2012年 06月 04日

   三輪の代田

大和の麦秋も終わり、本格的な田植えの季節に入ります。
麦畑でなかった田には、すでに吉野分水の水を引き込み、農家の方々は早朝から
田植えの準備に忙しく働いています。

大和盆地のため池は、命の水瓶として有名でしたが、吉野川分水の豊富な水が使える
ようになってからは、ため池の役目は終わりました。

大和盆地の農業用水は、あの大台ヶ原に降った雨水なんですよね!

早朝から撮影に出かけていても、夏の日差しを受ける頃には、汗もかき熱中症に
なるかなと思ったりします。
この時期からは、必ず飲み物を用意しておかなければ・・・・・   522
 
 
       代田いま喉の渇きのいのち水
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました


b0161171_11244656.jpg

     ☆畦ぬり
b0161171_11221556.jpg

     ☆三輪山  代掻きを待つばかり
b0161171_11294492.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-06-04 06:19 | 桜井 | Comments(6)
Commented by マイルド at 2012-06-04 11:16 x
お早うございます。
季節の過ぎるのが早いですネ。
麦秋から田植えへとスムースに流れていく自然は世間の騒ぎと無関係ですね。

水田風景はモノクロが似合いますね!
TOPの画像はとても感じが良いですが・・・どこでしょうか?
中央の木は白梅と紅梅ですね多分。
Commented by mahoroba-shahai at 2012-06-06 06:41
>マイルドさん、おはようございます。

大和盆地の田植えは、はじまりました。
田んぼでの活気はピークになり、人影も多くなります。

白黒にして、なるべく昭和の時代を強調し、懐かしさが
出るようにしました。

TOPの写真は、土筆や麦秋のところの写真です。
定点観察の場所ですかから・・・・・・


Commented by snowdrop at 2014-09-01 11:10 x
まほろばさん、こんにちは。
涼しい雨まじりの午前です。
学生時代祖父を送った夏も、8月末にめっきり秋めきました。
驚いた記憶がないので、以前はそんな風だったのですね。

折口信夫には昔から親しんでいたのですが
保田與重郎を初めて知りました。
折口信夫の二上山、保田与重郎の三輪山という人もいるようで…
桜井市出身とか。ご存知でしたか?
村の図書館に本を取り寄せてみようと思います。

文字通り、朝飯前にまほろばの地を散策し
定点撮影を行い、昭和から藤原時代まで心の旅を…
素晴らしいです!



Commented by mahoroba-shahai at 2014-09-02 10:36
>snowdropさん、こんにちは。

9月になれば、朝方はめっきり涼しくなりますね。

>桜井市出身とか。ご存知でしたか?
保田与重郎さんのことを調べたいと思います。
情報、ありがとうございます。

Commented by snowdrop at 2014-09-02 13:53 x
まほろばさん、 こんにちは。

今日は暑くて図書館に行きそびれました。
彼の本は生駒にはあまりありません。
いい情報があったら、こちらこそ教えてください。
ネットで保田與重郎の短歌をいくつか見つけました。

猪飼野にいささ秋風風立ば生きざらめやも生きてありしを

仁徳天皇陵エリアの歌のようですね。
堀辰雄の「風立ちぬ いざ生きめやも」を思わせます。
堀はヴァレリーPaul Valéryの詩から引用しています。
Le vent se lève, il faut tenter de vivre.
今の季節にぴったりですね。

保田は戦中色々あったようですが、敗戦直後の歌でしょうか。
歌集『木丹木母集』は晩年に迷いつつ刊行したようです。
Commented by mahoroba-shahai at 2014-09-04 08:25
>snowdrop さん、おはようございます。

保田與重郎さんの記事はあまり見つかりませんね!
また、まほろばにとって。レベルが高そうですね。

ぼちぼちと調べたいと思います。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    桑の実         三輪の麦秋 2 >>