2012年 12月 10日

   トランス結合 6RHH2-3結6BQ5/EL84 PP アンプ (1)

トランス結合6RHH2-12BH7AパラPPアンプ(出力2.8W)<all 3極管>を製作して視聴した結果、
やはりトランスの音色が色濃く全面的に出てきて、まほろばの期待通りのジャズ・バラードに合う音作りとなった。

b0161171_1943339.jpg


12BH7Aの代替え管としてピン変換ソケットを作り6463を用いたが、遜色ない音なので、これもまた十分に
満足する結果が得られた。

電源トランス(ST-230)は、十分余裕があるので、このアンプをほんの少し改造して、出力管 6BQ5(EL84)
3結にして載せることにした。

6BQ5(EL84)は5極出力管で、70年ほど前に開発されて、60年ほど前から真空管アンプに数多く用いられ、
愛用されてきた。価格も含め、あらゆる面で昭和の庶民的な真空管だったような気がする。だからこそ、
もう一度、回路を見直して、この真空管を試してみたい。

この出力管と結合トランス(段間トランス)との相性はいかなるものだろうか? 楽しみが増してきた。

かなり余裕のある稼働条件を設定した。
     ☆PP A級で、出力は5W
     ☆6BQ5 PK電圧280V P電流30mA
     ☆tango ST-230 (電源トランス)
              0V~7.5V~105V~120V~135V 倍電圧 DC250mA
              6.3V 2A × 4系統
              7.5V~120V 倍電圧 を選択
     ☆tango U15-8 (出力トランス)
              6BQ5や6V6などのPP用に開発され 1次8kΩ、15Wの性能


          <6BQ5 3結 特性曲線>
b0161171_16414049.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-12-10 15:09 | 真空管アンプ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    トランス結合 6RHH2...         明日香・八釣 >>