結6BQ5/EL84 PP アンプ (6)

出力管を日立製の6BQ5に変えてから、いつまでも聴きたいと思うのだから、まほろば好みの音に
なったのだろう! つまり日立製の真空管6本 を使った純国産アンプになった。

6BQ5(日立製)のカソード抵抗と平行に抱かせるコンデンサーは、nichikon MUSE-KZ 470μF<50V>
6RHH2(日立製)には、三洋 OS-CON 150μF<20V> を用いて、順次CDを入れ替えて居間で音楽を
楽しんでいる。
まほろばは、各種のコンデンサーをあれこれと試したことがないので、みなさんの助言はとてもありがたい。

      ☆museに関するnichikon社の資料(小型アルミ電解)
      ☆museなどのコンデンサーの価格と種類(オーディオ用コンデンサ)
      ☆安いのはやはり 秋月電子通商?!

愛用されているコンデンサーが同じということは、自然と落ち着くところに、いつかは収まるんですね!   550


       舞遊ぶ球の灯あまた冬座敷
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました
       ☆季語:冬座敷(冬) 


b0161171_1814063.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-12-26 11:06 | 真空管アンプ | Comments(4)
Commented by かずさん at 2012-12-27 18:41 x
黒いミューズなのですか。私のはグリーンに白のラインが入った奴です。何か違いがあるのでしょうか。
Commented by mahoroba-shahai at 2012-12-27 21:35
>かずさん、こんばんは。

museに関する資料は
http://www.nichicon.co.jp/products/index.html
の小形アルミ電解コンデンサ・体系図にあります。
黒と緑とは、やや系統が違うように図示されています。
そのことが、どのように音質に影響するか?!は、まほろばには・・・・・・。

また、価格や容量などの種類は
http://www.pken.net/ish_mm/parts03.htm
のオーディオ用コンデンサにあります。

以上、まほろばが把握しているすべてです。


Commented by かずさん at 2012-12-28 07:49 x
まほろばさん、おはようございます。

http://row-thermit.blogspot.jp/2012/01/blog-post.html
からすると、緑色MUSEは「MUSE FS - オーディオ用ハイグレード標準品」
というやつらしいです。MUSEと一口に言ってもこんなに種類があるとは思いませんでした。

Commented by mahoroba-shahai at 2012-12-28 10:12
>かずさん、こんにちは。

新しい情報、ありがとうございます。

いろんな方々が情報を収集しているんですね!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    圧力鍋で甘さ控えめふっく...         福島の双葉町 町長からの... >>