2012年 10月 11日

   昭和の松下 OT-1124

昭和の香りがする松下のアウトプットトランス(OT-1124) 3個、昭和の人間にはたまらない!

真空管アンプに興味があっても、この古めかしいOPTには目もくれないのが当たり前、

でも、眺めて掌に載せると心地よい重さ、青春時代が蘇ってくる。

前回の松下 OT-625D と大きさもほぼ同じで、コア材は何が使われていたのだろう。

これで、7119・5687PPアンプ(真空管アンプ)を組み立ててみたい。

これで、また夢ができたし、これからのボケ防止にもなるかな?!


b0161171_12395218.jpg


松下 OT-1124
   ☆松下製6BQ5ppモノラルアンプに使用されていた出力トランス  
   ☆1次:約8KΩ
   ☆2次:0-4Ω-8Ω-16Ω-700Ω -1400Ω    このOPTにも 700Ω端子が!

b0161171_1240676.jpg

 
 
 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-10-11 12:59 | 真空管アンプ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    あまごの燻製         昭和の松下 OT-625D >>