2012年 05月 21日

   ラジオ少年 と 金環日食

今日(21日)朝7時30分ころに、金環日食が観察できるということでしたが、
天気予報ではいい予報は出ていませんでした。

ところが、5時に目覚めたら、雲がかかっていない大和盆地が広がっていました。
2時間後も同じような状況だろうと思うと、なにやらその辺のあり合わせの物で
ごそごそしはじめました。

しばらくしたら、ピンホールカメラの完成!!
庭に設置して、角度調整やら、デジタル一眼カメラの設置やら・・・・・・
この寡黙な時間が、まほろばにとって実に楽しい時間なんです。

準備が整った7時ごろには妻がおきて来て、1時間ほど一緒に金環日食を楽しみました。
ただ息子は一瞬見に来て、すぐに寝床に直行しましたが・・・・・・    518 519

       まほろばの自由時間 
 
       はつなつのラジオ少年無口なり

       ひと捻りラジオ少年躍る夏
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました


b0161171_0345921.jpg

b0161171_0351558.jpg

b0161171_0354692.jpg

b0161171_0361180.jpg

 
 
 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-05-21 18:52 | 真空管アンプ | Comments(8)
Commented by かずさん at 2012-05-22 05:19 x
おはようございます。

>5時に目覚めたら
アラカンを過ぎると、いやでも早起きになってしまいますね、

900年ぶり、次は300年後という自宅で見られる天体ショーをピンホールカメラとは?!
小学生の頃に作ったのは、穴の開け方に工夫を凝らしました。穴が小さいほど像がクックリすることが解って、
大人に貰った煙草の銀紙に針で穴を開け、トレーシングペーパーに結像させて楽しんでいました。
絞りと解像度の関係を、知らず知らずの内に判っててしまっていたんですね。

金環日食を私はカメラで、カミさんはカメラ用には不可だったけど肉眼ではOKの日食グラスで楽しみました。
カミさんは「次は、6/6の金星通過を」と張り切っています。





Commented by 京八 at 2012-05-23 00:22 x
お久しぶりです.
ご自身で作られた装置で日食を観測されたのですね.
写真の金環がとてもきれいですね.
私は横着して,手持ちの手鏡で壁に反射させた太陽を観ただけです.
いろんなものを手作りでご用意される姿勢を,私も見習いたいです.
Commented by mahoroba-shahai at 2012-05-25 07:05
>かずさん、おはようございます。

早起きには、めっぽう強くなりました。
当たり前ですね!

筒の長さと穴の大きさの関係は、ほぼよしという経験則で・・・・・・・

麦の秋、いいタイミングに撮影してきますね!!
 
 
Commented by mahoroba-shahai at 2012-05-25 07:08
>京八さん、ご無沙汰しています。

カメラに収めたかったので、画像を固定しました。

適度な大きさの金環にしたかったので、障子紙の筒を用いました。

後は、ほぼよしという感覚ですすめました。


Commented by snowdrop at 2012-06-26 15:14 x
ご無沙汰しています。
あたらしい年度に入りましたがいかがお過ごしですか。
また気が向いたらお声を聞かせてください。

近くの公園で
雲の薄絹越しのプラチナリング、
6月6日の金星のホクロ、
前者は日食グラス+肉眼で
後者は日食グラスだけで観察しました。

こんなに味のある装置とお写真は
ネットでも他に見たことありません。
父や友人にも見せてあげました。
Commented by mahoroba-shahai at 2012-06-26 17:07
>snowdropさん、こんにちは。

新しい環境にも順次慣れていっているようです。

歳ですから、適応するのには時間が多くかかりますが・・・・・・

なんとか見たいという思いから、ラジオ少年が考えました。

急きょ作りましたが、これでも工夫したポイントが二カ所ほどあるんですよ!
Commented by snowdrop at 2012-07-02 07:21 x
ラヂオ少年さま
先日、新聞のコラム欄で
各人には自身の認識年齢というものがあるが
筆者は10代後半だと記していました。
snowdropは、2歳から30代前半まで
分裂分散しております。

さて、2つのポイント?
文型の私には難しい小テストです。
何点取れるかな?

1.穴をできるだけ小さくする
2.その小さな穴にうまく焦点が合うよう
筒の長さを調節する

ちなみに、いま翻訳中の本には
「焦点遠近法」が出てきます。
文字のレタリングなどは、数字が多くて
頭が痛いです。
Commented by mahoroba at 2012-07-05 11:45 x
>snowdropさん、こんにちは。

翻訳の仕事、いろいろと勉強になっていいですね!

まほろばの場合、穴がやや大きかったので、筒の長さを長くしました。

そこは、雰囲気でなんとかなるもんですね!

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    三輪の麦秋         唐子・鍵遺跡 >>