2012年 12月 15日

   トランス結合 6RHH2-3結6BQ5/EL84 PP アンプ (3)

12BH7A パラ PP アンプ には、精彩感と躍動感かあったが、今度の3結6BQ5(EL84) PP アンプには
精彩感が少なくなった代わりに、音の芯が明確になり、良い意味で少し緊張感が出てきた。
この微妙な変化は、正直、好みの分かれるところで、音の雰囲気が変われば、聴いてみたいジャンルも
変わってくる。

b0161171_20495713.jpg

                   < JJ >                                <SOVTEK>
b0161171_2112946.jpg


『ジャズ・バッハ』 は オイゲン・キケロ・トリオ の代表作で、一時期は聴いたCDだが、先ほどまで棚にしまったままだった。
アンプを製作しなければ、このCDは・・・・・・・・・・
販売当初(1985年)は3500円もしたが、それでも小遣いから捻出して購入していた。

オイゲン・キケロはルーマニアの出身、クラシックをジャズ化して演奏し、数々の賞賛を得たジャズ・ピアニストで、
今、調べてみたら、15年前(1997年12月)に亡くなっていた。

b0161171_12163744.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-12-15 20:50 | 真空管アンプ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    トランス結合 6RHH2...         トランス結合 6RHH2... >>