2012年 05月 10日

   里若葉

勤め帰りに、ちょっと栢森に寄ってみたら、盆地の若葉に比べて色合いが瑞々しくて全く違う若葉に出会えた。
やはり空気や水が違うのだろう! 
ただ眺めているだけなのだが、心が癒されてしまう。
栢森のこの場所に立って、この時期だけに味わうことができる、大切なものを見つけたような気分になって
帰路につきました。  514
 
 
       里若葉まどろみ誘う忘れ種
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました

 
b0161171_10482092.jpg

 
b0161171_105555.jpg

 
b0161171_10598100.jpg

 
b0161171_1059259.jpg

[PR]

by mahoroba-shahai | 2012-05-10 11:22 | 明日香 | Comments(2)
Commented by マイルド at 2012-05-10 20:44 x
こんばんは♪

いずこも眩しいばかりの若葉の季節ですね!

若葉だけならばよいのですが、草がみるみる成長し大変です。

俳句も久しぶりに、気分一新のスタートですね!
Commented by まほろば at 2012-05-11 17:15 x
>マイルドさん、こんにちは。

やはり山里、栢森の若葉は瑞々しさで違いますね!

定点観察のこの場所に立って、こころが癒されました。

カメラを持ちだして撮影するのも良いですね。

sonyの一眼カメラまで持ち出す元気は、まだ・・・・・・・


紫蘭、そんなに増えているんですか?!

まほろばの紫蘭が消滅したら、よろしく・・・・・・


名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    華甲の薔薇         山里の幟 >>