2011年 02月 18日

   藤原宮跡の春

本格的な春になれば、藤原宮跡には桜や菜の花が咲き、さらにたくさんの蜜蜂が
飛び交います。こころまでもが開放的な里に変身します。奈良に降る雪はどんなに
たくさん降っても、翌日にはまだらに雪がのこる程度に融けてしまいます。
でも、今回の雪景色は、記憶に残るものでした。

2010月4月8日 大和の絵 のように、春には長閑な風景がひろがります。   497



       降りうづみ一日からめく春の雪
       ☆俳句の文字色を 金糸雀色 (かなりあいろ) にしてみました
       ☆一日(ひとひ)

       誰となく春ですねぇと云いたくて
       ☆よしさんから新しい視点をいただきました


b0161171_2115743.jpg


       ☆ 2010年4月8日 撮影   大和の絵
b0161171_21163733.jpg




b0161171_21195166.jpg


b0161171_21214237.jpg


b0161171_21161332.jpg

 
b0161171_18124668.jpg

 
[PR]

by mahoroba-shahai | 2011-02-18 17:51 | 橿原 | Comments(10)
Commented by yoshiyoshi at 2011-02-18 19:18 x
誰となく春ですねぇと云いたくて      よし
Commented by 幢舟 at 2011-02-18 20:04 x
まほろばさん、こんばんは。

       降りうづみ一日からめく春の雪 まほろば



菜の花に桜。


春はもう手の届くところまで、、、、、、、


と思いたいのですが、明日は又冷え込むらしいですよ♪









       
Commented by 遊子 at 2011-02-18 20:14 x
降りうづみ一日からめく春の雪   まほろば

春には同じところがこんなにも春爛漫の菜の花と桜。
降って降って埋もるほど、普段と違ってしゃれている、・・・その通りの感動ですね。
大雪だったのがとても良く分かります、良い記念の写真俳句ですね。
Commented by 鎌ちゃん at 2011-02-18 21:16 x
こんばんは。
「降りうづみ一日からめく春の雪」
やがて、菜の花と桜に彩られるここが、
その時期を前にして、こんな純白・無垢の世界になるんですね。
二つの写真の対照が、時の移ろい、季節の変化の鮮やかさを改めて感じさせてくれて、
とても感動しております。
いや~~、やはり、まほろばの里は、いかなる季節も、心に浸みる風景を見せてくれますね。
Commented by mahoroba-shahai at 2011-02-19 10:20
>よしさん、こんにちは。

みんなが認める春、そんな日がはやく来て欲しいですね。

今は、三寒四温を味わいながら ・・・・・・・・

新しい視点、ありがとうございます。


Commented by mahoroba-shahai at 2011-02-19 10:23
>幢舟さん、こんにちは。

今日は陽が昇ってきますと、けっこう温かいですね!

”春近し”が相応しい季節になったような ・・・・・・・・

気楽に出歩きたいです。



Commented by mahoroba-shahai at 2011-02-19 10:28
>遊子さん、こんにちは。

藤原京跡も、このように変身していました。

やはり気分は高揚していたと思います。

このような機会はめったにありませんから ・・・・・・・


Commented by mahoroba-shahai at 2011-02-19 10:30
>鎌ちゃん、こんにちは。

長閑な棚田の風景がすぐそこに来ていると思います。

そのころに、のんびりと散策と撮影、いかがですか?

菜の花が咲き、蜜蜂が飛び交う棚田の風景が ・・・・・・


Commented by kurodago at 2011-02-20 09:32
おはようございます。

やはり、雪は降ってすぐが一番綺麗ですね~

昨日、日光に行って来ましたがこんな感じの雪には出会えませんでした。

日光でこんな感じの雪に出会ったら、私の技術では帰ってこれなくなってしまいそうですが・・・・・
Commented by mahoroba-shahai at 2011-02-20 14:05
> kurodagoさん、こんにちは。

奈良盆地にこれほどの雪が降ったのは、10年ぶりだったと思います。

おまけに休日だったので、ちょっとはしゃぎぎみに、ほぼ一日写真を

撮りまわっていました。

α900は雪に濡れたらいけないので、パナソニックのカメラで ・・・・・・・


名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<<    飛鳥川 と 稲渕         橘寺 >>