2012年 10月 04日

   整流管 6BY5GA (2)

手持ちの電源トランスで センター・タップが付いていなければ、整流管は使えないと思っていた。
制約はあるだろうが、工夫次第で整流管が使えそうだ。

まほろばは、整流にダイオードをあまり使いたくない方で、シャーシに余裕があれば整流管を使いたい。
ダイオードはデジタル的のような感じがするが、真空管は何と言っても実にアナログ的ですね! これが良い。
田舎暮らしでスペース的に余裕があり、また、ある程度の音量でシステムを稼働させても近隣の方々に
迷惑がかからないから気楽なものだ!
だが、30kgもするような真空管アンプの製作は、歳が歳だから、いくらいい音がするからといっても避けたい。

このような発想は、真空管アンプを製作する間でも、古いタイプの人間にはいるだろうか?!
その割には、アンプ製作技術はいまだに素人のままだが・・・・・

シルバニア製で未使用品 @1200円 で販売  この価格帯なら嬉しいね!

     ☆傍熱両波整流管
     ☆ヒーター電圧:6,3V   ヒーター電流:1,6A
     ☆電流:175mA程度まで

b0161171_210302.jpg


          <ブリッジ整流> 
b0161171_6564160.jpg


b0161171_649844.jpg



 
 
 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-10-04 21:10 | 真空管アンプ | Comments(1)
Commented at 2012-10-05 06:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    ブルーベリージャムの味わ...         整流管 6BY5GA (1) >>