2012年 06月 06日

   桑の実

畦道に一本だけ桑の木があるところは、定点観察のところです。
恐らく、鳥が運んできた種が発芽して、何年もかけて大きくなったのでしょう!

桑の実は、徐々に色づくと共に甘みを増し、黒紫色になるころにはほんのり甘くなります。
現代の豊富な甘さからすれば、この甘さはあまりにも控えめで、子供達にはあまり好まれません。
だから収穫されることなく、毎年変わりなく、熟し切って畦にぽたりと・・・・・

三木露風の童謡「赤とんぼ」
夕やけ、小焼けの、赤とんぼ、負われて見たのは、いつの日か・・・・・・   523
 
 
       いつの日か桑の実熟れてまた熟れて
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました
 
  
       ☆6月1日に撮影 
b0161171_762766.jpg

 
b0161171_765171.jpg

 
       ☆6月6日に撮影
b0161171_18581991.jpg
 

b0161171_18583647.jpg

 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-06-06 06:53 | 桜井 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    蕺草・十薬・ドクダミ         三輪の代田 >>